コメディアン 芸能・ゴシップ

小松政夫(コメディアン)伊東四朗「しらけ鳥音頭」死去!

投稿日:

スポンサーリンク
スポンサーリンク
小松政夫(コメディアン)伊東四朗「しらけ鳥音頭」死去!

「小松の親分さん」や「しらけ鳥」のネタや歌で昭和の人気コメディアンとして

活躍した俳優の小松政夫(こまつ・まさお、本名・松崎 雅臣=まつざき・まさおみ)さんが

7日午前6時51分、肝細胞がんのため都内の病院で死去した。

78歳。福岡県出身。通夜は10日に、葬儀・告別式は11日に家族らで執り行った。

喪主は妻・朋子(ともこ)さん。

小松さんは昨年11月の定期健診で肝細胞が見つかり、入退院を繰り返していた。

抗がん剤治療を受けながら仕事も続行。

俳優としてドラマなどに出演する一方、

ラジオ番組などで軽妙なトークを披露していた。

今年11月14日に再入院後は容体が回復せず、

最期は朋子さんら家族に看取られながら息を引き取った。

スポンサーリンク

 

小松政夫(コメディアン)のプロフィールについて

名前  小松政夫  本名  松崎 雅臣(まつざき まさおみ)

生年月日  1942年1月10日(78歳)

出身地  福岡県福岡市博多区

身長  165cm

血液型  A型

事務所  ドン・タック

スポンサーリンク

小松さんが植木等さんの付き人だった時、

「シャボン玉ホリデー」にコメディアンとして出演することになったのですが、

その際、レギュラーに俳優の松崎真さんという方がおり、

「松崎」と呼ぶと、二人とも返事をして紛らわしかったため、

小松さんは、「小さい方の松崎」という意味で「小松」と

呼ばれるようになったのだそうです。

下の名前の方はというと、姓名判断に凝っていた植木さんのおばあさんに見てもらって、

「小松」に合う「政夫」となったのだそうです。

小松さんは、福岡・博多の繁華街で菓子店を経営する両親のもと、

7人兄弟の5番目として誕生すると、配給を求めて長い列ができる時代に、

朝食にハムエッグ、トースト、チョコレートを食べるなど、

裕福な家庭で何不自由なく育ったそうです。

小松さんの家の前は、焼け野原だったそうですが、バナナの叩き売り、

蛇の薬売り、十徳ナイフのたたき売りなどの、

テキヤが入れ替わり立ち替わり来ていたそうで、

全部覚えてしまったそうで、「バナナの叩き売り」や「がまの油」などの口上を

学校で披露しているうちに、「まさ坊(小松さんの愛称)の演芸会」というのを始めることに。

小松さんの自宅(ビル)の4階は倉庫だったことから、

小松さんは、そこを片付けて、自身でガリ版を切り、入場券を作るなど、

早くも、コメディアンとしての才能を発揮されたのでした。

小松さんが中学1年生(13歳)の時、お父さんが

「結核」で他界してしまうと、生活は一転。

初めて、お母さんでさえも知らない、ものすごい額の借金があることが分かり、

小松さん一家は、お父さんが建てたビルを追い出されてしまいます。

庭付きの一軒家に引っ越しされるのですが、やがて、そこの家賃も払えなくなってしまい、

今度は庭のない一軒家に引っ越し。

小さい一軒家に引っ越しといった感じで、住む家がどんどん小さくなっていき、

とうとう最後に落ち着いたのは、六畳と四畳半2間、

共同トイレ、共同炊事場のアパートだったそうです。

その狭い空間に、一家6人がひしめいて住んでいたそうですが、

小松さん以外は全員女性だったそうで、この時、すでに高校生になっていた小松さんは、

いたたまれず、とても辛かったそうです。

一時は、家出してやろうと思ったこともあったそうですが、

やはり家族のために働かなきゃいけないと、定時制の高校に通いながら、

昼間は知人のつてでアルバイトとして採用してもらった老舗和菓子店

「石村萬盛堂」で働いて家計を助けられたのだそうです。

スポンサーリンク

 

小松政夫(コメディアン)伊東四朗

小松政夫は、1970年代の終わり、伊東四郎と出演した、

NET(現テレビ朝日)バラエティ番組「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」で、

「悪ガキ一家の鬼かあちゃん」のコントや、電線音頭で、一世を風靡します。

伊東四郎は、「てんぷくトリオ」という人気コントグループのメンバーでしたが、

メンバーの戸塚睦夫が早くに亡くなり、ピンのコメディアンとしても活躍していました。

電線音頭は、伊東四朗扮する「ベンジャミン伊東」と、

小松政夫の「小松与太八左衛門」、そして電線マンが、

「チュチュンガチュン、チュチュンガチュン。

電線にスズメが三羽とまってさ。それを猟師が鉄砲で撃ってさ。

煮てさ、焼いてさ 食ってさ。ヨイヨイヨイヨイ、オットットット!

ヨイヨイヨイヨイ オットットット!」という音頭を、

みんなでひたすら狂喜乱舞するだけなのですが、バブル期を予感してか、

この音頭が日本中で狂ったように流行りました。

小松政夫が、マペットを使って歌う、「しーらけ鳥飛んでいく、

南の空に。みじめ、みじめ~」の「しらけ鳥音頭」も大ヒットしました。

志村けんの「カラスの勝手でしょ」が登場するのは、このヒットから3年後のことです。

スポンサーリンク

 

小松政夫(コメディアン)植木等

小松政夫の師匠であった植木等のギャグといえば、伝説のバラエティ番組

「しゃぼん玉ホリデー」内で披露された「お呼びでない」です。

小松政夫が、植木等の出番を間違えて知らせ、

全く関係のないシーンに出てしまったという植木等。

とっさに、「お呼びでない?お呼びでないっ、こりゃまた失礼いたしました!」とアドリブで叫び、

これが大ウケして生まれたと伝えられています。

小松政夫は、実はこれは、植木等が自分(小松政夫)を売り出すために

エピソードして語ってくれたことだと恐縮しています。

植木等は、小松政夫が付き人となった時、

小松政夫の父がすでに亡くなったことを聞き、これからは、

俺を父と思ってがんばれと励ましました。以後、小松政夫は、植木等をオヤジさんと慕い、

植木等が亡くなった時は、植木等を死装束に着替えさせたといいます。

2人の間には、誰にも代えがたい師弟関係が築かれていたようです。

スポンサーリンク

 

最後に

小松政夫の芸の神髄は、まさに受ける芸、ボケにあるのではないでしょうか。

だからこそ、ツッコミが良ければ、変幻自在に変化する芸といえます。

小松政夫は、伊東四郎だけでなく、同郷であるタモリとのコンビでも有名です。

伊東四郎とのコンビが、狂気のスラップスティックならば、

タモリとは、まさに宴会芸の極地ともいうべきものでした。

まさに小松政夫は、芸と祭りが大好きな、博多が生んだ偉大な「のぼせもん」です。

ところで、小松政夫がブレイクしたのは、往年の映画評論家、淀川長治のモノマネでした。

「まあ、すごかったですね、小松政夫。それではみなさん、

またお会いしましょう。サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」。

 

小松政夫は、今や日本喜劇人協会会長ですが、36年ぶりに新曲を出しました。

曲名はズバリ、「親父の名字で生きてます」。

亡き師匠、植木等への想いを切々と歌った真面目な演歌です。

また、年明けからは、「いつも心にシャボン玉」と題して、

小松政夫芸能生活50周年記念公演を、東京、名古屋、大阪、福岡の4都市で公演します。

植木等が所属していた伝説のコミックバンド「クレージーキャッツ」が得意とした、

ビッグバンドとの共演による音楽コントや、旬の若手芸人とコラボした、

小松政夫のキレのよいコントは必見です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-コメディアン, 芸能・ゴシップ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ホンマでっか!?TV水川あさみ(女優)出演で三浦春馬ツーリスト共演感想は?

スポンサーリンク ホンマでっか!?TV水川あさみ出演で三浦春馬ツーリスト共演感想は? 2020年9月2日(水) 21時00分~21時54分のホンマでっか!?TV 出演したときの水川あさみ(女優)レスト …

錦織圭(プロテニス選手)はぐきが気になりますが、山内舞さんと結婚!!

スポンサーリンク スポンサーリンク 錦織圭(プロテニス選手)はぐき山内舞さんとの結婚!! 男子テニスで、元世界4位の錦織圭(30=日清食品)が18日、 自身のアプリで元モデルの山内舞さん(29)と11 …

川口春奈 笑顔 秘密矢地祐介交際報道で結婚?

川口春奈 笑顔 秘密矢地祐介交際報道で結婚? 女優川口春奈(25)の仕事量。次から次へと仕事を入れているのだ。 テレビ関係者の間で大きなミステリーとして注目されています。 4月から「Going!Spo …

山瀬まみ(歌手)は、昔からかわいい旦那とのなれそめは?

山瀬まみ(歌手)は、昔からかわいい旦那とのなれそめは? 2020年7月18日(土) 19時00分~20時54分天才!志村どうぶつ園の 番組の秘書として出演しています。 天才!志村どうぶつ園の園長の志村 …

exile atsushi(歌手)結婚願望は?EXILE卒業でソロ専念!

スポンサーリンク スポンサーリンク exile atsushi(歌手)結婚願望は?EXILE卒業でソロ専念! EXILE ATSUSHI(40)が、11月2日をもってグループとしてのEXILEの活動を …

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。