ドラマ 女優 芸能・ゴシップ

浪花千栄子(女優)ボンカレー新・朝ドラ『おちょやん』のモデルどんな人??

投稿日:

スポンサーリンク
スポンサーリンク
浪花千栄子(女優)ボンカレー新・朝ドラ『おちょやん』のモデルどんな人??

NHK連続テレビ小説『おちょやん』で、杉咲花さん演じる主人公、

千代にはモデルとなった女優がいる。

昭和の名女優・浪花千栄子(なにわちえこ)だ。

ラジオ全盛時代の人気コメディ『お父さんはお人好し』の母親役でスターとなり、

1973年12月に66歳で急逝するまで、映画やドラマに欠かせない名脇役として活躍した。

本名の南口きくの(なんこう・効くの)にちなみ、広告に起用された

「オロナイン軟膏」のホーロー看板や、

やわらかい大阪弁を懐かしく覚えている人はいるかもしれない。

しかし、彼女が自伝を残したことを知る人や、まして読んだことのある人は限られているだろう。

『水のように』という、半世紀以上前に書かれた浪花千栄子の自伝が、

このほど『おちょやん』の放送に合わせて復刊された。

『おちょやん』で上方芸能考証を担当する古川綾子氏が本書に寄せた解説を紹介する。

浪花千栄子とは、どんな女優だったのか。

そして、どんな人生を送ったのか。

スポンサーリンク

 

浪花千栄子(女優)のプロフィールについて

名前  浪花千栄子  本名  南口 キクノ(なんこう きくの)

生年月日  1907年11月19日(66歳)

出身地  大阪府富田林市

スポンサーリンク

鶏の行商を生業とする家は貧しく、4歳で母親を亡くし、

弟の面倒と家事、鶏の世話に追われ、小学校には2カ月しか通わせてもらえなかった。

父親の再婚相手から疎んじられ、8歳で道頓堀の仕出し弁当屋へ奉公に出て、

衣食住の面倒が給金代わりという最低条件で16歳になるまで重労働に従事した。

睡眠4時間という身体的苦痛に加えて、

主人から盃洗にたまったゴミの中の飯粒を食べさせられるなど、

精神的にも過酷な日々を送った。

感情を抑圧された生活の中、まばゆい輝きを放ち、

少女を一瞬にして夢の世界に連れ出してくれたものが芝居だった。

劇場へ弁当箱の回収に行くついでに、花道の揚げ幕や袖から舞台を覗き見た。

歌舞伎から新派、新国劇まで、役者の演技に惹きつけられ、

帰りが遅いと叱られても、セリフを覚えて、

日ごとの演技や演出の違いに気づくほど、芝居に魅了された。

18歳になった時には、今度こそどこに売られるかわからないと覚悟を決めて、

置手紙を残して奉公先を出奔し、やっと自分の意思で人生を歩きはじめる。

芸能プロダクションの新人募集に応募すると、すんなり採用されて、

別世界だった芸能界で生きていくことになった。

最初の芸名は三笠澄子という。デビューする前にプロダクションは潰れてしまうが、

目をかけてくれていた監督の紹介で、芸術座出身の女優が率いる一座に加わり、

京都の第二新京極の三友劇場にて初舞台を踏む。

風邪をひいた人気女優の代演でチャンスをつかみ、一目置かれるが、

一座は徐々に不入りをかこち、ついにはあてもなく地方巡業へ出ることになった。

劇場の支配人に一人だけ呼ばれて、難関といわれていた

東亜キネマを紹介してもらえることになり、期待の新人として迎え入れられた。

芸名は香住千栄子に変わり、スクリーンデビューも果たし、

順調にいくかと思いきや、会社の不当な人員整理に強く反発して、

自分の立場は保証されていたにもかかわらず、辞表を叩きつけて退社してしまう。

市川百々之助プロダクションに移籍した際、自分で考えて浪花千栄子に改名した。

さらに帝国キネマに所属してから、

フリーで映画や舞台に出演するようになり数年経った頃、

最大手のプロダクションである、松竹から声がかかった。

1930年8月、浪花座の「第一劇場」の公演に参加して以降は、

松竹専属の女優として「新潮座」「成美団」など関西新派の舞台に立ち、

翌年6月から、第二次松竹家庭劇に新メンバーとして参加することになった。

スポンサーリンク

 

浪花千栄子(女優)ボンカレー

浪花千栄子さんを調査してみると、

NETでは「ボンカレーの人」だとの噂を発見しました!

残念ですが「ボンカレー」のホーロー看板の女優さんは

『松山容子さん』と言う女優さんで、浪花千栄子ではありません!!

この「ボンカレー」のホーロー看板は全国9万5000枚貼られたそうです!

「ボンカレー」のホーロー看板の松山容子さんと間違われたのかは分かりませんが、

松山さんも浪花千栄子さんを昭和を代表する方なので、

勘違いされたのかもしれませんね!

「ボンカレー」と「オロナミンC」「オロナイン」のホーロー看板は

『昭和の代表』と言っても過言ではありません!

スポンサーリンク

 

浪花千栄子(女優)渋谷天外

ヒロインの実在モデルである浪花千栄子さんの旦那さんは二代目渋谷天外さんです。

二代目渋谷天外さんは、当時の上方を代表する喜劇俳優であり劇作家でもありました。

渋谷天外さんは1906年初代渋谷天外の長男として京都で生まれます。

父の跡継ぎとして8歳で初舞台を踏みますが、

10歳の時に父と死別。その後はしばらく舞台を離れてしまいます。

戦後は1946年に「松竹家庭劇」を脱退し「劇団すいーとほーむ」を主宰。

1948年に「松竹新喜劇」を創設し中座で初公演を行います。

その後は藤山寛美さんとのコンビが人気を呼び、

看板俳優・劇作家として舞台・映画・ラジオと喜劇一筋で

「上方の喜劇王」と呼ばれるほどの活躍を続けます。

1965年松竹新喜劇が大人気の中、

二代目渋谷天外さんは公演中に倒れてしまいますが

麻痺が残りながらも1967年に舞台に再び復帰を果たしました。

1983年に76歳で死去。

1992年に息子の渋谷天笑さんが三代目渋谷天外を襲名しました。

スポンサーリンク

 

最後に

浪花千栄子さんには子供はいなかったようです

晩年、養女と一緒に「料理旅館 竹生(ちくぶ)」を営んでいますので、

やはり子供はいなかったのではないでしょうか。

「おちょやん」とは?

おちょぼさんがなまった大阪ことばで、茶屋や料亭などで働く、

小さな女中さんを意味します。

女奉公していた8年間はヒロインの原点であり、

「おちょやん」という言葉の親しみやすさ・かわいらしさ・意地と誇りなどの象徴として

タイトル化されたとのこと。

亡くなる2日前の夕方、「しんどい」と言って横になり、

京都嵐山の自宅で静かに息を引き取った。

浪花をよく知る人物として、元夫の渋谷天外は各紙の取材を受けており、

朝日新聞の追悼記事には、「芸人が死ぬときは、いつもはかないものです。

あの人は、自分の芸を大切にして人にあげようとしませんでしたが、

とうとうその芸も過去の世界へ行ってしまった」とコメントを寄せ、

余人をもって替えがたい演技を惜しみつつ、その人生を儚んだ。

幼少期のつらい体験と、女優として歩きはじめた頃の平坦ではない道のり、

20年の歳月とともにはぐくんだ家庭と劇団に追いやられた絶望の淵から、

自分の力、女優としての「演技」だけで這い上がり、

名助演女優と称賛された浪花千栄子。

約半世紀を経てもなお、不朽の名作映画の中で唯一無二の存在感を放ち、

忘れられない女優として生き続けている

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-ドラマ, 女優, 芸能・ゴシップ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

浅野忠信(俳優)中田クルミ結婚か?交際6年も結婚しない訳!?

スポンサーリンク スポンサーリンク 浅野忠信(俳優)中田クルミ結婚か?交際6年も結婚しない訳!? 9月の4連休のある1日。 カフェも併設され、モダンなつくりで人気のある 都内有名書店の駐車場に、1台の …

島袋寛子(SPEED)歌唱力抜群で夫・早乙女友貴へのノロケ全開?

トップバズの新しい稼ぎ方スポンサーリンク スポンサーリンク 島袋寛子(SPEED)歌唱力抜群で夫・早乙女友貴へのノロケ全開? 歌手の島袋寛子(36)が18日、自身のインスタグラムを更新。 夫で俳優の早 …

中田敦彦(お笑いタレント)嫁福田萌YouTubeへ“戦略的撤退”?

スポンサーリンク スポンサーリンク 中田敦彦(お笑いタレント)嫁福田萌YouTubeへ“戦略的撤退”? オリエンタルラジオの中田敦彦は希代のヒットメーカーとして知られる。 リズムネタ「武勇伝」で颯爽と …

加藤歩(ザブングル)嫁3月末に「コンビ解散」!?

スポンサーリンク スポンサーリンク 加藤歩(ザブングル)嫁3月末に「コンビ解散」!? ボケ担当・加藤歩のギャグ「カッチカチやぞ!」「悔しいです!」で 知られる人気コンビ・ザブングルが今春をもって解散す …

最上もが(タレント)HSP妊娠を報告?旦那は?

スポンサーリンク スポンサーリンク 最上もが(タレント)HSP妊娠を報告?旦那は? タレントの最上もが(31)が12日、自身のブログを更新し、 第1子を妊娠したことを報告した。 最上は「ご報告」と題し …

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。