草尾毅(声優)スラムダンク映画化桜木花道役櫻井孝宏決定!?

俳優
スポンサーリンク

草尾毅(声優)スラムダンク映画化桜木花道役櫻井孝宏決定!?

人気漫画『SLAM DUNK』(スラムダンク)の

新作アニメ映画(タイトル未定)が、

2022年秋に公開されることが決定しました!

このご時世、明るいニュースで楽しみですね!!

PVではスタッフ情報も公開され、

監督・脚本は原作者の

井上雄彦氏が担当します!

PVでは湘北高校バスケ部のメンバーが

ユニフォーム姿で円陣を組んでいる

姿(ラフ絵)を見ることができるほか、

スタッフの名前がズラリ。

キャラクターデザイン/作画監督を

江原康之氏が務めるそうです!

スポンサーリンク

草尾毅(声優)のプロフィールについて

名前  草尾毅

生年月日  1965年11月20日(55歳)

出身地  埼玉県所沢市

身長        165cm

血液型  B型

事務所  青二プロダクション

 

スポンサーリンク

草尾毅は、高校卒業後に

就職しようと考えたときに、

声優養成所の存在を知って、

現在所属している事務所青二プロダクション経営の

声優養成所青二塾に入ります。

草尾毅は、青二塾東京港の第6期生として

青二塾で1年間声優の勉強をします。

草尾毅はその後、1987年に公開された

実写映画「紅い眼鏡/The Red Spectacles」で

死体役として芸能界デビューを果します。

意外ですね!最初は、声優ではなく

役者としてデビューしているんですね!

1987年にアニメ「AKIRA(甲斐)」で

声優デビューを果たしています。

その後、1989年のアニメ

「鎧伝サムライトルーパー」に出演したことが

きっかけで、音楽ユニット「NG5」を結成し、

多くの作品に出演している人気声優です。

桜木花道を演じた草尾毅は

代表作の鎧伝サムライトルーパーで、

サムライトルーパーの

1人真田遼(さなだりょう)を演じています。

草尾毅は、真田忍軍の子孫で、

カメラマンの父親と二人で暮らしている青年です。

人付き合いが苦手ですが、

仲間思いで仲間の為なら

無茶な行動をしてしまう

真田遼/烈火のリョウを演じています。

桜木花道を演じた草尾毅は

代表作のドラゴンボールZで、

ベジータとブルマの

息子トランクスを演じています。

スポンサーリンク

草尾毅(声優)スラムダンク映画化桜木花道役櫻井孝宏決定!?

あくままで、個人の意見ですが、

以前のアニメ声優が今回も変わらず

演じることを熱望する人がほとんどですが、

現役で活躍している声優でも、

歳を重ねている分、

「当時と同じ声を出すのは難しそう」という

意見が目立っているそうです!

「声優が続投してくれたら嬉しいが、

キャストが一新されるかもしれない」として、

新たな声優陣を予想するツイートが見られているそうです!

主人公「桜木花道」役に推されているのは、

アニメ「鬼滅の刃」冨岡義勇役などで

知られる櫻井孝宏さん

「SLAM DUNK」の魅力を猛烈にアピールしていて

再アニメ化を希望「その暁には出たい」と

話していたことから、ファンの中には、

「知ってたの?」「全くの偶然!?」と

タイムリーさに驚きつつ、何かしらの役で

出演してほしいと願う人がいるようです!

アニメ「ジョジョの奇妙な冒険

ダイヤモンドは砕けない」東方仗助役を

務めた小野友樹さんがいる。

ほかにも細谷佳正さん、逢坂良太さん、

小林親弘さんが名を連ねているそうです!

スポンサーリンク

草尾毅(声優)結婚相手の嫁斉藤佑圭馴れ初めは?

草尾毅さんと斎藤佑圭さんが

結婚されたわけですが、

出会いや馴れ初めは、

お二人共同じ青二プロダクション所属ですから

普段から顔を合わせる機会も多いと思うので

交際に発展するのも

不自然ではないですよね。

出演作品の中では

戦国無双などで

共演もされていますからね!

草尾毅さんに関しては50歳ということもあり、

今回の結婚で、まだ結婚していなかったことが

以外だったという声があったとか。

というのも声優さんは人気のある人になると

結婚などによって、業界での人気や、

作品の売り上げが大きく左右されるので、

結婚していてもその事実を

隠すというケースが多いみたいだから、

草尾毅さんも結婚を隠していたのではないかと

思われていたようですね。

スポンサーリンク

最後に

かっこいいと人気の桜木花道には、

モデルとなったバスケ選手が

二人いると注目を集めています。

桜木花道のモデルと言われている

1人目の人物が、「デニス・ロッドマン」です。

デニス・ロッドマンは、

1961年5月13日生まれ

アメリカニュージャージー州

トレントン出身のバスケットボール選手です。

デニス・ロッドマンは、

1980年代~90年代にかけてNBAで活躍し、

優れたディフェンダーかつ、

歴代屈指のリバウンダーと言われている

一流のバスケットボール選手です。

桜木花道と同じく背番号10で、

リバウンドが得意な点や、

特徴的な赤髪も似ていると言われており、

モデルではないか?と言われています。

しかし、赤髪になった時期が

作品と一致しないといった点が

疑問視されています。

2人目の人物が、「チャールズ・バークレー」です。

チャールズ・バークレーは、

1963年2月20日生まれ

アメリカ合衆国アラバマ州

リーズ出身のバスケットボール選手です。

NBAで16シーズンプレーし、

NBA史上最高のパワーフォワードと

呼ばれているバスケットボール選手です。

史上最高のパワーフォワードである一方で、

どの部門でも高い能力を持つ

高い身体能力のある点や、

毒舌な点もモデルになったと

言われるポイントです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
俳優声優歌手芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました