真野恵里菜(女優)写真集陽炎結婚相手の旦那柴崎岳馴れ初めとクリスマスツーショット公開!?

タレント


スポンサーリンク
真野恵里菜(女優)写真集陽炎柴崎岳とクリスマスツーショット公開!?
女優の真野恵里菜(29)が25日、自身のインスタグラムを更新。

夫でサッカー日本代表の柴崎岳(28)とのツーショットを公開した。

2018年に結婚し、スペインに生活拠点を移している真野は

「Feliz navidad 今年は家でのんびりまったりなクリスマス」と

スペイン語でメリークリスマスとつづり、柴崎との家族ショットを公開した。

スポンサーリンク

 

真野恵里菜(女優)のプロフィールについて

名前  真野恵里菜

生年月日  1991年4月11日(29歳)

出身地  神奈川県

身長  159cm

血液型  B型

事務所  ジャストプロ

スポンサーリンク

実家の家族構成はお父さん、お母さん、5歳年上のお兄さん、

真野恵里菜さんの4人家族なんだそうですよ。

ネット上ではご実家は座間市ではないかと言われています。

お父さんは料理が得意で特に和風パスタは絶品なんだとか。

真野さんはそのパスタが大好きで、

ご実家にいる頃からよく作ってもらっていたそうです。

お母さんともとても仲が良く、

一緒にショッピングに出掛けたり料理を教わったりするそうです。

真野恵里菜さんは幼稚園から中学3年生までピアノを習っており、

弾き語りで歌えるほどの腕前なんだそうですよ。

ヤマハから、特製モデルの電子ピアノ「マノピアノ」

(ヤマハ ・Pシリーズ P-155 真野スペシャル)を贈られるほどなので、

相当の実力であることは確かでしょう。

中学時代に松浦亜弥さんに憧れて

「ハロプロ エッグ オーディション2004」に応募。

落選し、翌年に再度

「アップフロントグループ エッグ オーディション」に応募します。

オーディションで見事合格し、

2006年の中学3年生の頃からハロプロエッグの第2期メンバーとして活動を始めてます。

高校1年生にあたる2007年にはハロプロエッグのメンバーとして

コンサートに出演するなど、多忙な生活を送っていたようですよ。

翌年にはハロプロエッグを卒業しソロデビューされていますので、

さらに多忙になったことは間違いないでしょう。

その後はソロとして活動しますがなかなか目立った活動はできず、

次第に女優へと転身

映画監督である堤幸彦さんの目に止まったことで次第に女優の仕事が増えていきました。

スポンサーリンク

 

真野恵里菜(女優)写真集陽炎

ドラマ、映画での活躍が続き、黄桜『呑』のCMでは最年少で起用された女優、

真野恵里菜が原点であるハロプロエッグ加入より

10年を記念し、写真集をリリース!

どこまでも続く長い道、広大な大地……

「見たことのない景色の中で、新しい自分を表現したい!」という彼女の要望通り、

今作は全編ロサンゼルスロケを敢行。

これまでとは違ったスケールの大きなロケーションでも負けない、

真野恵里菜の強い存在感を表現しました。

多彩な表情に加え、衣装も水着を含め様々。

新たな場所へ向かっていく、ロードムービーを思わせる仕上がりです。

アイドルから女優へと転進し、様々な変化を遂げたこの10年。

それぞれの想いに浸りながら、真野恵里菜に向き合って下さい。

今は、結婚してしまいましたが、当時の真野恵里菜さんがわかりますね!

スポンサーリンク

 

真野恵里菜(女優)柴崎岳馴れ初め

二人の出会いは2016年。もともとハロープロジェクトの

アイドルだった真野恵里菜さん。

当時は、恋愛するとファンが悲しむから、という理由で

男友達はたくさんいたものの、恋愛対象とはあまり見ようとしなかったようです。

柴崎岳さんに関しては「無ジャンル」の人だったと

とはいえ、友達と思ってしまうと「ときめかない」と。

二人は、お互いをなんて呼んでいるのでしょうか?

お互いに、下の名前を呼び捨てだそうです!

柴崎岳さんは当時の所属クラブである『鹿島アントラーズ』から

スペインリーグへ移籍したため、2人は遠距離恋愛をしていたそうです。

真野恵里菜さんは、2018年9月18日に更新したブログで、

生活拠点をスペインに移したことを報告しました。

スポンサーリンク

 

最後に

女優の新垣結衣が主演を務めるTBS系ドラマ

「逃げるは恥だが役に立つムズキュン!特別編」第4話が放送。

エンディングの“リモート恋ダンス”映像に真野恵里菜と成田凌が新たに登場しました。

今回はみくりの親友・田中安恵役を演じた真野、

百合の部下・梅原ナツキ役を演じた成田が登場。

真野は現在生活しているスペインの世界遺産ヘラクレスの塔という壮大な風景をバックに、

成田は役とは雰囲気の違う髭を生やした姿で恋ダンスを踊った。

中学生のときに松浦亜弥に憧れてハロプロの研修生となり、

ソロ歌手としてインディーズデビュー。

2009年3月に17歳でメジャーデビューした。モーニング娘。、Berryz工房、

℃-uteらを輩出しているハロプロだが、ソロデビューは藤本美貴以来7年ぶりだった。

正統派美少女のルックス、清楚なたたずまいとアイドルとしての資質は申し分なく、

研修生時代から将来を期待されていた。

デビューシングル「乙女の祈り」は初登場5位と、順調なスタート。

だが、この2009年は「RIVER」で初の1位を獲得するなどAKB48がブレイクし、

グループアイドルのブームが起こった頃。

そのなかで、当然、ソロアイドルは陰が薄くなる。

孤軍奮闘した真野も、コンスタントにTOP10入りはしていたものの、

ズバ抜けた資質に見合う結果は残せずじまいだった。

苦労していた時代が、やっぱりあったのですね!

今では、女優として大成できてよかったです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タレントドラマ女優芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました