ドラマ 女優 芸能・ゴシップ

石橋静河(女優)中村倫也熱愛“2020年の女性像”注目の女優⁉

投稿日:

スポンサーリンク
スポンサーリンク
石橋静河(女優)中村倫也熱愛“2020年の女性像”を体現!?

火曜ドラマ『この恋あたためますか』(TBS系)で、

主演・森七菜の恋と仕事のライバル役を演じている石橋静河。

2020年版『東京ラブストーリー』(FOD)で赤名リカ役を演じるなど

近年は数多くの作品やCMに出演し、映画界からさらに活躍の場を広げている。

ダンサーとして活動しながら芝居の道に進んだという石橋。

そんなキャリアの転機となったのは、池松壮亮とW主演を務めた

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(2017年)だろう。

本作で、石橋は新人女優賞を数多く受賞。実力派若手女優の肩書きを欲しいままに。

二次元のようにデフォルメされたいわゆる王子様キャラを演じる中村と、

かわいらしい演技が特徴で、華のある恋愛ドラマヒロインらしい森に対し、

巧みな演技でじっくりと人間味を出していく石橋の演技という対比も興味深い。

森や中村と1対1で対峙するほどに、石橋の自然の魅力がより際立って見えるのだ。

キャリアわずか5年で確かな演技を見せる石橋。

『東京ラブストーリー』然り、『この恋あたためますか』然り、

働く女性が増加してきた時代背景が反映された作品とも言え、

2020年の女性たちの姿を代表して体現している女優の1人ではないだろうか。

スポンサーリンク

 

石橋静河(女優)のプロフィールについて

名前  石橋静河

生年月日  1994年7月8日(26歳)

出身地  東京都

身長  163cm

血液型  A型

事務所  Plage

スポンサーリンク

石橋静河さんは4歳からクラシックバレエを習い、

15歳の時にアメリカとカナダにバレエ留学をした経歴を持ちます。

石橋静河さんは元々両親が芸能人だったことから、

芸能界の厳しさを知っていたため、芸能界入りをするつもりは全くなかったそうです。

しかし、バレエ留学をしているうちに徐々に演劇の面白さを感じ、

少しずつ芸能界へ興味を持つようになったそうです。

石橋静河さんはバレエ留学後は2013年頃からダンサーとして

舞台を中心に活動をしていましたが、

2015年に現在の事務所からスカウトをされたことをきっかけに、

女優として芸能界入りを果たしています。

石橋静河さんは幼少期より多くの芸能事務所からマークされていた存在だったそうです。

このため、石橋静河さんがダンサーとして活動を始めた頃から多くの事務所が

スカウトのタイミングを狙っていたようです。

「二世タレント」として芸能界デビューを果たした石橋静河さんは、

2015年にいきなり舞台『銀河鉄道の夜 2015』に抜擢され、

2016年には舞台『逆鱗』にも出演するなど、主に舞台を中心に活動をしています。

2017年には映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』での

素晴らしい演技が高く評価され、ブルーリボン賞新人賞を受賞しています。

この賞は石橋静河さんの母親である女優の原田美枝子さんも過去に受賞していて、

史上初の親子での受賞となりました。

舞台以外にも映画やドラマなどにも出演するようになり、

2018年に放送された映画『きみの鳥はうたえる』での演技が評価され、

「第28回日本映画批評家大賞」の主演女優賞を受賞しています。

このように、石橋静河さんはまだ芸能界デビューして5年目ながらも、

多くの作品に出演した経歴を持ち、「現在最も勢いのある女優」としても知られています

スポンサーリンク

 

石橋静河(女優)中村倫也熱愛⁉

2人の共演が多くとっても仲が良いことで

その噂が広まった可能性が高いですね。

石橋静河さんと中村倫也さんの熱愛の証拠については

見つかりませんでした。

この動画の中で中村倫也さんは石橋静河さんの事を

『しーちゃん』と呼んでいます。

 

中村倫也さんに『しーちゃん』と呼ばれたら好きに

ならない女の子いないと思いませんか?(笑)

熱愛彼氏の証拠はありませんでしたが2人はとっても親密でしたので

可能性はあるのでないかと。。。

スポンサーリンク

 

石橋静河(女優)親有名人?

石橋静河さんは父親が俳優の石橋凌さん、

母親が女優の原田美枝子さんであり、両親ともに芸能人です。

石橋静河さんの父親である俳優の石橋凌さんは、

1956年7月生まれの現在63歳です。

石橋凌さんは1977年にロックバンドグループ『ARB』のメンバーとして

芸能界入りを果たしましたが、

1986年の映画『ア・ホーマンス』で俳優として活動を始めています。

石橋凌さんは初めはヤクザ役などの「悪役」を多く演じていましたが、

徐々に刑事役や判事役など多彩な役柄を演じるようになり、

現在は演技派俳優として知られています。

ちなみに「石橋凌」は芸名で、本名は「石橋秀樹」という名前だそうです。

石橋静河さんの母親である女優の原田美枝子さんは、

元々芸能界への強い憧れを持っていたそうで、

中学2年生の時に映画のオーディションに応募し、

その後芸能事務所からスカウトされたことをきっかけに晴れて芸能界入りを果たしました。

1974年の映画『恋は緑の風の中』での素晴らしい演技が高く評価された原田美枝子さんは、

その後も多くの出演作品に恵まれ、

1976年には「キネマ旬報主演女優賞」を受賞するなど、

演技派女優として知られるようになり、現在も芸能界で活躍しています。

石橋静河さんには兄と姉がいて、姉も芸能界で活動をしています。

石橋静河さんには4歳年上の兄がいますが、兄は大河さんという名前です。

石橋静河さんの兄の大河さんは芸能活動をしていないため、

出身大学や経歴などについての情報は全くありません。

石橋静河さんの4歳年上ということは2019年には29歳になる年齢なので、

大学を卒業して一般企業で働いていると見られています。

石橋静河さんには2歳年上の姉がいますが、姉は優河(ゆが)さんという名前です。

石橋静河さんの姉の優河さんは現在はシンガーソングライターとして、芸能界で活動をしています。

石橋静河さんの姉の優河さんは、高校時代に音楽活動に目覚め、

高校時代の同期たちとバンド活動を始め、

その後はライブハウスでアルバイトをして音楽活動を続けながら大学に通っています。

そして大学では作詞作曲や音楽制作、ギターを勉強したそうです。

石橋静河さんの姉の優河さんはとても伸びやかな歌声をしていて、

その歌唱力が凄いと話題になっています。

姉の優河さんはその歌唱力は折り紙付きですが、

感情豊かに歌い上げ、聞く人の心を惹きつける能力を持っていると言われています。

スポンサーリンク

 

最後に

このように素晴らしい両親を持つ石橋静河さんですが、

容姿や演技力が両親に似ていると話題になっています。

そんな石橋静河さんは両親の素晴らしい経歴に引け目を感じ、

初めは「二世タレント」であることを伏せていたそうです。

どんなに苦しい時も両親は石橋静河さんのことを側で

温かく見守ってくれたそうで、石橋静河さんは2018年のインタビューの際に

両親への感謝の気持ちを明かしています。

このことからも、石橋静河さん一家の家族の絆の深さが伺えますね。

石橋静河さんは現在女優として多くの作品に出演経歴を持ち、

その演技力が高く評価されるようになったため、

「親譲りの素晴らしい演技力を持つ女優」として注目を浴びています

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-ドラマ, 女優, 芸能・ゴシップ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

徹子の部屋 伊集院光2020年10月30日(金) 13時00分~13時30分豊富な知識を生かしテレビのクイズ番組では「雑学王」の異名を持つ

スポンサーリンク スポンサーリンク 徹子の部屋 伊集院光2020年10月30日(金) 13時00分~13時30分豊富な知識を生かしテレビのクイズ番組では「雑学王」の異名を持つ 番組の内容は、クイズ番組 …

山口紗弥加(女優)堂本剛との関係?等身大の自分を演じる!?

スポンサーリンク スポンサーリンク 山口紗弥加(女優)堂本剛との関係?等身大の自分を演じる!? 近年さまざまな作品で幅広い役柄を演じ、 確かな存在感を発揮し続ける女優の山口紗弥加が次に挑むのは、 マッ …

川崎麻世 実父・カイヤと夫婦を続けた理由、そして離婚を決断

川崎麻世 実父カイヤと夫婦を続けた理由、そして離婚を決断 俳優・川崎麻世(56)さんと夫婦だったカイヤさん2月3日、東京家庭裁判所で離婚が認められ ました。まだ裁判は終っていないのですが、いろいろあっ …

kaito(ドラマー)ミスチル母親?ミスチルの長男インスタ更新!

スポンサーリンク スポンサーリンク kaito(ドラマー)ミスチル母親?ミスチルの長男インスタ更新! ロックバンド「Mr.Children」の桜井和寿(50)の長男で、 ロックバンド「インナージャーニ …

山崎裕太 あっぱれさんま大先生泣くほど嫌でも番組やめられなかった裏事情

山崎裕太 あっぱれさんま大先生泣くほど嫌でも番組やめられなかった裏事情 当時は大先輩の大物タレント・明石家さんまさん相手に、ズバズバ言って笑わせてくれるヤンチャな子供だったが、今や名バイプレーヤーの1 …

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。