【現在画像】松坂慶子【愛の水中花】若い頃写真かわいい!結婚相手の夫(旦那)馴れ初めや深作欣二不倫熱愛の真相や娘現在や蒲田行進曲ベッドシーンが圧巻!?

タレント
スポンサーリンク

【現在画像】松坂慶子【愛の水中花】若い頃写真かわいい!結婚相手の夫(旦那)馴れ初めや深作欣二不倫熱愛の真相や娘現在や蒲田行進曲ベッドシーンが圧巻!?

松坂慶子さんの蒲田行進曲ベッドシーンが圧巻で

昭和の撮影場を舞台に役者や

スタッフが一生懸命生きる姿を描いた

人情作品になっています!

つかこうへいさんの脚本があまりにも素晴らしく、

「コレ(女)がコレ(妊婦)なもんで…」などの

セリフは大流行しました。

松坂慶子が演じたのは、

主役・銀四郎(風間杜夫)の彼女・小夏。

濡れ場は序盤にやってきて、松坂慶子が

風間杜夫に押し倒され、激しく襲われてしまいます。

胸を鷲掴みにされ、舐め回されながら声を漏らしていきます。

次第に吐息が激しくなり、我慢していた声も

次第に大きくなっていきます。

最後は自身の体を揺らしながら

大声で声をあげちゃいます。

声もすごくセクシーで、昭和の時代って

いろんなことができて本当に良くて

今では素敵なお母さんの役が多い松坂慶子ですが、

ブレイクし始めはセクシーな魅力な女優さんだったんですよね!



松坂慶子【愛の水中花】のプロフィールについて

名前  松坂慶子  本名  高内慶子(たかうち けいこ)

生年月日  1952年7月20日(69歳)

出身地  東京都大田区

身長  162cm

血液型  A型

事務所  モマオフィス

 

松坂さんは、早産で未熟児として生まれ、

1歳くらいまでは哺乳瓶も吸えず、

病院通いが絶えなかったと言います。

松坂さんは、韓国人の父親と

日本人の母親との間に生まれました。

お父さんの英明さんは、1938年に韓国から

日本へ仕事を求めて渡ってきており、

戦後の混乱期に仙台にてお母さん

つね子さんと出会います。

お母さんは、幼少期に身売りをされた過去があり、

身寄りがありませんでした。

同棲をするようになり、お父さんの事業のために

神奈川県に移ります。

その後、東京にて松坂さんが生まれたようです。

家族構成は、両親と弟が一人の4人家族。

両親は、袋物の仕事やリヤカーを

使った行商をしていました。

日本人であったお母さんは身寄りがなかったために、

戸籍を持っておらず、神奈川県に転居をした際に

実在しない韓国人の姓を借りて戸籍を作り、

韓国人ということになっていたそうです。

お父さんも日本名を名乗りはしていたものの、

韓国籍のままだったため、松坂さんも韓国籍でした。

お母さんはその後法務省と交渉した

結果、日本国籍を取得。

松坂さんの将来を考えた両親は、

非嫡出子としてお母さんの戸籍に入れ、

日本国籍を取得させたそうです。

お父さんも帰化をされて日本人になっていますが、

残念ながら現在は病気で他界されています。

特に5歳から習っていたバレエには特別な

思い入れがあり、幼い頃は将来は

バレリーナになりたいと考えていたそうです。

スポンサーリンク

松坂慶子【愛の水中花】結婚相手の夫(旦那)馴れ初めは?

松坂慶子さんの結婚相手は高内春彦さんです。

松坂慶子が高内春彦と出会ったのは

1986年頃、松坂慶子さんが34歳で

「フランス・カンヌ映画祭」の帰り、

休養を兼ねてアメリカ・ニューヨークに立ち寄ると、

その際、友人にジャズギタリストの高内春彦さんを

紹介されたそうで、これをきっかけに、

高内さんと交際して1991年、38歳の時には、

めでたく結婚となったのですが・・・

長年、世の男性を魅了し、

恋多き女と呼ばれていた松坂さんは、

常に誰と結婚するのか注目されていただけに、

想定外の結婚相手に、メディアは大変驚き、

「美女と野獣」「究極の格差婚」と揶揄されます。

スポンサーリンク

松坂慶子【愛の水中花】深作欣二不倫熱愛の真相は?

映画監督の深作欣二さんとも

不倫関係になっていたといわれています。

松坂さんは、1981年、蔵原惟繕&深作欣二監督作品

「青春の門」に出演したのを皮切りに、

「道頓堀川」「蒲田行進曲」「人生劇場」

次々と深作監督の作品に出演しているのですが、

1982年、映画「道頓堀川」の撮影の頃から

深作監督と交際していたと言われています。

実は、この「道頓堀川」、深作監督に「東映」から

「松竹」に連れてこられた真田広之さんと、

「松竹」の看板女優だった松坂さんが主演の映画で、

松坂さんは、自分が、深作監督と真田さんの

潤滑油になろうと張り切っていたそうですが、

松坂さんが4日遅れで現場に入ると、

すでに、深作さんと真田さんが現場で

打ち解けていたそうで、それを見た松坂さんは

すねてしまったのだそうです。

現場の雰囲気が悪くなったのを

見かねたスタッフが、このままでは

映画が作れないと、深作監督に、

松坂さんと一度ちゃんと話してほしいと

お願いし、新宿のホテルの部屋を

二泊分用意したそうですが・・・

二人はそのまま男女の関係に

なってしまったというのです。

松坂さんは、深作さんの監督としての

才能に心底惚れ込み、

深作監督のお陰で本当の女優になれましたと

語っていたほどだったそうです!

深作監督もまた、すっかり松坂さんに惹かれて、

二人は深い仲になり、以来、二人の関係は、

業界では公然の秘密となり、

不倫関係は長く続いたと言われています。

スポンサーリンク

最後に

松坂慶子さんは30年近く前に結婚していて

アラフォーの頃に娘を二人産んでいます。

第一子だと35歳以上は厳しいと言われますが、

それを過ぎての出産だったので

とても喜ばしかったこととおもいます。

長女の名前は百音さん、

次女の名前は麻莉彩さん。

海外にも通じるように付けられたそうです。

40歳を超えて子供二人を出産するのは

本当に凄いことです。

当時の娘たちは16歳と13歳。

年頃になっていたので、芸能界入りよりも

社会勉強をさせるという意図があったそうです。

芸能界入りしなかった松坂慶子さんの

2人の娘さんは現在ハワイの大学で

芸術を学んでいるそうです。

長女が絵画、次女が陶芸を学んでいるんだそうです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タレントドラマ女優芸能・ゴシップ
スポンサーリンク
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました