小島慶子(タレント)写真集〈エア離婚〉夫婦のあり方模索中⁉

アナウンサー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
小島慶子(タレント)写真集〈エア離婚〉夫婦のあり方模索中!?

家族が暮らすオーストラリアに帰ることができないまま10ヵ月。

長男の卒業式に出られず、次男には身長を抜かれた。

コロナで会えなくても、家族は成長する。

ならば、「解散」を宣言した夫との関係はどうか

家族と暮らすオーストラリアのパースと東京を行き来して、6年になります。

これまでは2~3ヵ月ごとに往復していたのが、

新型コロナウイルス感染症の影響で、今年の1月からずっと東京暮らしです。

その間に長男は高校を卒業し、中学3年の次男は、私を追い越すほどに背が伸びました。

息子たちや夫とは、もう10ヵ月近くビデオ通話だけのやりとりに。

「大変だけど、みんなで一緒に乗り越えよう」と、

移住したばかりの頃のように鼓舞しあっています。

夫と私は2年前から「エア離婚」状態にあります。

エア離婚というのは私の造語で、次男が大学に入る4年後に離婚することを視野に入れ、

お互いがそれに向けて準備をする段階のこと。

現在は私が経済を支え、

夫が家事と子育てを担当する役割分担が実によく機能しています。

子育てユニットとしての役割が終わったら、解散の方向でいこう。

その予定だったのが、コロナ禍にあって私の中にほんの少し、変化が生まれました。

自分が、そして夫が、コロナで死ぬかもしれないとリアルに想定したら、

思った以上に私にとって夫の存在は大きなものなんだな、と気づいたのです。

「こんな人とは老後を過ごせない」と私からエア離婚を突きつけはしましたが、

夫は気持ちの安定した、穏やかでとても優しい人です。

出会って20年、私がどんなに辛辣に言いつのっても決して激昂しません。

息子たちも「パパは一生懸命、僕たちの面倒をみて家のことをやってくれるよ」と言います。

もし今、彼と死別してしまったら、もう子どものこまやかな

思い出を話しあえる人はいないのです。

家族として、私はあまりにも多くのものを彼とシェアしてしまっていました。

彼はこれまでで最も私を苦しめた人でもあります。長男が生まれた直後、

「妻が子どもにかかりきりで構ってくれない」と拗ねて、歓楽街で女性をモノのように消費。

それが原因で私は健康を害し、さらに不安障害を発症し、

不安定な精神を抱えたまま、仕事と子育てに身を削りました。

夫の懇願もあって離婚を思いとどまった私は、

「彼があんなことをしたのも自分が悪かったから」と、

ものの見方を無理やり歪めました。つらい記憶にフタをしたのですが、

夫が仕事を辞め、私が大黒柱となって出稼ぎ生活を続けるなかで、

精神的な限界に達したのです。

弱い立場にある無関係の女性のことは人間扱いせず、

帰宅すればそしらぬ顔で妻に優しい良い夫をやっていた二面性が心底恐ろしかった。

フラッシュバックに苦しみ、死を思う夜もありました

パースに戻ったときに、夫と、当時14歳と10歳の息子たちを前に、家族会議を開きました。

わが家ではもう性教育は一通り終えていて、女性の人権についても説明していました。

それでも多感な年齢の彼らに対し、

父親の愚行や両親の関係の危機をあからさまに示すという、

かなり酷なことをしたと思います。私は、単なる家庭内の不祥事ではなく、

父親の行為は女性蔑視であり、

それに無自覚であってはいけないことをどうしても息子たちに伝えたかったのです。

彼らは懸命に考えたうえで「それでもパパが好き。家族の形はこのままがいい」と言いました。

しかし夫はうなだれて「うまく言えないんだ」と言うだけ。

私は深く絶望しました。

そして、子育て終了後の離婚を念頭に置いて今から準備を進めよう、と心に決めたのです。

家族会議をした以上は、夫が自らの過ちから学んだことを

息子たちに語るのが重要だと思いました。

数年、何度夫とこの話し合いをし、どれだけの参考資料を送ったことか。

けれども彼の反応は通り一遍の「読みました」とか、「申し訳ありません」。

謝罪のことばではなく、あなたの考えが聞きたいのだと言い続けました。

半年近くが経ったとき、夫に変化が表れました。

7月に、アメリカの女性議員オカシオ・コルテスが、

彼女を議場で公然と侮辱した男性議員の

「自分には妻や娘もいる。女性差別主義者ではない」という弁明に敢然と反論。

「あなたがしたことは、自身の妻子を含むすべての女性への性差別を容認する行為だ」と

理路整然と述べ、支持を集めました。

初めて真っ当な返事が来たのです。「自分は無知だった。自分の行為を正当化して、

女性差別に加担していたことが、よくわかった。息子たちにも話す」と。

これで一気に「じゃあエア離婚も解消ね」とまではなりません(笑)。

ただ、変わっていく彼となら生きられるかもと思ったのは事実です。

スポンサーリンク

 

小島慶子(タレント)のプロフィールについて

名前  小島慶子

生年月日  1972年7月27日(48歳)

出身地  オーストラリア

身長  172cm

血液型  B型

事務所  ビッグベン

スポンサーリンク

生まれはオーストラリアのパースで、その後、シンガポール、

香港を経て、日本の東京都へとやってきたのですね。

小学生以降は、日本で育っていました。

帰国子女という経歴は、小島さんが働いてくうえでは、

かなりプラスになったに違いありません。

小島元アナは、中学と高校は学習院、大学も学習院大学法学部政治学科を卒業という、

あまりにもセレブな経歴の持ち主でした。

小島慶子さんは、1995年にTBSに入社して、

アナウンサー(30期生)としての人生を歩み始めていきます。

日立『世界・ふしぎ発見!』のミステリーハンターとなって、

有名になっていくことに。

TBS時代には、『オールスター感謝祭』、『時事放談』などに出演したことによって、

おおいに活躍しました。

小島さんは、2010年、15年在社したTBSを退社。

独立後も、『ゴロウ・デラックス』、

『ノンストップ!』といった番組に出演しています。

スポンサーリンク

小島慶子(タレント)写真集

人気ラジオパーソナリティ小島慶子が、39歳にして繰り出す初の写真集。

3人の写真家がそれぞれに撮りためた写真で構成し、

各所に本人執筆のエッセイも挿入。小島慶子の生き様がここに。

あのカリスマラジオパーソナリティが色とりどりの水着を身に纏い、

衝撃のグラビア初挑戦。ラジオの現場で生き生きと輝く小島慶子の「いま」を、

本誌未公開カットを集めた写真集と撮影に密着した

スペシャルムービー &インタビューでお伝えします。

スポンサーリンク

「不安でいっぱいですが、よろしくお願いいたします」と撮影前に笑っていた彼女は、

2日間のロケで本当にグラビアの似合う女性になっていました。

「38歳でもグラビア楽しそうだな。悪くないな。

見た人にそう思っていただけるなら、 本当にうれしいですね」。

本誌独占撮り下ろし、衝撃の袋とじグラビアでは見せられなかったアザーカット

90点超を写真集にまとめて配信いたします。凛々しいセミフォーマルの衣装から、

カジュアルなワンピースにセクシーなドレス、そしてもちろん赤や青の水着まで、

颯爽と着こなした写真の数々はまさに永久保存版です。室内プールで撮影した、

あの“キラーショット”ももちろん健在。また、写真集に合わせてお送りする

メイキング映像・インタビュー映像も要注目。

何より、ラジオパーソナリティとしての

真骨頂を存分に発揮した“小島節”は、リスナーならずとも感激必至です!

「最初は、グラビアなんて冗談だと思いました。だから私も

『勇気ある企画をありがとうございます』と、笑って返したんです」

「アナウンサーを辞めた理由ですか? それはですね…」

「中年で、子どももふたりいて、胸もうすいけど『あ、いまの小島慶子悪くないじゃん』

って、感じてもらえるものができるなら、やってみようかなと思いましたね」

「コンドームはどのタイミングで付ければいいか?

そんなこと自分でやってみて、失敗して覚えなさい!」

…グラビア出演の経緯から普段のラジオのトーク調で

語る人生相談まで、盛りだくさんの内容です!

スポンサーリンク

 

小島慶子(タレント)発達障害 NHK

発達障害といっても、その特性は多様です。

主に、人とのコミュニケーションが苦手だったり、こだわりが強かったりという

ASD(自閉スペクトラム症)、注意が散漫になったり、

忘れ物が多かったりするADHD(注意欠如・多動症)、

読み書きや計算といった特定の分野の勉強が苦手というLD(学習障害)です。

小島慶子さんは、しゃべるのについ熱中してしまったり、

スケジュールを守れなかったりという困りごとがあるそうなんです。

数日間ご自宅にお邪魔させていただいて、なぜ時間が守れないのか、

また、それに対してどんな工夫をしているのかなどを見させていただきました。

自分が「できないこと」「苦手なこと」を正面から受け止めて、

そのうえでどうすればいいか考えているところです。

そして、ときには、周りのサポートも得て、それを乗り越えています。

だからこそ、それぞれの世界でご活躍されているのだと思います。

スポンサーリンク

 

最後に

小島さんのプライベートな話題といえば、

オーストラリアへの移住が挙げられるかと思います。

小島さんは育ちこそ日本だったものの、オーストラリアのパースの生まれでした。

オーストラリアのパースへと2014年、再移住していたのですね。

小島さんが生まれ故郷へと戻ることに決めた理由とは、

いったい、何だったのでしょうか?

それまで働いていた夫が退職したのがキッカケだったそうです。

小島慶子さんには、この夫のあいだに子供もいますので、

家族そろって心機一転ということでしょうね。

小島慶子さんの夫は異例でした。

番組制作会社に勤務していたものの、退社後は無職になっていたのです。

要は専業主夫ということだとか

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました