15分に一度、立ち上がるだけで脳がクリアになります。

自己啓発本

集中力と座り姿勢の関係について、紹介してきましたが、仕事も勉強も立ったままやるのが一番いいと思います。

さまざまな研究から、人は15分以上座っていると、認知能力も集中力も
低下することで、作業効率がわかっています。

私も仕事から同じところに、何時間から平気に5.6時間座っていることが
ありますが、椅子に座っている生活を続けていると、1日に3時間しか
座らない生活の人に比べて、15年以内に死亡するリスクが40%増える
ことがわかっています。

スポンサーリンク

リスクを回避する方法は1つだけで、椅子に座っている時間を減らすことです !!

当たり前のことですが、リスクを回避する方法は1つだけで、椅子に座っている時間を減らすことです

今の時代なのでしょうか?家でパソコン作業など、デスクワーク中心の作業をしている人は、長時間椅子に座りっぱなしになっている人は、多いと思います。

現代人は、人類史上最も座っている時間が長い生活スタイルとなっていると思います。

この世の中、すぐに、立ち仕事中心の暮らしを実践するのは無理な話になります。

オススメしたいのが、15分に1回のペースでいったん椅子から 立ち上がることです。

そこで、オススメしたいのが、15分に1回のペースでいったん椅子から
立ち上がることです。

そのタイミングで椅子から立ち上がることで、脳に新しい刺激が伝わり、集中力を持続させる効果が得られます。

椅子から立ち上がる動作であれば、仕事中や勉強中にも自然と取り入れることができると思います。

15分に1回というペースは集中が途切れるには、早すぎると思うかもしれませんが、15分をワンセットと考え、4回繰り返せば1時間となりますので脳が疲れや飽きを感じる前に椅子から立ち上がればいいのです。

スポンサーリンク

あなたもこれが意外に大きなメリットだと思うはずです。

こんな僅かな動きを入れるだけで、集中力を持続させると考えれば、
あなたもこれが意外に大きなメリットだと思うはずです。

少なくとも、15分に1回は立ち上がったほうがいい。だったら立ちっぱなしでときどき座るくらいがちょうどいいのではないでしょうか?

そう考えると、スタンディングデスクとスツールの組み合わせがあるのでやってみるのもいいと思います。

立っているときは、座っているときに比べて認知能力や集中力・判断力も大きく上昇することが研究で明らかになっています。

素早い判断や思考が必要な場面では、立ったままのほうが有効だと思います。

特に、素早い判断や思考が必要な場面では、立ったままのほうが有効だと思います。

ある外資系の企業では、立ったままの会議を取り入れることによって、判断力・決断力が敏速に行われるようになり、会議時間が短くなったそうです。

スタンディングデスクの場合は、立ったまま作業ができるということです。座っている状態よりも自然に姿勢もよくなり、また、第二の心臓と呼ばれるふくらはぎが良く動くので血流も改善します。

ときどき、腰かける椅子に関しては、背もたれのないシンプルなスツールがいいと思います。座面の高さが調整できると更にいいと思います。

気軽に座ったり、立ったりできるので気分転換もしやすくなり、持ち歩くことも簡単なので場所を変えて作業をすることもできます。

読書のときも部屋の中や安全な場所を歩きながら、本の中の気になった
ところにマーカーを引いて、様々な情報を得ています。

スポンサーリンク


仕事や勉強は、座ってやるものという固定観念を捨てることだと思います。

仕事や勉強は、座ってやるものという固定観念を捨てることだと思います。それも、集中力を起動させるエンジンの1つになるでしょう。

時間をかけずに、その場で集中できる方法が姿勢なので、まずは、15分に1回は、立ち上がることからはじめましょう!!

次は、食事です。キーワードは、低Giです。知っていたでしょうか?
集中力は、口にするもので決まるということです。

当たり前ですが、人間は食べることでエネルギーを補給しながら生きているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
自己啓発本
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました