ドラマ 女優 芸能・ゴシップ

小沢真珠(女優)旦那歯科医院“悪女”イメージに感謝!

投稿日:

スポンサーリンク
スポンサーリンク
小沢真珠(女優)旦那歯科医院“悪女”イメージに感謝!

現在放送中のドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)で、

深田恭子演じる主人公・華の母親役・悦子で強烈キャラを発揮している小沢真珠。

劇中には「役立たずのブタ!」と叫ぶなど、

昼ドラ『牡丹と薔薇』(2004年・フジテレビ系)を彷彿とさせるシーンも。

『牡丹と薔薇』以降は“悪女”を演じていないにもかかわらず、

去年の『悪女が似合う女優ランキング』(オリコン調べ)でトップ3にランクインするなど、

15年経ってもそのイメージは健在。

その後も色々な役柄に挑戦していながら、

“悪女”レッテルに張られる苦悩はなかったのだろうか。

バラエティ番組でも求められることが多いので、10年以上やり続けていますからね(笑)。

途中、やらないほうがいいのかなと悩んだ時期もあったのですが、

結局やったほうが盛り上がるので、最近は求められたらお応えするようにしています。

結果、作品になった時におもしろくなっているのを見ると、それが答えなのかなと。

イメージがどうとかを飛び越えて、楽しいことだと思えるようになりました。

なんか、“やりますよ宣言”をしているみたいに

聞こえるかもしれませんが、そういうわけではないです!

なかったですね。逆に「全然違うんだね」と言われることが、おもしろかったです。

そこまでやさしくしていないのに、

「意外とやさしいね」とか言われたり、かなり得していると思います(笑)。

それまでクセのない役が多かったので、ずっと悪女を演じたい願望はあったんです。

でもなかなかそういった役がこなくて。

『牡丹と薔薇』は想像を超える悪女だったので、

事務所の方や周りの方も「大丈夫?」って気を遣ってくれたんです。

でも、自分としてはぜひやりたかったし、お芝居の違う引き出しを開けたかったんですよね。

スポンサーリンク

小沢真珠(女優)のプロフィールについて

名前  小沢真珠  本名  土方 典子(ひじかたのりこ)

生年月日  1977年1月3日(43歳)

出身地  東京都新宿区神楽坂

身長  164cm

血液型  B型

事務所  ボックスコーポレーション

スポンサーリンク

実家の家族構成はお父さん、お母さん、小沢真珠さんの3人家族です。

お父さんのお仕事は新聞記者だということで、とても忙しい方だったのでしょう。

東京生まれの小沢真珠さんですが、幼稚園時代は大阪に住んでいたんだとか。

小沢真珠さんは小さい頃からとても厳しく育てられたんだそうですよ。

不良に走ってしまい髪の毛を金髪に染めたり、

夜に家の窓から抜け出して渋谷のクラブで遊び、

翌朝コインロッカーに預けていた制服に着替えて登校するという

日々を送っていたそうですよ。

高校2年生のときにスカウトされて芸能界デビューし、

デビュー後は芸能活動がやりやすいように通信制の東海大望星高校に転校しています。

スポンサーリンク

 

小沢真珠(女優)旦那歯科医院

小沢さんが結婚を発表されたのは、2014年1月31日のことでした。

お相手は8歳年下で、都内のクリニックに勤務する歯科医なんだそうです!

そもそも歯科医の旦那さんとの馴れ初めとは、一体何だったのでしょうか?

お2人は友人を介して知り合ったんだそうで、

結婚までに約2年間交際されていたんだそうです!

小沢さんは旦那さんの優しい性格に惹かれて交際に発展したんだそうですよ!

なんとできちゃった結婚だったようです!

お2人が結婚を発表された2014年1月31日のはすでに小沢さんは妊娠されており、

9月中旬には出産予定とのことで報じられていました!そういうことから、

小沢さんの結婚はできちゃった結婚だったと言われています。

結婚後、小沢さんは結婚を発表された際に妊娠中だった

第1子を2014年8月28日に出産されています!

その後2016年6月15日には、第2子を妊娠したことを発表され、

同年の10月26日に出産されています。性別は、女の子です。

全てしっかりとお顔は隠されているようです。

また、お名前についても公表されていないようです。

スポンサーリンク

 

小沢真珠(女優)牡丹と薔薇

「役立たずのブタ!」「パパ嫌、パパイヤよ」など、数々の名ゼリフを生み、

「ボタバラ旋風」も巻き起こした “ドロドロ愛憎劇”『牡丹と薔薇』に夢中になった人は多いはず。

なかでも最もキョーレツな役・香世を演じた小沢真珠に、当時の思い出や現在の心境などを聞いた。

あまりに衝撃的なセリフ・場面の数々を、演じていた小沢は当時どうとらえていたのか。

台本を初めて読んだときの印象について、

小沢は「香世という役の強烈なキャラクターに衝撃を受けましたが、

それと同時に『演じてみたい!』という強い思いと興奮を覚えました」と振り返る。

なかでも、小沢の一番のお気に入りのセリフは、「役立たずのブタ!」だそう。

「現場で監督から、『もっとテンションを上げて!!』という指示が常にあったので、

とにかくテンションを上げることが役作りだった気がします。

小劇場などの個性的な舞台を観るのが好きで、

そこに出演されている個性的な役者さんの演技を観て勉強させてもらいました」と、

当時はただがむしゃらにやっていたと話す小沢。

「とにかく中島丈博さんの脚本が面白い! 特に独特のセリフまわしですね」。

確かに、あの常軌を逸したハイテンション・非リアリティ感は、

視聴者を釘づけにした理由の1つなのかもしれない。

スポンサーリンク

 

最後に

土方 寧(ひじかた やすし)氏

小沢さんの曾祖父の名前は、土方 寧(ひじかた やすし)氏。

明治時代の法学者だったそうで、中央大学の創立者の一人でもあります。

この他に、国会議員にもなってご活躍をされた方だそうです

この曾祖父の娘(貞子さん)が婿養子を迎えて結婚。

この婿養子が小沢さんの祖父と云われています。

祖父の名前は、土方成美(ひじかた せいび)氏

東大で経済学を専攻した後、経済学者になり東大の教授を務めたそうです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-ドラマ, 女優, 芸能・ゴシップ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ZARD坂井泉水(歌手)の死の真相とは?

スポンサーリンク スポンサーリンク ZARD坂井泉水(歌手)の死の真相とは? 亡くなってから10年が経つが、 いまだに彼女の歌声は多くの人の心に残っている。 また、その死はあまりに突然だったこともあっ …

槇原敬之薬の代償でアルバム・カバーアルバム・ベストアルバム・youtubeどうなるのでしょうか⁈

槇原敬之薬の代償でアルバム・カバーアルバム・ベストアルバム・youtubeどうなるのでしょうか 2度目になる槇原敬之容疑者 覚せい剤取締法違反などの疑いで逮捕されて しまいました。 3月には他のアーテ …

セイン・カミュ 最高月収に、子供・嫁・現在どのような生活をオクッテいるの?

セイン・カミュ 最高月収に、子供・嫁・現在どのような生活をオクッテいるの?  タレントのセイン・カミュ(49)さん人気絶頂時の最高月収、事務所独立の真相について 調べてみました。 さんまのSUPERか …

藤田恵美(元ル・クプル)カモミール人気だけど『ひだまりの詩』大ヒット当時の本音?

スポンサーリンク スポンサーリンク 藤田恵美(元ル・クプル)カモミール人気だけど『ひだまりの詩』大ヒット当時の本音? ’97年に放送されたフジテレビ系ドラマ『ひとつ屋根の下2』。 劇中で流 …

滝川クリステルワンピース姿でスーパーへセレブママ小泉進次郎と結婚したあと

滝川クリステルスーパーへセレブママワンピース姿小泉進次郎と結婚したあと 今年の1月、小泉進次郎環境相(38)との間に第一子となる息子をもうけたフリーアナウンサーの滝川クリステル(42)だ。 3月上旬、 …

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。