平手友梨奈(歌手)性格で脱退理由の映画とは⁉「ドラゴン桜」集合写真に異変!?(動画有り)

タレント


スポンサーリンク
平手友梨奈(歌手)秋元康デート新曲MVは「まるで1人BTS」!?
元欅坂46のセンター、平手友梨奈がソロアーティストとして

初めてリリースした曲、『ダンスの理由』のMVが話題を呼んでいる。

シャーマンの儀式のような世界観の中、

まさに神に捧げるように全力で踊り続ける彼女の姿に、

改めてその表現力の凄みを感じた人が多いようだ。

今回のMVでのダンスで、平手のダンスに進化が見えたARATAさんはいう。

「彼女の持ち味である全力疾走感は保っているんですが、

パッションとスキルをきちんと両立させている。

いまは自分の思うように体を動かし、

 

 

感情の起伏も細かく表現されているように見えます。

4分の曲の中で全力疾走し続けているのもスゴいですね。

一つのロケーションで、ドローンによって撮影したような

ダイナミック映像がBTSの『ON』のMVを彷彿とさせるので、

もしかしたらBTSのパフォーマンスから大きく影響を受けているのかもしれません。

だとしたら“1人BTS”みたいな状態ですね」

平手がソロアーティストとなったことがダンスのクオリティを

さらに高めているとARATAさんはいう。

「今回のMVのスゴいところは、平手さんの溢れんばかりのパッションに、

周りのダンサーが負けていないということ。

欅坂46の中で彼女の熱量は一人突き抜けているように見えたと思いますが、

同じくらいの熱量を周りのダンサーたちが持っている。

その相乗効果によって、このMVのパフォーマンスの

クオリティはトンでもないことになっています」

こちらの記事もどうぞ!

ドラゴン桜2キャスト南沙良(女優)生徒役抜擢!ラウール匂わせ?歌下手なの!?

平手友梨奈「ドラゴン桜」集合写真に異変!?

ドラマ「ドラゴン桜」(TBS系)の

最終回が2021年6月27日に放送された。

最終回の放送後、ドラマの公式ツイッターに

投稿された写真が注目を集めています。

話題になっているのは、ドラマの主演を務める

阿部寛さん(57)が、前作および今作の教え子たちと

並んだ記念写真。そこに映った

平手友梨奈さん(20)の表情について、

「笑ってないの怖いわ」といった声が上がっているんですね!!

平手さんといえば、かつて自身が所属していた

「欅坂46」では「笑わないキャラ」で有名だった。

16年4月に発売された同グループのデビューシングル

「サイレントマジョリティー」では、

鬼気迫る表情でミュージックビデオに出演する

平手さんが世の人々の注目を集めたのはもちろん、

その後のテレビ出演や別の楽曲においても

平手さんに対しては「憑依型」の芸能人であるとの

指摘がファンからなされることが多く、

その独特な雰囲気が本人の魅力として

周知されてきたのも事実だ。

平手友梨奈さんにとって、

笑っていないは、いつも通りなんですね!!

 

スポンサーリンク

 

平手友梨奈(歌手)のプロフィールについて

名前  平手友梨奈

生年月日  2001年6月25日(19歳)

出身地  愛知県

身長  163cm

血液型  0型

事務所  Seed & Flower合同会社

スポンサーリンク

実家の家族構成はお父さん、お母さん、お兄さん、

平手友梨奈さんの4人家族のようです。

お兄さんは平手慎太郎さんといい、1995年7月17日生まれで、

平手友梨奈さんより6歳年上のようですよ。

噂によると同志社大学に通われていたそうで、

美学生図鑑というサイトでモデルの経験もあるそうです。

背も180cmと高いようなので、きっとモテモテだったことでしょう。

平手友梨奈さんがアイドルになったキッカケも、

お兄さんが乃木坂46のファンだったからだそうですよ。

平手友梨奈さんは4歳からピアノ、5歳から12歳までクラシックバレエを習い、

小学2年生からはバスケットボールも始めたそうですよ。

バスケットボールではポジションはセンターを務め、

6年生の時には市の大会で優勝したこともあるそうです。

中学は師勝町立師勝中学校に進学し、

中学時代もバスケットボール部に所属されています。

バスケットボール以外に目標がなく、

新たな目標に向かって全力で打ち込める何かを探していた時に、

お兄さんから勧められた欅坂46の一期生オーディションを受けることにしたそうですよ。

2015年8月に見事合格し、芸能界デビューを果たしています。

当時はまだ中学3年生で、グループでは最年少だったそうですよ。

デビュー後は上京し、江戸川区立葛西第三中学校へ転校し、卒業しています。

スポンサーリンク

 

平手友梨奈(歌手)秋元康デート

デビューシングル「サイレントマジョリティー」から連続でセンターを務め、

欅坂46の絶対的エースの座に君臨する平手友梨奈(ひらてゆりな)。

連続センターや単独CMなど、平手ちゃんの魅力を証明する活躍は今も続いていますが、

今回は遂に「秋元康氏のお気に入り」の座を射止めたことが明らかになりました。

最近、乃木坂46の生駒里奈が出演する「こち亀」の舞台、

そして元AKB48の篠田麻里子が出演する「真田十勇士」の舞台と、

二度にわたって秋元氏に観劇に連れて行ってもらっているという平手友梨奈。

多忙を極める秋元氏が直々に関わる時間を持つということは、

それだけ平手ちゃんが秋元氏の厚い寵愛を受けている証といえます。

Twitterでは平手ちゃんと秋元氏が「こち亀」の舞台を見に来ていたという

目撃証言が寄せられ、一気に話題になりました。

秋元氏が、特定のお気に入りメンバーにばかり

活躍の場を与えることは周知の事実ですが……。

かつてSKE48の松井珠理奈が秋元氏の激推しを受けたように、

平手ちゃんも出世コースに乗ったということになるのでしょうか。

元AKB48の篠田麻里子が出演する舞台「真田十勇士」では、

やはり秋元氏に連れられ、前田敦子、峯岸みなみらと観劇に訪れた平手友梨奈。

AKBを代表する錚々たるメンバーの中に平手ちゃんがいるという不思議な光景……。

秋元氏の寵愛がいかに特別な事態であるかがわかるでしょう。

スポンサーリンク

 

平手友梨奈(歌手)脱退理由映画

欅坂46の絶対的エース平手友梨奈(19)が今年1月23日に脱退。

そのわずか約1カ月後にこのドキュメンタリー映画が公開されることが発表されていた。

この時点で欅坂46の歴史上、最も重要な出来事だったからこそ、

平手脱退を機に今までベールに包んできた欅坂46と

平手の舞台裏を明かすことを決断したものと思われる。

“卒業”に対して、ネガティブなイメージのある“脱退”という

言葉尻をとらえ「平手は辞めされられた」、

「人間関係の不和で嫌になり脱退した」などという報道もあったが、

平手脱退直後の記事(平手友梨奈の衝撃 欅坂46“卒業”ではなく

“脱退”の真相に迫る)以降一貫して、その理由は心身の限界であると訴えてきた。

今年3月に平手が欅坂46と同じ事務所に寄り添うようにソロとして

残ったことで脱退は円満であったことがすでに証明されているが、

平手が心身の限界を迎えるに至った理由は当然あるわけで、

それが映像付きで明かされることがこの映画の第一の注目ポイントになる。

平手のファンからは、彼女が苦しむ姿を見たくないが、

それでも絶対見てしまうという声が多く見られる。

ファンはもちろんだが、むしろ平手を誤解している多くの人々にこそ、

彼女がどれだけ身を粉にして欅坂46のために全てを懸けていたか、

その真摯な姿を見て理解して欲しいと思う。

スポンサーリンク

 

最後に(動画有り)

平手友梨奈さんは昔からパフォーマンスを披露するたびに

「口パク疑惑」が話題になっていたようです。

平手友梨奈さんが新たなソロ楽曲「ダンスの理由」を披露したのは、

2020年12月9日に放送された音楽番組『2020 FNS歌謡祭 第2夜』。

まさに圧巻のパフォーマンスで、そのカリスマ性は健在でしたね!

久しぶりの「平手友梨奈」にファンも沸きまくっていました!

平手友梨奈さんは口パクではなく“被せ”である可能性が高いんじゃないかなと!

“被せ”とは?

音源を流しながらそこに生歌を被せる手法のこと

実際、アイドルが生放送の歌番組に出るときは“被せ”をするのが一般的とのこと。

それでも平手友梨奈さんが生歌を歌わない理由は、

恐らくダンスが激しすぎるからかと思います。

 

 

なので、息切れ、服が擦れる音、顔を振り動かしたときの風切音、

色んな音を拾ってしまう恐れがあります。

安定してパフォーマンスを維持するために、生歌ではなく

“被せ”にしている可能性は高いかと!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タレントドラマ女優歌手芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました