ビートたけし(お笑いタレント)娘歌手「ギャラアップ要求」でリストラ候補!?

タレント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビートたけし(お笑いタレント)娘歌手「ギャラアップ要求」でリストラ候補!?

「新型コロナの影響が来年のテレビ局の番組編成にも出始めています。

というのも、今年は広告収入が大幅にダウンし、

その影響で制作費が40%近くカットされてしまう番組も。

それに伴い、大物タレントたちのリストラが水面下で進められている状況です」

「’08年から放送されているTBS系の人気情報番組『新・情報7DAYSニュースキャスター』も

来春リニューアルすることになり、司会の1人であるビートたけしさんが

番組から卒業する案が浮上しています。

コロナ後、たけしさんはリモート出演に切り替わっていましたが、

言葉が聞き取りづらいうえ、スタジオとの温度差もあり、

生放送でのやりとりがチグハグした印象になっていました。

1本150万円という高額ギャラがネックに。

来春以降は一緒に司会を務めている同局の安住紳一郎アナが

メインのニュース番組になると聞いています」

スポンサーリンク

 

ビートたけし(お笑いタレント)のプロフィールについて

名前  ビートたけし  本名  北野武

生年月日  1947年1月18日(73歳)

出身地  東京都足立区島根

身長  168cm

血液型  0型

事務所  T.Nゴン

スポンサーリンク

北野武さんは、東京都台東区浅草で生まれましたが、

生まれてすぐに足立区に引っ越したそうです。

北野家の四男として生まれた北野武さんは、祖母には大変可愛がられながらも、

母からは非常に厳しく育てられました。

教育熱心な母親のおかげか、小学校時代の北野武さんは

成績が非常に優秀だったそうです。

算数と図工の成績はトップクラスだったとか。

教育熱心な母親が進学校への受験を考慮し、

遠く離れた学区外の中学校へ通わせたそうです。

小学校時代から野球をしていた北野武さんは、中学校では野球部に所属。

小学校時代から硬式野球をプレーしていたようですが、

高校では軟式に転向しています。

その理由は、中学校の同級生に後にロッテのエースとなる成田文男さんがおり、

自分の野球の才能の限界を感じてしまい、軟式に転向をしたそうです。

北野武さんは、高校3年生の夏休み以降は、1日12時間もの猛勉強をし、

見事現役で大学に合格しています。

大学生活にはあまり馴染めず、ジャズ喫茶やクラブのボーイ、

解体工、タクシー運転手など多数のアルバイトに明け暮れていたようです。

バイト先で知り合った、後の映画監督・若松孝二さんの紹介で

映画などの端役に俳優として出演をするようになります。

26歳の時にはお笑い芸人を目指してツービートを結成。

お笑いの才能を発揮した北野武さんは、一気に人気芸人となり、

芸能界の第一線で活躍をするようになりました。

スポンサーリンク

 

ビートたけし(お笑いタレント)娘歌手

名前の「井子(しょうこ)」はたけしの知人の

美人ホステスにちなんだとしています。

3歳からピアノを習い、米国の高校を卒業されました。

1997年にたけしの映画『HANA-BI』に出演して芸能界デビュー。

当時の芸名は母・幹子の旧姓松田でした。

たけしが同映画の製作発表で語ったところによると、井子が誕生した当時、

たけし夫婦の仲は冷えており離婚を考えていたそう。

1998年に本名の北野井子名義でX JAPANのYOSHIKIプロデュース・

楽曲提供により『Begin』で歌手デビュー。

同曲は13万枚のスマッシュヒットとなり、

大物タレントのビートたけしの娘のデビューということでも注目されました。

「世界のKITANO」と言われるようになった、

父・たけしがプロモーションビデオを監督したことでも話題に。

1998年には2枚目のシングル「薔薇と緑」をリリース。

前作に続きプロデュースをYOSHIKIが手がけました。

作詞はYOSHIKIでしたが、タイトルは北野が歌詞の中から

抜き出して付けたものが採用されたそうです。

北野井子さんのデビューの経緯ですが、実は家庭の事情によるもの。

当時反抗期のまっただ中だった井子は母親との喧嘩が絶えず、

しまいには母親に階段から蹴り落とされて流血騒ぎに。

呼び出された北野武さんは、このままだといつかどちらかが死ぬと思い、

北野井子さんの環境を変えなくてはならないと考え、芸能界入りさせたそう。

真相はそうでしたが、デビュー当時は北野井子さんが歌手になりたいと

北野武さんに訴えた為という事になっていました。

北野井子さんは、父親の七光りから曲を貰える事にすっかり萎縮してしまい、早々に自主引退。

米国の高校に留学して、そこでヒップホップに傾倒しました。

その後、再び芸能界に復帰しようと父親に打診をしていますが、

武に「自分でなんとかしろ」と一蹴されます。

数年前に映画の主演をしたとの事ですが、恐らく父のネームバリューは使えなかったのでは。

武も歌手デビューの時はつい甘やかしたのでしょうが、

その後かなりの拒否反応を示し、

「オーデイションでも受けて実力で勝ち取れ」と娘を諭していました。

スポンサーリンク

 

ビートたけし(お笑いタレント)フライデー襲撃事件真相

たけしは1986年、弟子のたけし軍団を引き連れて、

講談社の写真週刊誌『フライデー』編集部に殴り込み、現行犯逮捕。

動機については、当時交際していた女性が執拗な取材で

ケガを受けたことへの報復と言われていた。

たけしは「講談社に話し合いに行ったんだけど、

いつの間にか大ゲンカになって殴っちゃうんだけど…」と、自ら事件について切り出した。

「フリーのライターが『全然お金がないんだけど、あなたの取材をさせてくれたら、

それを出版社に売っていくらかになるので、悪口は書きませんから』って手紙をくれて、

かわいそうだから会ったんだよ。で、『現場に行っていいですか?』って

言うから来るようになって、楽屋にいつもいるの」と、親密な仲になったことを説明。

「『フライデー』の記事で、なんか芸能界のスキャンダルが

やたらと出るようになった」そうで、「みんなが『あいつじゃねーか? スパイやってたのは』ってなって、

やっぱりそうだった」と発覚。

それで、たけしが『フライデー』の編集部に「そいつはいるか?」と

電話すると「来い」と言われたので行ったものの、

「『実はいないんだ』ってなってケンカになっちゃった」と事情を明かし、

「俺が好きでやった訳じゃないんだから!」と主張しました。

スポンサーリンク

 

最後に

1994年8月に起こした原付バイク事故は、芸能活動存続が危ぶまれるものだった。

たけしは東京・新宿区の安鎮坂付近をスクーターで運転中、

カーブを曲がりきれずガードレールの鉄柱に激突。

4メートルも吹っ飛ばされて頭を強打し、意識不明の重体に陥った。

幸いにも右側頭部頭蓋骨陥没骨折を含む重傷で済んだ。

たけしは奇跡の生還を果たし、同年9月に退院会見に臨んだ。

だが、目の焦点は合わず、口元が大きく歪んだ重度の顔面マヒ状態。

たけしの姿は世間に衝撃を与えた。

事故の原因について明言を避けていたたけしだが、

2016年1月放送の『新春大売り出し!さんまのまんま30周年スペシャル』(フジテレビ系)で、

当時を回顧。たけしは、夜中に“浮気相手”に会いに行く途中の事故だったと激白し、

細川との関係を半ば認めた。さらにたけしは、事故で「死んでたらよかった」と告白。

当時うつ状態だったことも以前明かしています。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タレント芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました