岡田有希子(アイドル)自殺の原因と新事実の真相は!? 神田正輝の関係真相?

アイドル


スポンサーリンク
岡田有希子(アイドル)自殺の原因と新事実の真相は!? 神田正輝の関係真相?
今では亡き岡田有希子さんですが、

当時は「ポスト松田聖子」と呼ばれるほど逸材で伝説のアイドル。

岡田有希子(アイドル)さんとは、どういう人だったのでしょうか?

スポンサーリンク

岡田有希子(アイドル)のプロフィールについて

名前  岡田有希子

生年月日  1967年8月22日(没18歳)

出身地  愛知県一宮市(出生)  名古屋市熱田市

身長  155cm

血液型  0型

事務所  サンミュージック

スポンサーリンク

元々小学生時代からタレントへの憧れもあり、

学芸会で役者をやったり、

中学生では数多くのオーディションや

ドラマにチャレンジしていました。

役作りのために、アニメ『ベルサイユのばら』の

マリー・アントワネットのをずっと研究していたらしいです。

芸能界には「スター誕生」で合格したことから

デビューするのですが、実際は、親や学校から猛反対をくらっていたそうです。

しかし諦められない岡田有希子さんは、

学校を無断欠席して予選に行ったり、

ハンガーストライキを行い自分の部屋に籠ったりと、

本気という姿勢を見せていました。

その姿を見た親は、頭良いやつでもほぼ達成不可能な条件を提示し、

スポンサーリンク

その時に提示された条件がこちら。

  1. 学内テストで学年1位になること
  2. 中部統一模擬試験で学内5位以内に入ること
  3. 第1志望の名古屋市立向陽高等学校に合格すること

クリアする代わりに認めるといい、

岡田有希子さんは鬼のように勉強して達成!

芸能界では「山口百恵や松田聖子、河合奈保子のような、

日本を代表するトップスターになること」が目標だったそうで、

芸能界への想いが彼女を奮い立たせたのでしょうね。

岡田有希子さんは1984年4月21日に「ファースト・デイト」で

デビューするのですが、その年は1日しか休みがなく多忙だったといいます。

当時のキャッチフレーズは「いつまでも、一緒にいてね。

ステキの国からやって来たリトル・プリンセス」で、

2枚目のシングルで「リトル プリンセス」を発売。

アイドル活動、メディア露出、雑誌撮影など多忙ながらも、

しっかりと実績を残し新人賞を総なめしたのも素晴らしいです。

1985年の2月に入ると体調不良になり、

過労の診断にもかかわらず点滴を打ちながら

芸能活動に打ち込んでいたとか。

連続テレビドラマ『禁じられたマリコ』で初主演など

女優業でも輝かしい実績を残して行きました。

1986年(昭和61年)1月29日に発売したシングル

「くちびるNetwork」が岡田有希子さん史上初めてオリコン1位を獲得。

これまた作詞作曲が豪華で、作詞が当時産休で休んでいた松田聖子さん、

作曲が世界的なミュージシャンの坂本龍一さん。

当時「くちびるNetwork」がCMソングとなったり、

握手会のイベントでは2部構成で4,000人のファンも動員したそうです。

スポンサーリンク

岡田有希子(アイドル)自殺の原因と新事実の真相は!?(動画有り)

岡田有希子さんが飛び降り自殺をしたのは1986年4月8日午後0時20分頃。

こちらは当日午後のワイドショーのニュース動画になります。

ニュース動画によると、岡田有希子さんは、当日の朝10時過ぎ、

引っ越したばかりの東京・青山の自宅マンションで手首を切って

ガス栓をひねって自殺を図りますが、発見され119番されて、

北青山の病院に運ばれました。

岡田有希子さんの傷の具合は大したことないとして、

サンミュージックの元専務の福田時雄さんが、

病院から東京・四谷の事務所へ連れて帰り、

社長室にて付き人を含む3人で話をしていましたが、

福田専務が相澤社長からの電話のため席を外した隙に、

岡田有希子さんは付き人の目を盗み、屋上へ行き飛び降りたのでした。

福田時雄さん曰く、岡田有希子さんは躁鬱の激しい子でしたが、

仕事はコンサートやドラマにと忙しく、仕事が原因ではないとのことでした。

岡田有希子さんの青山の自宅からは「遺書」が見つかりました。

1度目の自殺の後、警察が発見し、

その翌日、岡田有希子さんの両親に手渡されたそうです。

遺書には、「男優の峰岸徹さんにふられた・・・あこがれていたのに、

最近冷たくされて悲しい・・・勝手なことをしてごめんなさい・・・」と

岡田有希子さんが憧れていた俳優の峰岸徹さんの名前が残されていたと報じられました。

岡田有希子さんと峰岸徹さんは、その前の年から始まった

連続テレビドラマ「禁じられたマリコ」で共演をしていました。

当時、峰岸徹さんは42歳、岡田有希子さんとは24歳差でした。

岡田有希子さんの訃報を受け、峰岸徹さんは

「正直、ものすごくショックです。僕は兄貴のつもりでいたんですが、

彼女はそれ以上のプラスアルファがあったのかもしれない。

それが愛だったら、責任を感じます」とコメントしました。

サンミュージックの相澤会長は後に、

亡くなる円実の岡田有希子さんの行動を公表しています。

岡田有希子さんは前日の深夜、世田谷区・成城の峰岸徹さんの

自宅前に1人訪れ、朝方、泣きながら帰宅したのだそうです。

当時の峰岸徹さんは元妻との間に小学生の娘がおり、

新しい婚約者もいたそうです。

事務所に保管されていた日記ノートには、岡田有希子さんの峰岸徹さんへの想いや、

喜ぶさま、成就しない恋と知った苦悩が綴られていたそうです。

岡田有希子さんは峰岸さんに憧れ、

プラトニックな愛を持ち続けて自殺したというのです。

2008年、峰岸徹さんは肺がんにより亡くなっています(享年65歳)。

スポンサーリンク

岡田有希子(アイドル)神田正輝の関係真相?

自殺の真相は恋愛関係で、

そのお相手は峰岸徹さんであると言われていました。

しかしここへ来て、実は恋愛関係のお相手は

神田正輝さんではないかと噂される事態になっているのです。

神田正輝さんと松田誠子さんは85年6月24日に結婚をしています。

その時には岡田有希子さんも結婚披露宴に

出席していることが確認されています。

神田正輝さんと松田聖子さんが結婚してから約10ヵ月後、

岡田有希子さんは自殺をしてしまうのです。

松田聖子さんと神田正輝さんは結婚当時から

仮面夫婦だと言われていたので、もしかしたら結婚前から、

あるいは結婚後に密かに交際をしていたのかもしれません。

峰岸徹さんと恋愛関係にあったと報道されていましたが、

これは事務所による報道操作があったのではとも言われているのです。

本当は神田正輝さんと恋愛関係にあったけれど、

それを隠すために峰岸徹さんをカモフラージュに

使ったという憶測が流れているのも事実です。

更に衝撃の噂も出てきています。

なんと、神田正輝さんとの子供を妊娠していたのでは

無いかとも言われているのです!

既に自殺をして30年が経っていることから、

本当に神田正輝さんの子供を妊娠していたのか

今となっては分かりかねません。

しかし、岡田有希子さんのファンはこの噂は

デマであることを信じていますね!

スポンサーリンク

最後に

神田正輝さんの所属する石原プロモーションは当時、

絶大な力を持っており、峰岸徹さんに岡田有希子さんの

恋愛相手となることを依頼したのだそうです。

別の週刊誌では、岡田有希子さんの本当の相手は、

峰岸徹さんでも神田正輝さんでもなく、

舘ひろしさんだと報じられました。

生前、岡田有希子さんは好みのタイプとして、

藤竜也さん、舘ひろしさんを挙げていました。

松田聖子さんと神田正輝さんを通じて舘ひろしさんと

知り合った岡田有希子さんは恋に落ちますが、

舘ひろしさんは遊びだったことを苦に自殺をしたというのです。

果たして真相はどうなのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アイドル女優歌手芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました