【犬飼貴丈】結婚相手に指原莉乃熱愛の真相や父親と母親との関係が衝撃!?

タレント
スポンサーリンク

【犬飼貴丈】結婚相手に指原莉乃熱愛の真相や父親と母親との関係が衝撃!?

犬飼貴丈さんの父親と母親についてですが、

犬飼貴丈さんの両親は、おそらく犬飼貴丈さんが

幼少の頃に離婚しており、

母子家庭であったことが推測されます。

犬飼貴丈さんが4歳の頃、父親がフィリピンパブに

はまってしまったことがきっかけでした。

父親は、そのままフィリピンパブで働いていた

フィリピン人と恋愛関係になり、

国外に駆け落ちしてしまいます。

12歳までは、父親が養育費を振り込んでいたようですが、

その後支払いがなくなり、

家計は厳しくなったそうです。

犬飼貴丈さんがジュノンボーイに応募する

きっかけとなったのは、母親です。

進路で悩んでいる犬飼貴丈さんに、

母親が「あんた顔だけはよく産んで

あげているのだから」と言い、

ジュノンボーイへの応募を勧めました。

そうしてなんとなく応募したものの、

見事グランプリを獲得しました。

仮面ライダービルドでのイベントでは、

犬飼貴丈さんの母親が最前列で

座っていたというエピソードも。

他の出演者によると、母親は「とんでもなく美人」だと

言われています。

また犬飼貴丈さんと母親は、

週1ペースで連絡を取り合っているようです。



【犬飼貴丈】俳優のプロフィールについて

名前  犬飼貴丈

生年月日  1994年6月13日(27歳)

出身地  徳島県

身長  176cm

血液型  0型

事務所  バーニングプロダクション

 

スポンサーリンク

調べてみましたが、犬飼貴丈さんは

家族構成を明かしていません。

犬飼貴丈さんには兄弟がいると

噂されていますが、詳細は不明です。

 

 

犬飼貴丈さんは「幼稚園を留年した」と

語っていますが、通常3年保育のところを

4年通園したという意味だと推測されます。

3歳の誕生月から入園できる保育園は

多くありますので、犬飼貴丈さんは3歳で

入園したようですね。

5歳の頃に好きな人ができますが、

歯垢を食べている姿を目撃してしまい、

熱が冷めてしまったそうです。

スポンサーリンク

【犬飼貴丈】俳優の学歴エピソードまとめ!

小学生のころに野球に出会い、夢中になります。

初めてレギュラーになったときの喜びは

相当なもので、今でもとても良い思い出だそうです。

容姿が中性的で、女の子のように見えたため、

チームメイトの初恋を奪ってしまう

事件が勃発しました。

バスケ部に入ろうと決めていた

犬飼貴丈さんでしたが、母親が野球のユニフォームを

購入したことで、野球部に入部することになります。

中学1年生の秋には部活に行かなくなりました。

中学2年生のころは、外腿に膝蹴りをする

遊びが流行り、常に足を引きずっていたといいます。

中学3年生では「大人や社会に怒りをぶつけていた」

と話しているので、反抗期まっただ中

だったのかもしれません。

 

 

陸上部に入部した犬飼貴丈さんは、

110mハードルの新人戦で

県6位になるなど活躍します。

高校1年生の夏には陸上部を辞めてしまいます。

その後はバイトをしつつ、

バンドを三つ掛け持ちし、

ギターとボーカルを担当していました。

芸能界入りをしたものの、高校卒業までは

仕事のたびに東京に通っていたそうです。

犬飼貴丈さんは都内の大学に進学したことが

わかっていますが、卒業した形跡がないため、

中退したといわれています。

大学2年生の時に昼ドラ『碧の海~LONG SUMMER』で

俳優デビューし、ファッションモデルとしても

活動を始めます。

当時はあまり仕事がなく、

事務所の事務作業をしていたそうです。

スポンサーリンク

【犬飼貴丈】俳優結婚相手に指原莉乃熱愛の真相は?

犬飼貴丈さんが、トーク番組「ダウンタウンなう」

に出演して指原莉乃のファンで大好きだと語りました。

犬飼の高校時代の友人から、

犬飼がAKB48の指原莉乃の大ファンで、

頭に“指原”のそり込みをして

登校してきたことがあるという

情報が寄せられたが、これについて

「“指原”ではないです。“さっしー”」と話し、

情報について概ね認め、周りを驚かせました。

犬飼によると、友人のグループ全員が

指原推しで、誰が一番指原を好きか

という話の流れで、指原への思いを他に

見せつけるために、ツーブロックの髪型の横部分に

“さっしー”とそり込みを入れたとのこと。

スポンサーリンク

最後に

犬飼貴丈が初主演を務めたのは、

テレビ朝日の平成仮面ライダーシリーズ

第19作目にあたる「仮面ライダービルド」です。

同作品で犬飼貴丈が演じたのは、

驚異的な頭脳を持つ天才物理学者の桐生戦兎(きりゅうせんと)。

「人体実験を施された」「科学者」「バイクに乗って戦う」など、

初代「仮面ライダー」を意識した作品で、

仮面ライダーが大好きだった

大人世代も楽しめる内容になっていました。

放送開始前に行われたインタビューで犬飼貴丈は、

趣味や特技を明かした後に

「特技は、ひざをすぐポキポキ鳴らせることです」と

自己紹介。特技はどのような場面で役立つのか?という

質問に対しては、「緊迫した空気のときにポキッと鳴らすと、

笑ってもらえる」「人をちょっと笑顔にできます」と

ユーモラスに答えていましたが、

同作品への出演が決まるまではほとんど仕事がなく、

「ラストチャンス」のつもりでオーディションに

挑んだといいます。気合い十分で挑んだ仮面ライダーが、

結果として俳優・犬飼貴丈を大きく

飛躍させることになりました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タレントドラマ俳優芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました