小堺一機(お笑いタレント)自宅渋谷区なぜバラエティ番組で見かけないのか?

タレント


スポンサーリンク
小堺一機(お笑いタレント)自宅渋谷区なぜバラエティ番組で見かけないのか?
芸歴44年、小堺一機(65)が今春放送の単発ドラマ

「ずんずん!」(テレ朝)に主演することが発表された。

地域住民を救う牛乳配達人を演じる。

NHK大河ドラマ「八重の桜」(2013年)の岩倉具視役など

ドラマ経験は豊富だが、主演は実に16年ぶりだ。

萩本欽一直系のコメディアンである小堺。

専修大学在学中の1977年、「ぎんざNOW!」の素人参加コーナーで

チャンピオンに輝き、萩本擁する浅井企画入り。

そこで盟友・関根勤(67)とも出会った。

「ごきげんよう」終了以降、小堺をテレビで見る機会は減少。

関根のように、バラエティのひな壇に座ることも殆どない。

「後輩に突っ込まれて相好を崩す関根とは対照的に、

小堺はそれをよしとはせず、あくまでイジり役が本領という自負がある。

実は厳格で、相対すると意外にオーラもある小堺。

後輩芸人にすれば、気軽には突っ込めないという面もあるが……」

タレント、素人問わずイジり倒し、爆笑をさらった

“欽ちゃんイズム”の後継者は、関根ではなく小堺なのだという。

スポンサーリンク

小堺一機(お笑いタレント)のプロフィールについて

名前  小堺一機

生年月日  1956年1月3日(65歳)

出身地  千葉県市川市

身長  165cm

血液型  A型

事務所  浅井企画

スポンサーリンク

1977年5月、バラエティ番組『ぎんざNOW』(TBS系)の

素人コメディアン道場に出場し、

チャンピオンになる。1980年に浅井企画に所属。

バラエティトーク番組『ライオンのごきげんよう』(フジテレビ系)では

前身番組の『ライオンのいただきます』(フジテレビ系)を含め、

31年半も司会を務めた。

現在はテレビやラジオ、舞台などさまざまな場所で活躍中。

小堺一機さんと関根勤さんは2人で『コサキン』と呼ばれています。

小堺一機さんの『コサ』と関根勤さんの名前を音読みした

『キン』を合わせたコンビ名です。

2人は下積み時代から同じ釜の飯を食べてきた仲だそうで、

関根勤さんは小堺一機さんとの関係を『芸能界の幼なじみ』と表現しました。

小堺一機さんも、関根勤さんといると不思議な化学反応が起こり、

これまで思いつかなかった言葉が頭の中に出てくるそうです。

相性抜群の2人はラジオやテレビ、舞台などでたびたび共演しています。

そんな2人が1981~2009年まで20年以上にわたって

パーソナリティを務めていたラジオ番組『コサキンDEワァオ!』(TBSラジオ)。

小堺一機さんと関根勤さんの絶妙なやりとりと、

独自の世界観から名物コーナーがいくつも生まれました。

同ラジオ番組は、2010年4月からバラエティ番組

『コサキンDEラ゛シ゛オ゛!』(BS朝日)としてテレビで復活。

『コサキンDEラ゛シ゛オ゛!~グレ盤~』には『毒のある裏の顔』や

『中学生が考えるような下ネタ』など、普段は聴けないトークが盛りだくさん。

小堺一機さんは関根勤さんにしか話せないこともあると全幅の信頼を置いています。

スポンサーリンク

小堺一機(お笑いタレント)自宅渋谷区

小堺一機の自宅は東京都渋谷区です。

小堺一機の自宅は、地下2階地上3階建ての豪邸ですね。

DVD鑑賞が趣味ですので、

地下のホームシアターで楽しんでいるのでしょう。

自宅の画像なども出回っていませんが、豪邸だということが分かりますよね。

長年番組の司会などで活躍されていたので相当お金持ちなんでしょうね。

2019年には小堺一幾さんの自宅に空き巣が入り、

高級腕時計など1,500万円相当を盗まれたとういことで話題になりました。

被害に遭われたことは残念ですが、ご本人が無事でよかったですよね。

スポンサーリンク

小堺一機(お笑いタレント)息子競馬

タレントや司会者として有名な小堺一機さんと母親の間に生まれました。

小堺翔太さんには兄妹がおり、2人の妹の兄として幼少期を過ごしています。

高校を卒業後、東京都板橋区にある帝京大学文学部社会学科に入学。

大学在学中には放送研究会に入り、学園祭で司会をしたり、

『エフエム世田谷』という番組を制作したりと精力的に活動していました。

また、大学2年生の時にはラジオで親子共演を果たしています。

大学入学当時はアナウンサー志望ではなかったものの、

次第にアナウンサーを目指すようになり、

大学4年生の時には『東京アナウンスアカデミー』に入学。

1年間通いました。

小堺翔太はローカル局の番組で何本かレギュラーを持っています。

その中の一つが中央競馬全レース中継。

この番組がきっかけで、小堺翔太は競馬が趣味になったとか。

しかし、小堺翔太のレギュラー番組数は6本!

父・小堺一機も顔負けのレギュラーの本数です!

 

小堺翔太さんが25歳頃の2011年、トヨタのCM『トヨタレンタリース埼玉』で

デビューを果たし、その後は千葉テレビやテレビ埼玉などを中心に活動しています。

また、2014年に放送されたNHKの大河ドラマ『軍師官兵衛』では、

織田信雄役で俳優デビューしました。

スポンサーリンク

最後に

優しい雰囲気が特徴的な小堺翔太さんですが、

インターネット上では俳優や歌手として大活躍の星野源さんに

似ていると話題になっています。

一体どこが似ているのでしょうか?

小堺翔太さんと星野源さんに共通しているのは、

柔らかくて優しい雰囲気です。

また、色白の塩顔な点も似ているかもしれませんね。

しかし、お2人の顔をよく見てみると、小堺翔太さんは可愛らしい雰囲気で、

星野源さんはクールで大人っぽい雰囲気のように感じます。

『エフエム世田谷』は、世田谷区や一部地域で放送される番組の制作を行う

放送局の名称で、1985年に設立されました。

地元のディープな情報を発信しており、

世田谷区議会の録音中継なども行われているようです。

興味のある方は、ぜひチェックしてみましょう。

小堺一機さんが司会を務めたお昼の長寿番組

『ライオンのごきげんよう』(フジテレビ系)が2016年に幕を閉じました。

1984年10月に始まった前身の『ライオンのいただきます』と合わせて

31年半という長きにわたる放送でした。

『NEWSポストセブン』によると、『ごきげんよう』が視聴者に支持されて、

長く続いた秘訣は小堺一機さんの『聞く力』にあると紹介されています。

サイコロトークでどんなテーマが出てきても、

小堺一機さんはゲストの話にじっくりと耳を傾け、

ゲストがトークで困っても小堺一機さんが笑いに変えてくれる

安心があったと分析していました。

常にお客さんを楽しませることを優先して考えている小堺一機さん。

トークだけでなく、歌などの才能を発揮して活躍の場を広げています。

今後はどんな楽しいことをしてくれるのか期待されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タレント芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました