シンガーソングライター 歌手 芸能・ゴシップ

松任谷由実(シンガーソングライター)中島みゆき金スマ紅白内定「私がトリ」特別要求!?

投稿日:

スポンサーリンク
スポンサーリンク
松任谷由実(シンガーソングライター)中島みゆき金スマ紅白内定「私がトリ」特別要求!?

「スタッフやアーティストの“3密”を避けるため、

パフォーマンス会場をNHKホール、局内の大スタジオなど

全部で3カ所に分散するそうです。

審査員もホールには集めず、

出演者による差し入れも原則的には禁止されることになります」

「特別企画枠として松任谷由実さん(66)の出演が決定したそうです。

今年は例年以上に若者向けの出演者が多い状況ですから、

幅広い世代に支持される松任谷さんの出演は紅白にとっても渡りに船でしょう」

紅組の調整を困難にしているのが、ほかならぬユーミンだというのだ。

「当初はMISIAさん(42)かデビュー40周年の松田聖子さん(58)が有力でしたが、

松任谷さんがNHKサイドに『トリで出たい!』と強く要望しているそうです。

特別企画枠の出演者がトリを務めることはめったにないため、

スタッフも出場には感謝しつつも困惑しているといいます」

ユーミンがトリを熱望する裏には“渾身の新作”への強い思いがあるようだ。

松任谷さんは12月1日に新アルバム『深海の街』を発売。



1カ月で10本近くテレビ出演するなど、かつてないほど宣伝に力を入れています。

インタビューで『最後のアルバムになっても胸が張れる』と語るほどの自信作だけに、

最も注目の集まる紅白のトリで披露したい思いがあるそうです。

今年で100歳を迎えた松任谷さんのお母さんにトリという

“最高の晴れ舞台”で歌う姿を見せたいという思いもあるのでしょう」

今年で5度目の出場となるユーミン。NHKに“特別待遇”を求めたのは今回が初めてではない。

「松任谷さんは歌う前の準備を大切にする人。

昨年はテレビ初披露の名曲『ノーサイド』を披露することもあり、

各出演者サイドに『楽屋挨拶を控えてください』というお触れがNHKから出されていました」

スポンサーリンク

 

松任谷由実(歌手)のプロフィールについて

名前  松任谷由実  出生名  荒井 由実(あらい ゆみ)

生年月日  1954年1月19日(66歳)

出身地  東京都八王子市

血液型  0型

事務所  雲母社

スポンサーリンク

荒井由実は、1954年1月19日、東京都八王子市にある、

大正元年創業の老舗・荒井呉服店の次女として生まれた。

兄と姉がいて、のちに二歳下の弟が生まれている。

第二次大戦下、兄の上に生まれた子がいたが、終戦直後の悪環境下、

栄養失調で夭逝している。兄は家を継ぎ、弟は精神科医となった。

父の末男は明治の生まれで、尋常小学校を出て八王子の呉服店に丁稚奉公に入った。

番頭格になっていた1941年、入り婿として近所の荒井呉服店の娘芳枝と結婚。

応召されたが無事復員、芳枝とともに苦労して戦後の荒井呉服店を立て直し、

大いに繁盛させた。地域振興活動などにも励み、八王子の名士となった。

一方では女遊びも激しく、使用人の女性にも手を出すなど、家庭騒動も一再ではなかった。

末男はなぜか他の兄姉弟より由実を可愛がった。

母親に顧みられない次女に、養子の自分を重ねたのかもしれない。

由実には、もうひとりの母といっていい存在、

家政婦の宮林秀子がいた。秀子は山形県の出身で、穏やかで優しい人格者だった。

由実と近所や川原に散歩に行くときには、童謡を歌ってくれた。



秀子が故郷の左沢に里帰りするときには、実の子供同然の由実と弟をいっしょに連れて行った。

中学生のころ、芳枝が夫と秀子の不倫を疑い、

荒井呉服店は大騒ぎになった。生みの母と育ての母の板挟みになった由実は

「家を出て、ひでちゃんと一緒に暮らそう」とさえ思った。

結婚するときも、ひでちゃんと別れるのが悲しかった。

幼いころの由実は、坂本九や森山加代子等の洋楽カバーや、

『太陽がいっぱい』『避暑地の出来事』などの映画音楽のメロディを自然に覚えていく。

おむつがとれないときからマンボを踊った。

由実が体をゆらすと従業員たちは喝采を送り、社員旅行に連れられると、

バスの中では握ったマイクを離さなかった。荒井呉服店では洋装も扱っていて、

横田基地などから米軍の将校らが店に来た。

生地を切る台の上にポンとあがった由実が『東京ブギウギ』を歌えば、

彼らがお金をくれた。由実は店のアイドルだった。

難病の筋ジストロフィーを患っていた小学校の同級生が、高校1年の時に亡くなる。

また近所で高校生の飛び降り心中があり、

このふたつの死にショックを受けて生まれたのが『ひこうき雲』である。

由実は、中学時代から作曲を始めている。後述する加橋かつみに提供したは

『愛は突然に』は、14歳の時に作曲したもの。アルバム『ひこうき雲』に収録された曲も、

この思春期につくられた。『恋のスーパーパラシューター』は、

ジミ・ヘンドリックスが米軍のパラシュート部隊として戦争へ行っていたことを知って作った。

『ベルベットイースター』は、ミッション系スクールでのイースター復活祭や横田基地で体験した

ハロウィンパーティーなどが下地になっている。

のちに『翳りゆく部屋』の前身となる『マホガニーの部屋』という曲も、

学校のピアノ室で遊びながらつくった。

音楽のほか絵も好きだった由実は、美大を目指すことに決めた。

中学3年から家庭教師につき、いわゆる塾である、御茶の水美術学院へも通いはじめる。

自宅のある八王子、学校のある三鷹台、美術学校のあるお茶の水。

この三角形を往復する毎日が始まり、新宿や池袋のジャズ喫茶、

あるいは六本木・飯倉界隈でも遊ぶようになる。

ディスコへも頻繁に顔を出し、朝まで踊り続けて始発で家に帰り、

何もなかったように学校へ行ったこともあった。

父親とひでちゃんの不倫騒動がおこり、家にはいたくなかった。

スポンサーリンク

 

松任谷由実(歌手)中島みゆき金スマ

中島みゆき(68才)と松任谷由実(66才)同時代を生きた2人の女王は常に比べられる運命にあった。

2人が互いを語ることはほとんどない。が、突然ユーミンが口を開いたのだ。

11月27日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)に、

ユーミンこと松任谷由実(66才)が出演した。

この大物ゲストに中居がぶつけた質問は

《中島みゆき(68才)をどう思っている?》というもの。

ユーミンは、同時代を生き、“ニューミュージックの女王”の名を分け合う中島について、

《すごいと思いますよ。すごい楽曲を生み出してるなっていう。

世界観がすごいなと思いますね》と称賛。会うことはないかと聞かれると、

10年ほど前にすれ違い、20年ほど前に中島のライブの後に一緒に食事をしたくらいだと明かす。



そして、中居が“歩み寄る”という言葉を使うと、それをさえぎって続けた。

《たぶん仲が悪い方が人は面白いかもしれないけれど、すごい好きですよ、

彼女のことを》と淡々と語り、《彼女も私のことを好きだと思いますよ》と結論づけた。

その様子を見ていた音楽ファンは興奮を隠さない。

2人の違いは比べがいがある。キラキラと軽快な恋愛を歌うユーミンと、

じっとり重い失恋を歌う中島の作り出す世界はまさに陽と陰で、

あまりに対照的だからだ。その2人が最後に言葉を交わしたのが約20年前。

それなのに、相手も自分を好きに違いないと信じ切ることができる不思議な関係。

そこには、女王同士にしかわからない複雑な感情があるのだろうか。

「中島みゆきの世界観は自分には作れない、このままでは勝てない、

そう感じたユーミンは、“最高のライバル発言”の翌年に

『ルージュの伝言』というエッセイ本を出版します。

きらめく世界を描くだけでなく、自らの人生を見つめるべきだと思い、

実母との対談などを行ったのです。

“みゆきとは音楽性が違うから”と語りつつ、

その才能に嫉妬しながら近づこうとした時期があったのです」

一方の中島は、北海道十勝地方で育ち、高校の入学祝いに買ってもらった

4800円のギターを手に、高校3年生のとき、

文化祭で初めてのステージに立つ。音楽ジャーナリストが語る。

ユーミンは八王子から足繁く都心へと通い、

“都会への憧れ”を強く持っていました。

一方の中島さんは、親の仕事の影響で幼少期から北海道を転々とし続け、

受け入れてくれる人がいないという不信や不安という感情を常に持って育ってきた。

この違いが大きいと思います」

スポンサーリンク

 

松任谷由実(歌手)自宅住所

ユーミンさんのファンであれば、世田谷にある豪邸の外観を

見に行った方も多いのではないでしょうか?

今やファンにとって聖地になりつつある場所です。

まるでディズニーシーのような西洋系のセンスある雰囲気がたまりません!

これだけの広さプラス、地下には好環境なスタジオが

備えられているというから驚きです!

2020年にリリースされたアルバムの特典では、

主にスタジオで作曲に勤しむユーミンさんの姿が収録されていますが、

そのスタジオは自宅の地下に存在するこだわりのスタジオなのです。

3階が寝室で2階がリビング、そして地下がレコーディングスタジオになっているそう、

簡単に行き来できるようにエレベーターも備え付けられているみたいです。

タレントの千秋さんは出演した番組「メレンゲの気持ち」の中で、

この自宅は細部までディズニーシーのような丸みおびたデザインで、

実際に建設に関わった人の中にディズニーシーに関わった人もいるだとか。

世界観が凝ったユーミンさんの豪邸ですが、場所は世田谷区の三丁目にあります。

自宅の場所は「関東の富士見100景」に指定されている

「東京富士見坂」(正式名称”岡本三丁目の坂”)の近くにあります。

土地代だけで数億はする場所で、建物の値段は検討もつきません。

地下も掘って高価なスタジオも作っているということで、

デザインや装置のお金全て合わせたら10億前後はいくのではないでしょうか?

スポンサーリンク

 

最後に

現在は世田谷に豪邸を構えるユーミンさんですが、

以前住んでいた家も同じく世田谷の岡本にありました。

現在の家は世田谷岡本の三丁目ですが、以前の家は1丁目にありました。

引っ越したのは2005年頃だそうです。

岡本の1丁目に住んでた時代は、泥棒に入られたり、

飼っている愛犬が何者かに襲われたり、色々とあったみたいです。

松任谷由実の毒舌ぶりに、本当に性格が悪いのではないかとの噂が広まっています。

松任谷由実がパーソナリティーを務めるラジオ

「松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD」などでは、

ハスキーでゆっくりした口調の温厚そうなしゃべり口調が特徴的な松任谷由実。

リスナーからは、人生相談のようなものが多いように見受けられますが、

本当のところ、その性格はどうなのでしょうか?

実は、松任谷由実本人も、自分の性格の悪さは認めているようです

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-シンガーソングライター, 歌手, 芸能・ゴシップ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

石川真衣立教“日本一かわいい大学1年生”グランプリ受賞!

スポンサーリンク スポンサーリンク 石川真衣立教“日本一かわいい大学1年生”グランプリ受賞! 大学1年生を対象した日本最大級のコンテスト 『FRESH CAMPUS CONTEST 2020 supp …

紗栄子(タレント)万太郎関係体調不良で何度も倒れた原因は!?

スポンサーリンク スポンサーリンク 紗栄子(タレント)万太郎関係体調不良で何度も倒れた原因は!? 紗栄子が、12月29日放送の『踊る!さんま御殿!!』 (日本テレビ系)で今年の反省点を語った。 体調不 …

宇垣美里(フリーアナウンサー)コスプレセーラームーン初めてメイク!?

スポンサーリンク スポンサーリンク 宇垣美里(フリーアナウンサー)コスプレセーラームーン初めてメイク!? モデル、ラジオパーソナリティ、エッセイストなど 幅広く活躍しているフリーアナウンサー宇垣美里さ …

ジョンレノン(シンガーソングライター)暗殺オノヨーコに謝罪?

スポンサーリンク スポンサーリンク ジョンレノン(シンガーソングライター)暗殺オノヨーコに謝罪? 先月に11度目となる仮釈放申請を却下されていたが、 その審問の内容が先日公開され、妻であったオノに対し …

yoshiki(ミュージシャン)ピアノkawaiコロナ禍の帰国論争vs布袋寅泰で蘇る!?

スポンサーリンク スポンサーリンク yoshiki(ミュージシャン)ピアノkawaiコロナ禍の帰国論争vs布袋寅泰で蘇る!? 日本に帰るか帰らないか──大物たちの選択が波紋を呼び、 四半世紀以上も前の …

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。