夏目雅子【ピアノザ商社】かわいい!死の原因の真相や結婚相手の旦那伊集院静や兄弟や姪宝塚風間柚乃は?

ドラマ

[ad]

夏目雅子【ピアノザ商社】かわいい!死の原因の真相や結婚相手の旦那伊集院静や兄弟や姪宝塚風間柚乃は?

夏目雅子さん、永遠の女優で、みんなの中に残っている
透明感のある伝説の女優さんですね!

あの若さで、世に召されてしまいました。

夏目雅子さんの死の原因の真相と

夫と兄についても調べてみました!!

スポンサーリンク

夏目雅子(女優)のプロフィールについて

名前  夏目雅子  本名  西山 雅子

生年月日  1957年12月17日(27歳没)

出身地  神奈川県横浜市中区山手

身長  164cm

血液型  B型

事務所  其田事務所

スポンサーリンク

夏目雅子は、ドラマのオーディションに合格し、

18歳の時に小達雅子という本名で女優デビューします。

そのドラマがきっかけで

化粧品の広告モデルに起用され、

爆発的な人気を博しました。

荒物、金物、石鹸、亀の子たわし等を扱う

日用品雑貨店を営むお父さんのもと、

3人兄弟(3歳年上の兄と10歳年下の弟)の

長女として誕生すると

お父さんが、東京オリンピックのための道路拡張後に、

店をビルにし、貸しビル業などで成功したことから、

横浜の山手の高級住宅街の250坪もある邸宅に住むほか、

小学校から短期大学まで

エスカレーター式の学校に通うなど、

裕福な家庭環境で、お嬢様として、

何不自由なく育ちます。

夏目雅子さんは、小学校3年生の時、

テレビドラマ「チャコちゃんハーイ!」を見て、

女優(子役)を志すのですが、

お母さんに猛反対されて、断念。

17歳の時、映画「ひまわり」

(イタリア・フランス・ロシア合作)を

映画館で観て衝撃を受けると、

ヒロインのソフィア・ローレンに憧れ、

本格的に女優を目指します。

1976年、短期大学入学直後に、

お父さんの友人のつてで、タオルメーカー

「内野株式会社(現・UCHINO)」のCMに出演されるのですが、

夏目さんの通う東京女学館は、

生徒の芸能活動を一切認めなかったため、

夏目さんは中退させられます。

同年、テレビドラマ「愛が見えますか」の

オーディションに応募すると、応募者486名の中から、

見事、盲目のヒロイン役に選ばれ、

本名の「小達雅子」名義で女優デビューを果たします。

この盲目のヒロイン役は、

演技初心者の夏目さんには荷が重く、なんと、

57回も連続でNGを出してしまい、

降板が検討されるほど酷いものだったため、

野村孝監督に厳しく演技指導を受けたといいます。

(その学芸会のような演技は、

周囲から「お嬢さん芸」と言われたそうです)

翌年の1977年、18歳の時には、

カネボウ化粧品の「Oh!クッキーフェイス」

キャンペーンガールに選ばれると、あわや、

バストトップが見えそうな夏目さんのポスターは、

貼られるたびに盗まれるという現象が起きるほど、

たちまち注目を集めたのでした。

化粧品メーカーの商戦が激化しており、

このCMが「夏の目玉商品」だったことから、

夏目さんは、本名の「小達雅子」から芸名「夏目雅子」に

改名しています。

スポンサーリンク

夏目雅子(女優)死の原因の真相は?

夏目雅子さんは、1985年8月中旬、

抗ガン剤の治療で最も免疫力が低下している時に、

風邪をひいてしまい、「肺炎」を併発。

兄の一雄さんによると、

肺炎になってから意識が混濁(こんだく)し始めて、

肺不全となり数日の間で亡くなりました。

僕らも、病院の先生も、

ここまで病状が悪化するとは予想できませんでした。

雅子の最期の言葉も、覚えていないんです。

それほど予想外の出来事でした。

夏目さんは、1985年9月11日、

27歳という若さで他界されたのでした。

母親のスエさんは、

髪の毛のことなど気にせず、

私が最初から新薬で治療をさせていたら……

と、自身を責めたそうですが、

兄の一雄さんは、夏目さんの他にも、

髪の毛が抜けることを恐れて

新薬の治療を受けない人たちが大勢いることを知り、

かつらを無料で貸し出す事業を始めようと決意。

夏目さんは、闘病中、かつらを準備していたそうです!

夏目さんが他界されて5年ほど経った頃、

母親のスエさんが代表に就き、精力的に活動を開始すると、

2008年にはスエさんは他界されているのですが、

その後は、一雄さんが事業を引き継ぎ、

現在も毎年500~700人にかつらを

無償提供されているそうです

スポンサーリンク

夏目雅子(女優)夫と兄は?

1984年にご結婚されていたのですが、

その夫の名前が、伊集院静さんという人物です。

伊集院静さんの職業は作家・作詞家。

有名な方なのでご存知の方も多いと思います。

ご結婚されて翌年に夏目雅子さんは

お亡くなりになられています。

伊集院静さんは、在日韓国人2世で、

山口県防府市の生まれだそうです。

本名は、西山忠来(にしやまただき)さんと言う名前で、

伊集院静という名前はペンネームです。

学歴は、出身大学が立教大学。

将来は作家にもなった事から、

進んだ学部学科は正しかったという事ですね。

伊集院静さんは大学卒業後は電通に入社しています。

そこで知り合った女性と結婚していますが、その後、離婚。

当時不倫関係であったといわれたのが夏目雅子さんでした。

桃井かおりさんとも同じような関係にあったようで、

まさに四角関係でした。最後には、夏目雅子さんを選択。

1992年にまた再婚をして、

篠ひろ子さんと結婚しているそうです。

今現在は、宮城県仙台市に移って生活されているそうです。

伊集院静さんは現在も作家として活躍されて、

東京や海外にも出張する事が多いとか。

兄は小達一雄さんという方です。

田中好子(元キャンディーズ)さんの夫なんですね!

兄と田中好子さんは、1991年にご結婚されています

夏目雅子さんが亡くなったのが

1985年ですので、その後の事でした。

田中好子さんも55歳にお亡くなりになれていますね。

スポンサーリンク

最後に

夏目雅子の弟の小達敏昭は、プロゴルファーになっています。

そんな弟の娘、風間柚乃は、

宝塚に入って男役としてデビュー。

宝塚音楽学校に入学が決まったときも、

若かりし頃の夏目雅子を彷彿させる

雰囲気を持っていると話題になった風間柚乃でしたが、

早くも、女優デビューが期待されているとか。

宝塚100期生という記念すべき年に入団を果たした風間柚乃。

宝塚ファンでなくとも、今後が気になる女優の一人ですね。

実は、この「瀬戸内少年野球団」、

夏目雅子の遺作であるととともに、

今をときめく国際俳優、渡辺謙の映画デビュー作でもありました。

渡辺謙が後に何度も白血病にかかりながら病を克服したことには、

何か不思議な因縁を感じます。

この「瀬戸内少年野球団」が、30年以上の時を経て、

テレビ朝日のスペシャルドラマとして

再ドラマ化されることが発表されました。

ヒロインには、「国民的美少女コンテスト」出身の、

武井咲が起用されるそうです。

夏目雅子の遺作映画は、

白血病に倒れる直前に撮られた篠田正浩監督の

「瀬戸内少年野球団」でした。

昭和の大作詞家、阿久悠の自伝的小説が原作の

「瀬戸内少年野球団」は、戦後間もない淡路島を舞台に、

野球を通じて国民学校の子供たちと、

若い女性教師との交流をノスタルジックに描いた佳作です。

この作品でもまた、

夏目雅子の「わたしたち、野球をやりましょう」という

台詞が、有名となりました。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ女優芸能・ゴシップ
スポンサーリンク
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました