キートン山田(声優)滑舌⁉声優引退なぜ!?

声優

スポンサーリンク
スポンサーリンク
キートン山田(声優)滑舌声優引退なぜ!?

国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」(フジテレビ)のナレーションなどで

知られる声優のキートン山田(75)が声優業を引退することが4日、分かった。

番組も来年3月をもって卒業する。

アニメ「ゲッターロボ」の神隼人、「サイボーグ009」の004の声などを担当。

中でも1990年の放送開始から31年間ナレーションを務めた「ちびまる子ちゃん」では

温かいながらも皮肉の効いたツッコミや「後半へ続く…」のフレーズで親しまれてきた。

キートンは「皆さん、ありがとうございました!!番組はまだまだ

“後半へ続く”のである」とコメント。アニメ制作スタッフは

「時に鋭く、そして優しく、ずっとまる子たちを見守ってくれたキートン山田さん。

アニメスタッフ一同、感謝の言葉しかありません」とその功績を称えた。

後任のナレーターについては、オーディションなどを行い決定する。

フジテレビによると、キートンは来年3月28日午後6時の放送を最後に

「ちびまる子ちゃん」を卒業。本人から申し出があった。

最後の放送ではこれまでの長年の功績をねぎらうような演出を考えているという。

スポンサーリンク

 

キートン山田(声優)のプロフィールについて

名前  キートン山田  本名  山田 俊司(やまだ しゅんじ)

生年月日  1945年10月25日(75歳)

出身地  北海道三笠市

身長  176cm

血液型  A型

事務所  リマックス

スポンサーリンク

キートンは高卒後、建設会社勤務をしながら、

俳優を目指して劇団にも所属。退職後に声優デビューをして、

優しい人柄で慕われた。アニメ「ゲッターロボ」の神隼人、

「一休さん」の足利義満、「サイボーグ009」の004の声や、

テレビ朝日系「ポツンと一軒家」のナレーションなどで活躍してきた。

劇団に入ったもののまったく先が見えないし、

そのまま昼はサラリーマン、夜は劇団に通うという生活を続けていました。

東京出身の人や、地方出身でも僕より早く演劇を始めた人は、きれいな標準語をしゃべるし、

人前に出ても堂々としているんです。

でも僕は不器用で、子供の頃からほとんどしゃべらないくらい無口なタイプだったから、

何一つうまくできなくてね。

そう考えると、自分でも何で劇団に入ろうと思ったのかわからない(笑)。

でも2、3年続けているうちに、人前に立つ恥ずかしさもなくなり、

演技をすることが次第に楽しくなってきたんです。

劇団の公演があると夜だけの活動というわけにはいかないんです。

そういうときは会社を休んだり、誰かに仕事を代わってもらったりしていたんですが、

そういうことも次第にしづらくなっていたので、思い切って退職しました。

そしてアルバイトをしながら役者の勉強を続けることにしましたが、

今考えるとかなり無謀ですね(笑)。

黙って会社を辞めてしまっていたので、僕を連れ戻すために伯父が上京してきたくらいです。

でも僕は辞める気はなかった。逆に、夢に破れて地元に帰って

「ほら見たことか」と言われるのが悔しくて、

とにかく一人前の役者になろうと余計にのめり込みました。

僕が24歳のとき、日本初の声優専門プロダクションである

青二プロダクションが設立されました。その創立メンバーだった柴田秀勝さんが、

僕のアルバイト先に客として来ていて。その縁で、

青二プロダクションに預かり所属ということになりました。

それから半年くらいたって、いきなりアニメの仕事をいただいてしまったんです。

もちろんできないなんて言えませんから、見よう見まねで演技をしました。

声の仕事も、やり始めると奥が深いんです。

何しろ、決められた尺の中にセリフを入れなければならないし、

洋画に至ってはすでに画面の中で俳優さんが演技をしてしまっているわけですから、

その演技にも合わせなきゃいけない。

スポンサーリンク

 

キートン山田(声優)滑舌

現在のところ、引退の理由について本人は一切言及していません。

興味深い発言が確認されたのです。

滑舌を保つためにしていることはありますか?

どんどん悪くなるので、年を感じるんだけど(苦笑)。

口周りの筋肉が大事だから、

風呂に入っているときに口の運動を毎日しています。

キートンさんは滑舌が年々悪化していたのです。

滑舌の悪化を防ぐために、「口の運動」や

「寝る前に龍角散を飲む」といった対策を講じています。

「滑舌の悪化」や「体力の低下」が引退の理由になった

可能性はゼロではないでしょう。

スポンサーリンク

 

キートン山田(声優)嫁?

キートンさんは2度の結婚歴があり、現在の妻は2人目となります。

奥さんの名前は「志保」さんといい、2006年に結婚しました。

志保さんはストリートミュージシャンとして活動しており、

2人組女性デュオ「白玉」のボーカルを務めていました。

さらに驚くべきは2人の年齢差です。

2006年当時、キートンさんは61歳、奥さんは29歳だったのです。

32歳の年齢差を超えて結婚に至った2人ですが、

もともとは声優学校の「講師」と「生徒」という関係でした。

2人が初めて出会ったのは1996年の時。

志保さんは声優学校を卒業した後、

キートンさんが主宰する劇団「ゲキフリ」に入団。

志保さんはこの劇団に4年間在籍した後に退団。

退団後もキートンさんとの交流は続いており、

2006年3月に交際をスタートさせました。

同年10月に結婚したというわけです。

スポンサーリンク

 

最後に

キートン山田さんの元嫁との間の子供が3人と孫が5人出席し、

5人の孫から花束を受け取ったこと、

新しい奥さんは、3人の子供たちよりも年下だということで、

キートン山田さんには子供が3人いるのだということが分かったのです。

いつもにこにこと優しそうな笑顔を浮かべていらっしゃるキートン山田さんですが、

実は創価学会の信者なのではないか?という噂もあります。

この噂は本当のようで、創価学会が発行している聖教新聞にも

取り上げられていたことがわかりました。

信仰歴47年で支部の福祉部長もされていたことがあるようなのです

宗教は自由なので、どなたがどんな宗教を信仰されていようと、

自由だとは思いますが、声優さんに創価学会信者が多いというのは

案外本当なのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
声優芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました