中田賢一(阪神)結婚相手の嫁角野友紀馴れ初めやソウルフードが食べれないので引退へ!?

スポーツ選手
スポンサーリンク

中田賢一(阪神)結婚相手の嫁角野友紀馴れ初めやソウルフードが食べれないので引退へ!?

故郷・福岡を離れたことで自身の

“ソウルフード”にありつくことが

難しくなってしまったからだ。

小学校から大学まで福岡・北九州市で

過ごした中田の好物はご当地のうどん。

甘めのツユにコシとは無縁の軟らかい麺。

甘辛く味付けられたかしわ(鶏肉)の

トッピングなどオリジナリティーもあり、

中田は「実家近くにあるうどん屋も

絶品なんですが北九州市を中心に

45店舗を展開する資(すけ)さん

うどんも昔から大好きなんです」

資さんうどんは山口県内の2店舗を除けば、

全て九州圏内のみの店舗展開。

それだけに「北九州のうどん、

食べたいですよねえ。

関西には資さんの支店もないですし…。

広島遠征があった時には

博多でお世話になったトレーナーのところまで

足を延ばそうと思っているので、

小倉駅で途中下車して資さんにでも寄ろうかな」と

思いを巡らせるほどなんですね!

“ソウルフード”にありつけなくて

力尽きたのでしょうか!?



中田賢一(阪神)のプロフィールについて

名前  中田賢一

生年月日  1982年5月11日(39歳)

出身地  福岡県北九州市八幡西区

身長  181cm

血液型   0型

所属  阪神タイガース

 

スポンサーリンク

中田賢一さんは、小学校3年時に

父親がコーチ・監督を務める

ソフトボールから始め

中学校時代に「上津役ロビンス」へ入団し

本格的に野球を始めたんですね!

父親の影響を受けて、2007年父が他界して

小学校から、ほとんどの試合をバックネット

裏の特等席で見てくれていたと語っています!

福岡県立八幡高等学校へ進学し、

勉強との両立に苦しみながら練習を積んだとか

1年生の間は三塁手兼控え投手だったが、

2年秋からエースとなり

3年春は県北部大会ベスト8、

夏は県大会3回戦敗退と甲子園出場ないですが、

高校3年時での最高球速は130km/h台後半だったそうです。

北九州市立大学へ進学。

2年春、秋と連続でリーグのベストナインを獲得し、

3年時には最高球速が150km/hに達するまでに成長しました。

4年春には39年ぶりのリーグ優勝を果たし、

全日本選手権に出場。

11月17日のNPBドラフト会議で、

中日ドラゴンズから2巡目指名を受け入団しています!

スポンサーリンク

中田賢一(阪神)結婚相手の嫁角野友紀馴れ初めは?

角野友紀アナと結婚しています。

共通の知人が開いた食事会で知り合ったようです。

角野友紀アナが20歳(学生の頃)から

8年間ずっと付き合っていたそう。

中田賢一選手が中日ドラゴンズから

福岡ソフトバンクホークスに移籍して、

移籍するまではできる限り

角野友紀アナが食事を

作ってあげていたとのこと。

移籍後は遠距離になってしまった為、

いつも中田健一選手が外食なのが

気になっていたそうです。

プロポーズを受けて、少し考えた後で

結婚を決めたようですね。

角野友紀アナがアナウンサーを目指す

きっかけとしても旦那の中田健一選手の存在が

関係していました。

野球番組や中継を見ているとき、

アナウンサーの方がよく選手の普段の様子や

努力していることを伝えることがありますよね。

それを見て、アナウンサーの仕事に

魅力を感じたとのことです。

角野友紀アナは、2017年9月5日に

3165gの男の子を出産しています。

スポンサーリンク

中田賢一(阪神)カラオケボックスでバイトしていた!?

大学(北九州市立大)時代の思い出と言えば、

アルバイトです。

野球部に入っていて意外だと思われるかもしれませんが、

公立大で強豪でもなかったし、

自由に使えるお金も欲しい年頃で

1年生の夏ごろから1年間ほど、

実家近くのカラオケボックスで

バイトをしていました。

なぜ1年間かと言うと……

ある日、店長さんに部屋に呼ばれて

「店が潰れるから、すまない」と言われて。

突然バイトがなくなってしまったんですね。

それまではまったく無名の選手だったんですが、

バイトを辞めた2年生の途中から

急に球速も出るようになり、

その後のプロへの道が開けました。

あの1年間のバイトは、

今となってはいい経験と

思い出になっています。と語っています!

スポンサーリンク

最後に

中田の出身地で、今も実家がある

それでも当初からソフトバンク優勢が

伝えられたのは「地元志向」

しかも実家に1人で暮らす母親のそばにいて

あげたいからという報道が先行しましたが

それも大きな理由の1つですね。

中田にはそれよりも大切なことがあった。

母親のことは気になりますが、

周りには親戚もたくさんいますからね。

じつは、北九州には大学時代(北九州市立大)から

僕の体を診てくださっている方がいるんですね。

その人の存在が僕には大きかった」

「1年でも長く」との思いは歳を

重ねるごとに強くなり、現実味も増してきたそうです。

もちろん中日でもソフトバンクでも

球団のトレーナーの方々にも体のケアはしてもらっています。

ただ、もう10数年来のお付き合いで

僕の体を知り尽くしている方なので

すべてを委ねることができるということですね。

中日時代は年末から1カ月間ほどしっかり

ケアしてもらえましたが、

シーズン中は広島遠征の時に

何とか足を延ばすくらいでした。

年間5、6回だったと思います。

それがソフトバンクに移籍したことで

基本的に週1回。遠征先から福岡に戻ったら、

自宅に帰らず北九州に行って体をみてもらい、

そのまま実家に泊まるということもあるみたいですね

不安を取り除き、心をクリアにして

マウンドに臨める。そして常に安心感がある。

「それはすごく大きいんです」と中田はうなずきました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ選手芸能・ゴシップ野球選手
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました