【2022年版】お彼岸なぜ墓参りする意味や期間は?やってはいけないことや仏壇にすることは?

お彼岸
スポンサーリンク

【2022年版】お彼岸なぜ墓参りする意味や期間は?やってはいけないことや仏壇にすることは?

お彼岸とは、よく言いますがそもそもどういう意味なのか

知っていますでしょうか。

お彼岸は、日本独自の文化で仏教と日本古来の観念が

融合したものだそうです!

お彼岸の「ご先祖様を供養する」という考えは、

日本古来の観念に由来するものです。

昔から、日本は先祖を大事にする文化が

古くから定着していました。

他の仏教国ではお彼岸の文化は存在しないんだそうです。



お彼岸の期間は?

お彼岸は年に2回、春と秋にあります。

2022年の春彼岸は3月18日(金)から3月24日(木)、

秋彼岸は9月20日(火)から9月26日(月)です。

春分の日と秋分の日はその年によって

異なりますので注意が必要です。

期間は、3月の「春分の日」と9月の「秋分の日」の

前後3日間を合わせた、春・秋それぞれ7日間です。

お彼岸の初日を「彼岸入り」、最終日を「彼岸明け」、

春分の日・秋分の日を「中日(ちゅうにち)」と呼びます。

結論から言えば、春彼岸と秋彼岸にほとんど違いはありません。

春分の日の前後の「春彼岸」といい、

秋分の日の前後の「秋彼岸」といいます!

お供えするあんころ餅の呼び名が変わります。

あんころ餅の呼び方は、春彼岸では「ぼたもち」、

秋彼岸では「おはぎ」となり、

春は牡丹が咲くので「牡丹餅」、

秋には萩の花が咲くので「お萩」と呼ばれます。

地方によっては、秋に取れた小豆は

皮が固くなってしまうので、「ぼたもち」はこしあんで

作ることもあるようです。

スポンサーリンク

お彼岸にやってはいけないことはあるのでしょうか?

「やってはいけない」と言われるはっきりとした

由来はわかりませんが、おそらく別の行事が加わると、

「参加する人が慌ただしくなってしまう」、

「ご先祖様の供養が疎かになってしまう」という配慮から、

日時を調整できるほかの行事は避けられてきたのではないでしょうか。

仏教としてのタブーではないのですが、気をつけたいのがお見舞いです。

なにせ、お彼岸といえばご先祖様のお墓参り。

この期間にお見舞いに来たとなると、

「まだ生きているのに、まるでお墓参りに来られたようで縁起が悪い」と

考えるひともいるかもしれません。お墓参りに帰省したついでに

お見舞いに行くというケースもありますので

一概にはいえませんが、知っていて損はありません!

スポンサーリンク

お彼岸に仏壇にすることは?

仏壇を掃除し、仏具を整え、果物やお菓子をお供えします!

お墓参りに行き、お墓を掃除して、

お花、お水、果物やお菓子をお供えします。

手土産としてはお彼岸のお供え物を持っていかれる

場合が多いと思います。

お供え物としてふさわしい物は

何が適しているのでしょうか。

ぼた餅(春のお彼岸の場合)

おはぎ(秋の彼岸の場合)

故人が好きだった食べ物やお酒などや

果物や菓子折りやお花(白や淡い色のもの)

線香やろうそくなど金額の相場は、

3,000円から5,000円です。

お供え物には掛紙の水引が黒白・または双銀、

地域によっては黄白の結び切りを選びます。

表書きを「御供」、忌明け前であれば「御霊前」、

忌明け後であれば「御仏前」などの言葉を添えるとよいとおもいます!

たまに、お金をお供えとしてお渡ししても大丈夫なのか、

心配になりますよね。

お金の場合でも金額の相場は、3,000円から5,000円です。

白黒か双銀の結び切りの不祝儀袋に、

表書きを「御仏前」「御佛前」「御供物料」と

書いてお渡ししするそうです。

こちらのもどうぞ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お彼岸芸能・ゴシップ
スポンサーリンク
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました