matt(タレント)父親は桑田と母親の次男で生い立ちがヤバイ!?

タレント


スポンサーリンク
matt(タレント)父親は桑田と母親の次男で生い立ちがヤバイ!?
バラエティ番組や美容雑誌など、

さまざまな分野で活躍するMattさん。

作家・林真理子さんとの対談では、

ご両親に支えられた子ども時代や

デビュー期のことを明かしてくれました。

小さいころは「野球をやらなきゃいけないんだ」という

使命感みたいなものがあったんです。

でも、中学校に上がるときに音楽の道を選択して、

そこで殻から出られたという感覚になって。

それからすごくラクになって、

好きなことに夢中になれました。

やっぱり、自由が一番ですよね!

スポンサーリンク

matt(タレント)のプロフィールについて

名前  matt  本名  桑田 将司(くわた まさし)

生年月日  1994年7月18日(26歳)

出身地  東京都世田谷区

身長  182cm

血液型  A型

事務所  Life is Art

 

スポンサーリンク

一見ハーフかと思いますが、

お母さんも日本人だそうです。

目元のホリが父親の桑田真澄さんに

似ていると言われていますが、

かなり日本人離れした顔立ちですよね。

ハーフでもなければ整形でもない金持ちで

1ヶ月の美容代20万かかってて

意外としっかりしてるしこの顔って

まさに実写版花輪くんみたいですね!

Mattさんが小学生の頃から野球、ピアノ、

バイオリンなど野球だけではなく音楽も習っており、

その他にもサックスやドラムなども

演奏できてしまうんだそうです。

意外にも、実はMattさんが音楽の道に進んだのは、

父親の桑田真澄さんの影響だったんだそうです。

野球の怪我のリハビリのためにピアノを始めた桑田真澄さん。

その姿を見ていた息子のMattさんも

興味を持ち始めたんだそうです。

桜美林大学では、プロの演奏者になることを目指し

サックスを専攻されたMattさん

幼少期に少し野球もされていたようですが、

やはり音楽の道があっていたんでしょうね。

息子が音楽の道へ進むと言っても、

反対せず応援している

桑田真澄さんも凄いと思います。

Mattさんは大学1年の時から

ブライダルモデルとして活躍しています。

これをきっかけに化粧をするようになったそうです。

そして最近では、バラエティー番組にも

出演されるようになり、

そのユニークなキャラクターで人気が出ています。

スポンサーリンク

matt(タレント)父親は桑田

桑田真澄という野球界のスーパースターを父に

持つタレントにして音楽家のMattにとって、

父は火事の次ぐらいに怖いのか?

「家族」における父と子の関係の現在をさぐるべく、

超有名人の家に生まれ育った超個性派の若き才能の過去

を調べてみました!

まずは、「大事なことは父に相談して、

ふたりきりで話し合う」といいます。

「なんでも相談しますね。

たとえば小学校を卒業するときに、

そろそろ進路を決めなければいけないと思って相談しました。

野球とピアノとバイオリン、

それに絵をやっていて、

野球もすごく評価されていたけれど、

自分は芸術の道に進みたい、と相談の結果、

決めたんです」

偉大な父と同じ道を進むことが

プレッシャーだったのだろうか。

「というより、坊主にしたりとか

ユニフォームを着ることとか、

土の上で何かをすることが嫌で、

家の中でピアノを弾いたり絵を描いているほうが、

自分の魂が喜ぶ感じがしたんです」

Mattは、野球よりも音楽をやりたい、

と父・桑田氏に伝えた。

「音楽をやりたいと言ったときには

わかったって答えてくれたけれど、

そのときの後ろ姿はちょっと悲しそうでした。

父はよくマッサージをしてくれるんですが、

いまでも僕の足を揉みながら、

この足だったら凄い選手になっていた

なんてちょいちょい言ってくるんで、

本音は野球をやってほしかったんだと思います。

でも兄が野球を続けてくれたんで、

兄には感謝しています」

自分の進みたい道に行くことが

一番ですよね!

スポンサーリンク

matt(タレント)母親

Mattさんの母であり、桑田真澄さんの妻の桑田真紀さん

著書で「野球ファースト」という

特殊な家庭の中でMattさんにどのように接し、

育てきたかが惜しみなく綴られています。

また、それらの逸話の多くは、

単に「Mattさんの生い立ちを知る」ことだけでなく、

子育てに役立つ目からウロコな

エピソードばかりです。

Mattさんは1994年、桑田家の次男として生まれました。

体格・運動能力ともに親譲りで

野球選手向きだったこともあり、

小学生から野球を始めます。

しかし、ことさら野球を嫌がる様子は見せないまでも、

やがてMattさんは室内で

遊ぶお絵描きなどを好むようになっていきます。

母・真紀さんは本人の意思を尊重し、

「野球への『目覚め』は待つしかない」

「周囲の期待を背負わせることはさせたくない」といった理由から、

Mattさんに野球を無理強いすることはなかったそうです。

しかしやがてMattさんにとって、

野球を続けるべきかを

明確にしなければいけないときが訪れます。

小学6年生のとき、父が運営する中学生野球チームの

入団テストを受けるか受けないかするかを

決断しないといけないときが来ました。

Mattさんは「野球は小学校でやめる」と決めますが、

父にはなかなか言い出せなかったそうです。

おそらくMattさんは幼心に父の思いを感じ取っていたのでしょう。

いよいよ父に「やめる」話をする際には

「やらない!」とだけ言い、

家のトイレに閉じこもってしまうほどだったそうです。

母・真紀さんによれば、普段は明るいMattさんが

このようにパニックになったことで

夫婦とも驚きを隠せなかったようですが、

改めて子どもにとって親が持つ“物差し”や期待感は、

相当なプレッシャー。

それを子どもが断ることは

相当な勇気がいることを悟ったそうです。

スポンサーリンク

最後に

Mattさんは地元の中学校で吹奏楽部に入部。

自己流ではあったそうですが、

楽器と触れ合ううちに音楽への興味が

どんどん湧いていき、

高校・大学ともサックスの演奏によって

推薦入学。母・真紀さんは

「野球をなしくずしに続けるのではなく、

自分の“好き”を選択できて本当に良かった」と回想します。

母・真紀さんはMattさんに対して

「こうしなさい」と言ったことはなく、

かといって過剰な手助けをすることもなかったそうです。

そのことでMattさんの独立心が養われ、

独学と学校からの指導だけで歌手としてデビューするに至りますが、

これらの経緯から「子どもの人生は、誰かに強制されるものではなく、

自分で決めるもの。

だからこそ“強さ”が生まれる」とも綴っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タレントモデル芸能・ゴシップ
スポンサーリンク
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました