長谷川潤(タレント)旦那マフィア再婚を報告!?

タレント


スポンサーリンク
長谷川潤(タレント)旦那マフィア再婚を報告!?
モデルの長谷川潤(34)が25日、

自身のインスタグラムを更新し、再婚したことを報告した。

自身と夫の左手の写真をアップした長谷川は

「世界中が困難な状況下において、私事で大変恐縮ですが、

ご縁があり再婚しましたことをご報告させていただきます」と伝え、

「たくさんの愛をもって、笑顔あふれるファミリーを築いていきたいと思います。

これからの私たちの未来を温かく見守っていただけたらうれしいです」とつづった。

スポンサーリンク

長谷川潤(タレント)のプロフィールについて

名前  長谷川潤

生年月日  1986年6月5日(34歳)

出身地  アメリカ合衆国

身長  164cm

血液型  0型

事務所  Isle management

スポンサーリンク

長谷川 潤(はせがわ じゅん)さんは、1986年6月5日生まれの、

女性ファッションモデルです。

近年では、タレントとしても活躍されています。

長谷川 潤さんの身長は、164センチメートルで、

本名は長谷川カウルヴェヒ潤になります。

2015年からオスカープロモーションに所属していて既婚者であり、

2児の母でもあります。

ファッション誌『ViVi』の専属モデルや

『GLAMOROUS』への露出なども経験されていて、

近年では、タレントでの活動もされています。

テレビ番組「グータンヌーボ」、「another sky」へのレギュラー出演でも

知られるファッションモデル。

映画やミュージックビデオへの出演など、女優としても活動している。

フランス、アイルランド系アメリカ人の父と日本人の母を持つハーフ。

スポンサーリンク

長谷川潤(タレント)旦那マフィア

長谷川潤さんは、2011年の6月に25歳で結婚をされました。

旦那様はハワイに在住していらっしゃる一般人の方で、

「中国系アメリカ人」なんだそうです。

グラフィックデザイナーとしての経験をお持ちだそうで、

それを活かしてナイキやアディダスといった大手メーカーの、

自身で企画したシューズを外注して作ったところ、

これが見事に大ヒットとなり、

現在では4店舗を構えるほどの実業家の方なんだそうですよ!!

過去には「総資産が数億円になるのではないのか」といったような

噂もあったようなのですが、経営が軌道にのれば、

近い将来本当にそれぐらいの資産をお持ちになられるかもしれませんね!!

なぜ実業家の旦那様が「チンピラ」や

「マフィア」などと噂されているのでしょう。

インターネットに載っている旦那様の写真が

少々やんちゃに見えるからなんだと思います。

噂が広まっていくうちにいつの間にか「長谷川潤の旦那はマフィアだ」と

なってしまったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

長谷川潤(タレント)子供は?

長谷川潤には子供が何人いるのか?ということですが、

2人いるということですね。最初が女の子で次が男の子です。

長女の名前:アイボリー

長男の名前:エヴァン

長女が父親に似ていて、

長男が長谷川潤に似ていると言われていますが

旦那さんもイケメンですし、

長谷川潤も綺麗なので子供が顔整う可能性は高いですね。

長谷川潤の子供がダンス上手ということで話題になったみたいです。

子供は自分が好きなことには打ち込むでしょうから

上達も早いんでしょうね。

というか長谷川潤は運動神経良さそうなので、

子供もダンスだけでなく器用にこなせるんじゃないかなと僕は感じます。

そんな長谷川潤ですが実は離婚されているんですね。

そこで問題になるのがこの子供たちの親権ですね。

長谷川潤は実は離婚されたんですね。

そして離婚後の親権は長谷川潤が持っているということです。

つまり長谷川潤と子供二人でハワイで生活しているということですね。

長谷川潤はハワイで子育てしながら

時々日本でも仕事をするというみたいですね。

スポンサーリンク

最後に

旦那様との出会いは「共通の友人を介して知り合った」

ということが始まりのようです。

長谷川潤さんは日本でにいらっしゃいましたから、

実に3年間の遠距離恋愛を経て結婚されたといいます。

3年も遠距離恋愛を続けてゴールするなんて、

きっとかなり相思相愛なお二人なんでしょうね。

長谷川潤は子供の頃ハワイで過ごしているんですね。

そのあと日本のモデルとして活動したみたいです。

そんな長谷川潤がハワイに住みながらする子育て論とは

自分が自然に恵まれた環境で育った長谷川潤さんは、

ハワイに移住した理由を、

「私がハワイに移住したかったのは、私が幼少期に経験した自然との

宝物のような関係を子供時代に与えてあげたかったから。」と語っていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました