ディーンフジオカ(俳優)妻(嫁)富豪で馴れ初めやコロナワクチンの副反応ヤバイ!?

シンガーソングライター
スポンサーリンク

ディーンフジオカ(俳優)妻(嫁)富豪で馴れ初めやコロナワクチンの副反応ヤバイ!?

俳優で歌手のディーン・フジオカ(40)が3日、

自身のインスタグラムを更新しました!

新型コロナウイルスワクチンの副反応について

「結構エグかった」とつづっています。

ディーンはこの日、文字のみのストーリーを更新。

「モデルナワクチン 接種2回目も副反応エグかった」と告白。

「薬飲んでたから1回目の地獄よりだいぶマシだったけど」と記し、

1回目は相当な副反応があったことをうかがわせました。

接種後48時間以内にカロナール合計10錠

飲んでそんな感じ」と、解熱鎮痛剤を服用しても

重い症状だったことを明かし、汗顔の絵文字を添えた。

人によって、コロナワクチンの副作用は、違うと思いますが、

ここまでの、副作用だと打ちたくなくなりますね!

スポンサーリンク

ディーン・フジオカ(俳優)のプロフィールについて

名前  ディーン・フジオカ  本名  藤岡竜雄(ふじおか たつお)

生年月日  1980年8月19日(40歳)

出身地  福島県須賀川市

身長  180cm

血液型  A型

事務所  アミューズ

スポンサーリンク

ディーン・フジオカさんの父親は、

中国生まれの日本人で、母親も祖父母も全員日本人で

両親の出身地が福島県須賀川市で

あることから国籍も日本となります。

父親は、IT関連のはしりとなる会社の社員で、

IT関連の論文を多数執筆しているそうです。

ディーン・フジオカさんが3歳の頃、

父親の仕事の関係で福島県から千葉県に引越しましたが、

海外出張も多かった父親はトライリンガルで、

英語や中国語を教わっていたそうです。

ディーン・フジオカさんは、

2004年に香港を拠点に芸能活動を始め、

中国語が堪能です。

国籍も中国だと思われがちですが、

福島県須賀川市で生まれ、

幼少期まで同市内で生活していたことから、

国籍は日本となります。

1997年に出場したディーン・フジオカさんの本名は、

「藤岡竜雄(ふじおか たつお)」と割と古風な名前です

「第10回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」に、

本名で登録していたことから分かったようです。

ディーン・フジオカさんは、

父親の影響で幼い頃から海外の文化に

触れることが多かったため、

自然と中学生頃から日本を出て海外で

生活したいと思っていたそうです。

父親から「高校を卒業するまで海外に

留学するのはダメだ」と言われたことから、

卒業まで待ったようです。

ディーン・フジオカの母親は

ピアノ教師だった!

母親は社交的な人で、自宅でピアノ教室を

開いていた関係から、ディーン・フジオカさんも

強制的にピアノを習わされており、

イヤイヤやっていたそうです。

ディーン・フジオカさんは

現在シンガーソングライターとしても

活躍していることから、ピアノを真面目に

やらなかったことを後悔していると語っています

スポンサーリンク

ディーン・フジオカ(俳優)妻(嫁)富豪で馴れ初めは?

ディーンフジオカさんと妻である

ヴァニーナさんとの馴れ初めについて

二人が出会ったのは台北

当時台湾を拠点に仕事していた

ディーンフジオカさんは台北のディナーにて

二人の共通の知り合いに紹介されたことが

きっかけで出会ったそうです。

どうも出会った瞬間にお互い

「運命的な何か」を感じていたのだとか。

ある日、ストリートチルドレンと出会った時

ヴァニーナさんは空のスーパーのカゴを

子どもたちに渡しこう語ったそうです。

「これに好きなだけ好きなものを入れなさい。

薬や暴力には手を出さす、

しっかり学校に行きなさい」

そんなヴァニーナさんの姿をみて

ディーンさんは「すごい女性だ。」と感じたのだそう。

ディーンさんが日本で仕事をすることが

決まりホテルを出る際、

「ここで別れたら、もう終わりかもしれない。」

そう思った時に「結婚しよう」という

言葉を口にしていたそうです。

二人はおよそ四年半の交際の後、結婚。

ヴァニーナさんは涙を流しながら

そのプロポーズを受けたとのことです!

スポンサーリンク

ディーン・フジオカ(俳優)妹

ディーン・フジオカさんの妹である

藤岡麻美さんは、小学校4年生頃から

安室奈美恵さんに憧れていて、

将来は歌手になりたいと思っていました。

中学の吹奏楽部では

パーカッション担当でしたが、

ディーン・フジオカさんと一緒に

バンドをしていた頃はボーカルを務めていたそうで、

藤岡麻美さんは当時から

歌が上手かったようです。

1998年11月19日放送のバラエティ番組

『DAIBAッテキ!!』のオーディションに合格し、

番組で結成されたアイドルグループ

「チェキッ娘」のメンバーとなりました。

「チェキッ娘」時代には寒いギャグで

人気を博すなど、藤岡麻美さんは比較的クールな

印象のディーン・フジオカさんとは違い、

明るいムードメーカーだったようです。

「チェキッ娘」のグループ内ユニット・

ガールズバンド「chee’s」では、

ドラムとボーカルを担当し、解散後は

プロデュースとメンバーを兼ねた

『blue chee’s』を結成し活動していました。

バンドも解散した後はソロ活動を開始し、

藤岡麻美さんはシンガーソングライターとして

インディーズから2枚のアルバムを発表し、

ライブ活動をしていました。

女優としてドラマにも出演していましたが、

2013年3月からはサモ・ハン・キンポーさんの

次男であるジミー・ハンさんの力を借りて

台湾に拠点を移し活動し始めました。

ディーン・フジオカさんには、

藤岡麻美さんの他に妹がもう1人いますが、

1995年生まれということで

ディーン・フジオカさんとは

15歳も違う妹ということになります。

スポンサーリンク

最後に

ディーンフジオカさんの奥さんというのが

ヴァニーナ・アメーリア・ハイダヤットさんです。

日本人の方ではなく中国系インドネシア人の方とのこと。

ディーンフジオカさんの2歳年上の姉さん女房です。

インドネシアでレコード会社

『Delapan Naga Angkasa』の

経営者をされているそうです。

実はヴァニーナさんの父親も

また凄い人物のようでして、

インドネシアで国民的な人気を誇る

生薬の粉末ジュース「クグヒマ」を

取り扱っている老舗製薬会社である

「シドムンチュル」のオーナー会長を

されているとのこと。

このクグヒマという商品はなんと

月に3億個を売り上げ

年商約184億円とも言われています。

総資産は650億円以上なんて

言われていたりするそうです

ヴァニーナさんの両親は

中国福建省の華僑であると

週刊誌に報じられており、

名実共に富豪であるというのは間違いなさそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました