草刈民代【女優】ヌード写真集美貌に驚愕や映画「終の信託」の濃厚シーンに幼馴染が映画に出演!?

ドラマ
スポンサーリンク

草刈民代【女優】ヌード写真集美貌に驚愕や映画「終の信託」の濃厚シーンに幼馴染が映画に出演!?

草刈民代さん、テレビ朝日系「あいつ今何してる?」

にゲスト出演し、小学校からの

“異端同級生”とモニター越しに再会しました。

小中高と同級生だったその女性とは、

よく映画を見に行っていた仲良し。

お互い、見たい映画が違った時には、

それぞれ希望の作品を見た後に

落ち合うという不思議なデートもしたという。

 

 

草刈は「私、怖い映画を見られないんだけど、

彼女が選んだのが『13日の金曜日』。

怖くて一緒に入れない」と苦笑いで振り返った。

草刈が聞いたうわさ話通り、女性はかつて

映画やCMにも出演していたという。

しかも、初めて出たのがハリウッド映画の名作で、

松田優作さんや高倉健さんも出演した

「ブラック・レイン」。女性は高倉さんと

同じシーンで共演もしていた。

番組でそのシーンが流されると、

草刈は「まさか出てるとは思わないから分からなかった

けど、よく見たら…」と驚いていました。

番組の取材では、女性は現在、米ハワイ在住。

ハワイを舞台にした映画、CMなどで

俳優を手配する仕事をしていることが分かった。

女性は「今まで何も知らない人たちが、

急に映画の主役に出ちゃったり、

そういう人たちの人生のきっかけの

お手伝いをするのは、すごく楽しい」と、

仕事へのやりがいを口にしていた。

女性はクレジットカードのCMで、

レオナルド・ディカプリオとも共演。

「『タイタニック』(に出演)した後だったから、

すごく有名で。撮影の日まで

『有名な人と仕事するのよ』と言われていて、

誰かは教えてくれなくて。セットに来たら

レオナルドさんでした」と、撮影当日を振り返えりました。



草刈民代【女優】のプロフィールについて

名前  草刈民代

生年月日  1965年5月10日(56歳)

出身地  東京都新宿

身長  168cm

血液型 B型

事務所  ワタナベエンターテインメント

 

スポンサーリンク

草刈民代さんの実家は、父親・母親・長女民代・

次女・三女の構成の5人家族のようです。

草刈民代の父親は、草刈龍平さんで

彼女のご実家の会社は、中央精版印刷株式会社という

印刷会社を経営していまして、

大正時代から続いているとのことです。

本社の他に4つの工場を持つ大会社で

祖父(草刈親雄)も父も代々社長を務め、

現在は妹の草刈明代さんが社長を務めています。

会社は、集英社の大人気漫画

「ONE-PIECE」の印刷から製本まで一括で

担当されていることで有名なんだそうです。

草刈さんはさんは三人姉妹です。

草刈さんが長女になり、

次女が草刈さんの1歳年下。

三女が草刈さんの2歳年下になりますので、

この三姉妹は年子ではないでしょうか。

草刈さんは、子供の頃から

自己中心的な性格だったそうです。

 

 

身長は大きく、体を動かすことが

大好きだった草刈りさんで、

小学校低学年の頃は、自宅から10㎞以上離れた

埼玉県朝霞市まで自転車で

行ったことがあったとか!

1972年の札幌五輪に出場した

フィギュア選手のジャネット・リンを観て

「踊りたい」と思った草刈りさん。

当時の草刈りさんは8歳でしたが

「プロのバレエダンサーになる!」と決心し練習を励み、

台風で休校になっても

バレエのレッスンには行ったそうです。

中学1年の時に、渋谷区富ケ谷にある

橘バレエ学校に入学した草刈りさんは、

バレエ中心の生活をおくっていたようです。

練習が深夜まであった次の日は、起きられなくて欠席。

遅刻して学校に行ってもバレエの

練習疲れか授業中によく寝ていたそうです。

幼稚園から高校まで一環教育の女子校に

通っていた草刈さんですが、

中学から高校に進学する頃は、

遅刻・欠席が多く草刈りさんの親が

何度も学校に呼び出されていたそうです。

草刈りさんが中学3年になった頃には、

「バレーリーナになりたいのに

高校に行ってもいいのか?!」と進学することを

疑問に思っていたそうです。

高校に進学して1ヶ月目にお父さんが

高校を辞めていいと言ってくれ、

バレエ一筋になった草刈さんで、

1981年16歳の時に高校を中退しました。

牧阿佐美バレエ団に入団していた草刈さんは、

18歳の時には主役クラスを演じるように。

高校生の頃には、精神的に行き詰まっていた

娘を心配したご両親は、高校の先生ではなく、

バレエの先生に娘のことを相談したそうです。

相談を受けた先生は「本気でやるなら私が預かる」と

言ってくれたとか。

それでお父さんの心が決まり、

草刈さんに退学のことを話されたのですね。

スポンサーリンク

草刈民代【女優】ヌード写真集美貌に驚愕!?

露出度では、現在活躍中の大物女優さんの中でも

トップクラスであろう草刈民代さん。

ヌード写真集であっても、

ただ脱ぐだけでは終わりません。

2012年2nd写真集『INTRINSIC』では、

「S」と「M」、どちらの姿も見せてくれました。

なんと黒色エナメルのボンデージ姿と、

縄が美しい肉体に食い込んだ緊縛姿です!

まさしく絵に描いたような「女王様」です。

なんというドエロさ!モノクロ画像なだけに、

白い肌と暗色の縄との対比が映えて、

さらにHさを増しています。

 

 

たくさんのヌードが掲載された写真集

「INTRINSIC」ですが、草刈民代さん

本人にとっては予想外なこともあったようです。

バストトップをあらわにした

大胆なカットもあり、

草刈は「正直、こんなに裸が

多くなるとは思わなかった」と苦笑。

それでも「写真集は、これが最後かな」と

見納めを示唆するほどの自信作で

「表現のチャレンジでした。今思えば、

この年にならないとできないことだと思う」と

胸を張っていました。

スポンサーリンク

草刈民代【女優】映画「終の信託」の濃厚シーンに

草刈と浅野忠信のベッドシーンについて、

周防監督は「妻が皆の前で裸になっている

ということに関しては、本っ当に気にならなかった。

それは夫婦のさ末な問題」ときっぱり。

続けて「撮影が始まって時間もたっていなかったし、

映画の中できちんと成立させることに

圧倒的な比重があったので、

そこはものすごく気を使った」と説明した。

 

 

草刈も、「どうにかしなきゃいけないという

思いが強かった感じ。私も集中すると

目に入らなくなってくるので」と述懐。

だが、「出発がピンク(映画)なので、

よく生きるか悪く生きるか。

悪く出たらどうしようとは気になっていた」と話し、

笑いを誘っていました。

スポンサーリンク

最後に

草刈民代といえば、日本を代表する元バレリーナ。

引退後は、女優として大活躍しています。

草刈民代のもつバレエに対する情熱はとても熱く

「バレエのためにならないことはしない」のだとか。

なので結婚してからも、「両立ができないから」と、

料理を作ることを結婚2年であきらめ、

子供もバレエができなくなるので作らない、

と決意したのです。それに対し、夫の周防正行監督も、

草刈民代の決定には反対はしなかったのだとか。

「本当にやりたいことならば、やりぬく」というのが

草刈民代の言葉。それだけ草刈民代が

バレエに人生を捧げている、ということなのでしょう。

草刈民代と同世代のバレリーナで、

格式ある英国のロイヤル・バレエ団で

プリンシパルを務めた人といえば吉田都。

 

 

草刈民代と吉田都は、永遠のライバルとして

挙げられることがありますが、

実際のところどうなのでしょうか。

草刈民代と吉田都の実力の差を図るときに

挙げられているのがローザンヌという

バレエコンクール。

吉田都は、決勝までコマを進めたのに対し、

草刈民代は予選落ちしました。

実力でプリンシパルを勝ち取った吉田都と、

裕福な家庭に生まれたおかげで

お金の力でプリンシパルをつかんだ

草刈民代というのが世間の見方のようです。

ちなみに吉田都は、現在もフリーランスで、

バレエやバレリーナの審査員などをしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ女優芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました