前田航基(まえだまえだ)[おかえりモネ]の存在感とストレス太りでも演技力は抜群!

お笑い芸人
スポンサーリンク

前田航基(まえだまえだ)[おかえりモネ]の存在感とストレス太りでも演技力は抜群!

前田航基は数多くのドラマや映画で

俳優としての経験を積んでいますが、

近年は、演じる役柄が

進化していることでも知られています。

2017年3月に公開された橋本環奈と

Sexy Zoneの佐藤勝利W主演の映画

「ハルチカ」では高校の吹奏楽部の

片桐部長を演じていました。

この作品で前田航基は、実際にトランペットに挑戦し、

演奏を披露しています。

スゴイ努力をして、

この役に望んでいることがわかりますね!

2018年4月から放送のドラマ

「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」では

南雲陽一役で登場。最初はお調子者で職場の

ムードメーカー的な存在でありながらも、

最終的には刃物を突き付けて

復讐をしようとする激しい一面を

持つ南雲陽一を見事に演じ切り、

その迫真の演技に注目が集まりました。

年齢を重ね、2020年1月から

放送されたドラマ「連続殺人鬼カエル男」では

過去に罪を犯したものの社会復帰し、

歯科医院で働いている

当真勝雄役を熱演していました。

陽気なムードメーカー的な人物から、

内面にシリアスな一面を抱えた犯罪者の役まで、

幅広く演じられる前田航基の演技力は

さすがの一言に尽きます。



前田航基(まえだまえだ)のプロフィールについて

名前  前田航基

生年月日  1998年12月13日(22歳)

出身地  大阪府吹田市

身長  164cm

血液型  0型

事務所  松竹エンタテインメント

 

スポンサーリンク

わずか4歳のころに松竹芸能のキッズスクールに

応募したことがきっかけで、

芸能活動を開始。

初仕事は、美人監督によるCM撮影で、

楽しく臨めたそうです。

まえだまえだは、2007年7月に

結成された実の兄弟によるお笑いコンビ。

ツッコミ担当となりました。

2007年12月8日放送の『エンタの神様』に

史上最年少で出演してから、

定期的に番組で漫才を披露し

人気を博していました。

2007年12月23日に放送されたテレビ朝日系

「M-1グランプリ」に参加した時には、

史上最年少で準決勝まで進出しています。

番組出演当時、兄の前田航基さんは9歳、

弟の前田旺志郎はまだ7歳という年齢で、

若いというよりも幼いと言っていい年。

10歳の頃に、将来の夢は「総理大臣もしくは科学者」と

語っていた前田航基。しかし、2011年に、

是枝裕和監督作品の映画「奇跡」で

兄弟そろって主演を果たし、

国内外から演技力を絶賛されたことも影響したのか、

現在は、俳優をメインに

タレントとしても活躍しています。

出身中学校は、東京都台東区立桜橋中学校。

大阪時代は、進学校入学は

早稲田摂陵中学校に

通学していたと推測されています。

噂によるとラグビー部に入っていたそうです。

勉強よりも、中学時代はお笑いコンビ

「まえだまえだ」の活動がメイン。

中学1年生の時は新宿の角座で

史上最年少の単独ライブを行いました。

バラエティー番組にも出演していましたが、

中学3年生の頃にコンビでの活動を休止。

兄弟ともに俳優業が軌道に乗り始めたことから

話し合いで決めたそうです。

中学1年生の時には、映画「奇跡」に出演して、

演技派子役としての地位を確立しました。

前田航基さんの高校時代は、

学業を優先していたので芸能活動は控えめ。

高校2年生の頃はタレント活動が増え、

ワイドナショーにも「ワイドな高校生」として

レギュラー出演。

高校生とは思えないほどしっかりした

コメントをして他の共演者を驚かせます。

その後大学1年生のころまで出演していました。

高校時代に出演した映画は

「ソロモンの偽証前編・後編」、

「LIVE!LOVE!SING」など。

前田航基さんは高校生活を振り返って

「もっと勉強しておけばよかった」と

言っていたそうです。

出身大学は、日本大学 芸術学部映画学科。

昔のTV番組の情報によると、俳優業の傍ら、

大学で映画の自主制作に関わっていたとのこと。

映画学科に在籍していた可能性が高いです。

前田航基さんの宝物は、子役時代に

助監督からもらったカチンコだそうで、

映画愛がとても強い様子がうかがえます。

高校時代は理系の大学に進学したいと

インタビューで答えていたそうですが、

やはり俳優業を主軸にしたのか、

進路を変更したそうです。

スポンサーリンク

前田航基(まえだまえだ)[おかえりモネ]の存在感!

前田航基は2021年5月から始まる

清原果耶主演の朝ドラ

「おかえりモネ」に出演していますね。

「おちょやん」に出演した弟・前田旺志郎から、

朝ドラリレーのバトンを受け取ることになりました。

朝ドラ「おかえりモネ」で前田航基が演じるのは、

島で1000年続くお寺の息子で

明るいキャラクターが取り柄の

後藤三男という役。

自分に僧侶は向いているのかという悩みと

真剣に向き合う青年の役柄です。

出演に際し前田航基は「震災から10年という

タイミングで、東北の現在と未来に焦点を当てた

この作品に出演できることをとても光栄に思っています」と

コメント。「 自由に外に出て、友達と遊んだりすることの

出来ない日々。そんな中でも、皆さんの爽やかな

1日の始まりをより華やかに

出来るよう精一杯頑張ります!」と

作品への意気込みを伝えています。

前田航基にとって朝ドラ出演は

2010年9月に放送された「てっぱん」以来2回目となります。

朝ドラ経験者として、余裕のある

演技を披露してくれることでしょう。

スポンサーリンク

前田航基(まえだまえだ)ストレス太り!?

前田航基さんが太ったと

言われている噂について

かなり大勢の方が、現在の前田航基さんの

姿を見て太ったと思っているようですね。

お顔はまんまるですし、

2倍くらい大きくなってそうですね。

あのかわいかった男の子はどこへ

俳優としてはインパクトもあり、

キャラクターを生かして

多くの作品に出演しているようです。

ドラマ「どんぶり委員長」では食べることが

大好きな男子生徒役に抜擢されています。

現在、兄弟漫才コンビ「まえだまえだ」は

活動休止しているようですが、

また二人の漫才をする姿も見てみたいですね。

スポンサーリンク

最後に

弟・前田旺志郎は慶応大学の総合政策部への

進学を公表。前田旺志郎もまた、

兄と同じく俳優として活動しており、

自然な演技が高く評価されています。

2020年11月から放送を開始した朝ドラ

「おちょやん」に劇団員・松島寛治として

出演しているのが弟・前田旺志郎です。

お互いに良い刺激になっているようで、

前田航基は2015年3月に前編が公開された

「ソロモンの偽証」出演時のインタビューにて

「弟は唯一のライバル」と、

俳優業におけるライバルは弟だと明言していました。

「弟にだけは、負けていたとしても、

負けたくないという気持ちは強いんで」と語っており、

「勝っているとは言い難いですね……

どうなんでしょう?」と、弟の俳優としての

活躍を認めているようです。

俳優としての2人を比較すると、

兄・前田航基はぽっちゃりとしている一方で、

弟・前田旺志郎はスリムな体形。

持ち味もキャラクターも違うので、

それぞれの個性を生かしながらこれからも

芸能界で、俳優として活躍していくことでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お笑い芸人タレント俳優芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました