【ツイッター】堀米雄斗【スケボー】インスタイケメン!彼女はいるの?父の想いや年収がヤバイ!

スケートボード
スポンサーリンク

【ツイッター】堀米雄斗【スケボー】インスタイケメン!彼女はいるの?父の想いや年収がヤバイ!

世界ランキング2位の堀米雄斗(22)が

予選6位から躍進、40点満点中37・18点で、

金メダルを獲得し、

地元・東京で五輪初代王者に輝きました!

スケートボードは、今大会で追加種目となった新競技。

ストリートはその名の通り、

手すりや階段など街中を模したコースを

舞台としており、ジャンプや回転などの

「トリック」をする。

各45秒間を2回滑る「ラン」と、

1カ所を選び大技を5回繰り出す「ベストトリック」の

2方式で40点満点で競います!

堀米は2018年に、世界最高峰のストリートリーグで

日本人初の優勝を果たした第一人者。

世界ランキング2位で、

今年6月の世界選手権では同1位の

ナイジャ・ヒューストン(米国)を

破って初優勝しており、

金メダルの有力候補として五輪に臨みました。

スポンサーリンク

堀米雄斗(スケボー)のプロフィールについて

名前  堀米雄斗

生年月日  1999年1月7日(22歳)

出身地  東京都江東区

身長  170cm

血液型  AB型

種目  スケートボード

スポンサーリンク

スケートボードを始めたのは、

小学1年生からで父親がスケートボードの

経験者で家にボードがあったため、

「楽しそう!」と思ったのがきっかけだそうです。

当初は、遊び感覚でスケートボードを

楽しんでいたそうですが、

魅力にはまってしまい、

小学2年生から本格的に始めたとのこと!

10代前半の頃になると、

国内コンテストのトップ選手として

活躍するまでに成長しました!

中学生時代では、オリンピックコーチングスタッフとしても

活躍する早川大輔さんのサポートもあり、

アメリカの大会にも参加します!

高校生時代には、2014年、2015年の2年連続で、

日本スケートボード協会の年間

グランドチャンピオンになっています!

2016年に聖進学院を卒業した後は、

活動拠点をスケートボードの本場である

アメリカ・ロサンゼルスに移住。

2017年には、世界最高峰のプロツアー

『ストリート・リーグ(SLS)』の

スペイン・バルセロナ大会において、

日本人初となる3位に入賞!

この結果により、SLSから正式に

SLS公認プロとして認定を受けました!

2018年には、ストリート・リーグの

イギリス・ロンドン大会において、

遂に優勝!

スケートボードってミスったら転んで

ケガをしそうな印象がありますが、

堀米雄斗選手もよく転ぶそうです。

ロサンゼルス大会、

3戦目のハンティントンビーチ大会も優勝!

まさかのストリートリーグ3連覇を達成し、

日本どころか世界中を驚かせました!

スポンサーリンク

堀米雄斗(スケボー)彼女は?

堀米雄斗さんに彼女がいるかどうか

調べてみましたが、

そのような情報はありませんでした!

堀米雄斗さんはほんとうに

スケボーが大好きで、スケボー愛が強く、

彼女が欲しいと思っていないのでは?

という感じです。

スポンサーリンク

堀米雄斗(スケボー)父の実家

堀米雄斗さんの父親ですが、

堀米亮太さんという方で、

堀米雄斗さんと同じくスケーターだった方です。

中学1年生の時に友人の影響で

スケボーを始めたそうで、

若いときはかなりスケボーにのめり込んでいました。

堀米亮太さんは、はじめは自分が滑ることが目的で、

雄斗さんをスケボーに

連れて行っていたのですが、

そのうちに雄斗さんのスケボーの才能に気付きます。

雄斗さんに教えることが優先になっていき、

雄斗さんをスケーターとして

育てることにのめり込んでいきました。

父・亮太さんは、スケボーの基本については

かなり厳しく雄斗さんに教えたようで、

周りからは熱血親父と思われていたそうですよ。

亮太さんは、他にも兄弟がいるのに

雄斗さんにだけスケートボードを

させたそうなんです。

その理由は直感で、

「こいつはロクなヤツにならなそうだから

何かさせた方が良いかなって思った」ということです…。

父である亮太さんは、スケボーのコンテストで

上位を目指すだけの練習は雄斗さんにはさせず、

自分だったり仲間と一緒に

切磋琢磨することに重きを置いていました。

スポンサーリンク

最後に

世界最高のスケーターの一人である

堀米雄斗選手は多くのスポンサーと契約しており、

年収などにも注目が集まっています。

日本とは違い、海外ではスケボーは

メジャーなスポーツとして知られており、

なんと世界のトップスケーター達になると、

その年収額は数十億円と言われています。

年収数億とも言われている

世界のトップスケーターたちと、

多くの大会で優勝を争っている堀米雄斗選手ですが、

おそらく年収は数億円と推測できます。

世界のトップスケーターの場合、

スポンサーに関しては1社だけでも契約を結ぶと、

サラリーマンの平均年収程度の収入が得られます。

シグネチャーモデルによる印税

ビデオ(DVD)出演の際の印税

CM・雑誌等のメディアへの出演料など

の副収入も考えると、

少なくとも堀米雄斗選手の年収は

数億円をはあると推測できます。

スケーターとして本場で活動しなければ

注目が集まらないといった思いもあり、

場所をロサンゼルスに移しています。

2年後にはロサンゼルスに200平米の家を建て、

庭に練習場まで作ってしまいました。

このとき年齢が21歳ということに驚きです。

6LDKの家にはリビングに夢だったビリヤード置いたり、

ゲストルームを二部屋、

オフィスやガレージまで完備されています。

堀米雄斗選手は家の庭にスケボーの

練習場を作っています。

堀米雄斗選手は、朝起きてご飯を食べたら

すぐ練習ができので便利だとおっしゃていました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スケートボードスポーツ選手芸能・ゴシップ
スポンサーリンク
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました