坂本勇人【野球選手】画像かっこいい!彼女結婚相手や中学高校や坂本勇人の中絶トラブルA子を特定!?

スポーツ選手
スポンサーリンク

坂本勇人【野球選手】画像かっこいい!彼女結婚相手や中学高校や坂本勇人の中絶トラブルA子を特定!?

坂本勇人さんのネットで話題になっている

中絶トラブルA子を

特定できるのか気になりますね!

記事の内容は、あまり衝撃的ではありますが、ピルを飲ませて

中〇しは女性も同意してるのだから問題ない。

妊娠したのが発覚した後に、中絶するよう求めながら、

話し合いで家に来た女性に

「妊娠してるからピル無しでもいいよね」と

音声動画が公開されてしまった以上、

批判されるのは当たり前なのですが、

妊娠をして、「好きな人の子供だから嬉しい」と、

「産みたい」と言ってる女性に対して、

中絶を要求するのは酷すぎますね。

このA子は、過去にモデルの里海と以前交際していたと

フライデーされていますが、里海が振られてショックを

受けているという記事を見かけたので

「坂本が遊んだだけ」だと思われますが、

その時期に交際し、坂本勇人と女優の橋本環奈の

交際報道が出た2021年にまで交際していたはずですね!

フラれた腹いせに文春に売った可能性が高いですね。

このA子は貞操概念等が完全に喪失していますね。

自分の人生に諦め、又は満足して、後先を考える

必要性がなくなっているのか、

実は文春からかなりの報酬を貰っている可能性もありますね!。

今回の坂本勇人のA子さんは、証拠をそろえている以上、

当初からこの交際はうまくいかないと

わかっていたことは間違いないとおもいますね。



坂本勇人【野球選手】のプロフィールについて

名前  坂本勇人

生年月日  1988年12月14日(33歳)

出身地  兵庫県伊丹市

身長  186cm

血液型 AB型

所属  読売ジャイアンツ

 

スポンサーリンク

名前の由来は、第58代総理大臣池田勇人さんから

取ったもので、大きな人間になるようにと

名付けられたと取材で話していました!

小学校1年生から野球を始め、所属チームは昆陽里小の

生徒でつくる昆陽里(こやのさと)タイガース。

坂本選手はピッチャーで、バッテリーを組んでいた

キャッチャーはなんと田中将大投手なんです!

幼少期から、チームのメンバーだったお兄さんの

練習に付いてきて、グラウンドの隅で壁に向かって

ボールを投げる遊びをしていたそうです。

監督として二人を6年間指導した山崎三孝さん(75)は

「地道に努力を重ねた田中に対し、坂本は天才肌。

アドバイスをすぐにマスターしました」とコメントしていました。

坂本選手は左利きで当時はスイッチヒッターだったそうです。

しかし、田中投手やほかの生徒の右打者が左翼後方を

直撃する豪快な打球を飛ばすのを見て、「ならば自分も」と

右打ち一本に。山崎さんは、外角球を二塁手の頭上に打つすべを教え、

「僕が大将」というタイプの自尊心をくすぐり、

「二塁打を誰よりもたくさん打てるぞ」と。すると、

すぐにコツをつかんだそうです。

スポンサーリンク

坂本勇人【野球選手】彼女結婚相手は?

現在(いま)ではジャイアンツの顔であり中心選手で、

球界を代表する遊撃手の坂本勇人選手ですが、

プレーだけでなく顔面偏差値も高いと言えますね!

一番結婚まで秒読みだったのではないかと言われていた相手が、

元・体操選手の田中理恵さんでした。

お互いの実家・両親にも挨拶済みで、さらにチーム

読売ジャイアンツも公認していたほど、

結婚をすることになんの疑いもなかったそうです。

坂本勇人選手と田中理恵さんの結婚に対する考え方の違いで、

残念ながら破局してしまうことになります。

坂本勇人選手が、結婚する相手へ求める条件として

〝24時間自分を支えてくれる人〟と、

コメントしていたみたいで、超一流のプロ野球選手ですので、

心身共に支えてくれる人がいることは

必須条件だといえるとおもいますね!

現在も、その条件を満たす女性とは出会ってないみたいで、

後輩に「俺、結婚できんかもしれんわ」と、

結婚に対して後ろ向きな発言をしていた坂本勇人選手。

スポンサーリンク

坂本勇人【野球選手】中学高校は?【動画あり】

『伊丹市立松崎中学校』時代は、中学硬式野球チーム

『伊丹シニア』に所属し、中学時代の坂本勇人選手は

〝スイッチヒッター(左右両打席で打つ打者)〟だったそうで、

野球が上手くても中々左右両方打ちは難しいはずなので、

中学時代から野球センスと器用さが凄かったと思われます。

高校は甲子園常連校の『八戸学院光星高等学校』の出身で、

地元から離れて青森県の強豪高校に進学した坂本勇人選手。

高校1年の秋には遊撃手(ショート)のレギュラーの座を勝ち取り、

高校通算39本のホームランも記録しています。

高校時代からすでに凄い選手特有の雰囲気を纏っていたそうです。

高校1年の冬に野球を続けるか迷った時期も

あったみたいですが、仲間や親の支えがあったおかげで、

辞めずに乗り越えたことが坂本勇人選手にとって

非常に大きな人生のターニングポイントに

なったに違いないでしょうね。

八戸学院光星高校の監督は、坂本勇人選手が入学した時から

〝この子は必ずプロに行くだろう〟

と確信したそうです。

スポンサーリンク

最後に

坂本勇人は、巨人軍でキャプテンを務めるプロ野球選手です。

遊撃手のレギュラーを張り、野球センスと爽やかな笑顔が印象的で、

ファンから絶大な人気を博しています。

遊撃手といえば守備が優先されがちです。

バッティングは非力な場合も多いですが、

彼の場合は違います。勝負強さとパンチ力も兼ね備え、

「打てるショート」としてダイナミックなプレーを披露し、

その華麗なイメージからついた呼び名が「巨人軍のプリンス」。

坂本勇人には、母親との感動的な秘話があります。

ルーキーイヤーの2007年、坂本勇人は、母親を癌で亡くしていました。

ドラフト会議で指名を受けた頃、医師からは、

「癌が末期状態で、余命は数カ月」と

非情な宣告を受けていたそうです。

最愛の母親が余命いくばくもないと聞いた坂本勇人は、

衝撃を受けるとともに、悩み苦しんだことでしょう。

かつてこんなことがありました。同級の田中将大と飛距離を競い、

左打席で打っていた坂本勇人。しかし、なかなか敵いませんでした。

母親が言ったのが、「左がアカンなら右で打ってみたらええやん。

落ち込んでもどうにもならんでしょ」。

当時を振り返って、坂本勇人は、「野球を何一つわかってないのに、

口をはさんできた。でも、母の言葉がなかったら

今の自分はなかったかもしれない」と語っています。

その後はずっと右一筋。プロ入り1年目で、2軍のレギュラーとして

活躍していた最中に闘病中の母親を招待した試合では、

見事にホームランを打ちました。これには母親も大喜びだったとか。

試合後のインタビューでは、「おかんの体調が思わしくないので、

目の前でホームランを打てたのは何よりだった」とコメントしています。

その約1カ月後に母親は他界。振り返ってみると、

母親が観戦する前でしっかりと結果を残したのは、

これ以上ない親孝行でした。

彼は、最愛の母親を失うという痛手を乗り越えて、

巨人軍の中心選手として成長しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ選手プロ野球選手芸能・ゴシップ
スポンサーリンク
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました