赤木野々花アナ結婚相手の旦那馴れ初めやハープを弾く趣味がある!

アナウンサー
スポンサーリンク

赤木野々花アナ結婚相手の旦那馴れ初めやハープを弾く趣味がある!

物おじしないキャラがウケてる

赤木野々花アナですが、

東京オリンピック・パラリンピックの

中継・関連番組に、抜擢されていますね!

そんな赤木野々花アナのプライベートが気になり、

結婚相手の旦那馴れ初めやハープを弾く趣味がある!

のでしょうか?気になり、

リサーチしました!

スポンサーリンク

赤木野々花アナのプロフィールについて

名前  赤木野々花

生年月日  1990年8月8日(30歳)

出身地  岡山県岡山市

身長  158cm

血液型   0型

所属  NHK放送センター東京アナウンス室

スポンサーリンク

赤木アナはずっとハープの演奏家を目指していたそうです。

しかし「音の幅は、人間の幅。いろんなことを学びなさい」という

先生の言葉を聞いて、音楽以外のことにも

積極的に挑戦してきました。

そうした中で、同じ表現者であり、

多岐にわたる仕事をこなす

アナウンサーになりたいと

思うようになりました。

そう思い始めたのは大学3年生になってから。

言葉のプロを目指すには語彙力がなく、

なかなか咄嗟に言葉が出てこない…

いまさら遅いのかも、と悩んだそうです。

慶應義塾大学を卒業後、

2013年に入局。

徳島、大阪を経て17年から東京勤務となった。

「うたコン」などのほか17~18年には

「おはよう日本」の午前5~6時台の

キャスターを務めるなど

「次期エース」として期待されていますね!

就職活動中も演奏活動は続けていました。

自分の土台でもある「音楽」が、初心に戻らせてくれ、

自分を支えてくれたと思っています。

内定後も、今も、楽器の演奏は続けています。

就職活動に直接的に関係のないことでも、

自分の幅をひろげてくれているといいます

スポンサーリンク

赤木野々花アナ結婚相手の旦那馴れ初め

お相手は2歳上の制作会社の

番組ディレクターだという。

身長180センチくらいのガッシリした体型で、

俳優の林遣都似のイケメンなんですって

外部の制作会社に所属していた時に

『日本人のおなまえっ!』でディレクターを担当し、

赤木アナと仲を深めていきました。

2年前に付き合い始めた二人はすぐに同棲をスタートし、

1年後には結婚を意識し始めたようです。

Aさんは現在、自身の制作会社を立ち上げ、

NHKの紀行番組でディレクターを任されています!

母親が反対していてのを、古舘伊知郎さんに

赤木アナが相談していたようなんですね

キューピッドは古舘伊知郎だった!

お相手のAさんに、婿入りすることで

結婚の許しを得たようですね!

スポンサーリンク

赤木野々花アナハープを弾く趣味がある!

赤木野々花アナは3歳の時に

ハープを始めていて、

アナウンサーになっていなかったら

ハープ奏者を目指していたそうです。

学生時代もずっとハープを続けていて

地元の岡山にはハープの先生がおらず、

神戸まで行って練習をしており、

岡山からは遠く離れた福井県や長野県の県外、

はたまたフランスまで

出向いて講習会に参加していたようです。

2010年には第22回日本ハープコンクールで

5位に入賞する実力の持ち主なんですよね。

自分に対しては負けず嫌いな性格だと話していたので、

練習も人一倍頑張っていたようです。

スポンサーリンク

最後に

赤木野々花アナのはお嬢様でも、

見た目にもNHKの番組で

視聴者を釘付けにしています

彼女はとにかくスタイルがいい。

アイドル系のかわいいルックスに、

肉づきのいいグラマーボディが特徴です。

『おなまえっ!』ではノースリーブ衣装が多く、

特に『おやすみ日本 眠いいね!』では

パジャマ姿を見せてくれるなど、

NHKアナウンサーには珍しい演出で

反響がありました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アナウンサーニュース芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました