三遊亭好楽(落語家)家入レオとの関係と息子が結婚で孫がいる!?

タレント
スポンサーリンク

三遊亭好楽(落語家)家入レオとの関係と息子が結婚で孫がいる!?

三遊亭好楽さん、7/14(水)の13:00から

テレビ朝日の徹子の部屋に出演します!

放送開始から50年を迎えた

国民的演芸番組『笑点』。

大喜利では各メンバーの個性的なネタが人気です。

桂歌丸師匠の恐妻ネタ(実は賢妻、妻の鑑)に始まり、

林家木久扇師匠の木久蔵ラーメンはマズいネタ(実は結構イケる)、

三遊亭小遊三師匠の犯罪ネタ(実は前科なし)など、

お互いがイジり合うことによる

相乗効果で笑いを誘います。

そんなメンバーの中で唯一

「キャラの立たない落語家」として

話題に上っているのが、三遊亭好楽師匠です。

好楽師匠は『笑点』で30年以上も

レギュラーポジションにいながら、

今まで他のメンバーのような

「キャラ立ち」がありませんでした。

「個性のない好楽はつまらない」

「ネタが面白くない」とネット上で

騒がれたのですが、そんな好楽師匠が

とうとうやってくれました。

2015年5月に『笑点』で

座布団10枚を獲得したのです。

 

三遊亭好楽(落語家)のプロフィールについて

名前  三遊亭好楽  本名  家入 信夫(いえいり のぶお)

生年月日  1946年8月6日(74歳)

出身地  東京都豊島区東池袋

身長        165cm

血液型      B型

所属  五代目円楽一門会

三遊亭好楽さん、8人兄弟の6番目、父親は警察官でしたが

5歳の時に亡くなったので、兄弟は小さい頃から

新聞配達をして家計を助け、好楽さんも小学3年生から始めました。

ガキ大将で近所で悪いことをしては、

母親が謝りに行くというような子供だったそうです。

一家の大黒柱となったお母さんは、

めったに笑うことがなかったそうですが、

一日の仕事を終えて夜10時頃になると

ラジオで落語を聞くのを楽しみにしていました。

「あの怖いおふくろが笑ってる」わけを知りたくて

聞くようになったら、落語の面白さに

夢中になってしまいました。

高校生になって近くの池袋演芸場に

毎日通うようになり、落語家になってから

古今亭志ん朝師匠に「おまえのせいで毎日ネタを

変えなきゃならなくて、気が抜けなかった」と

言われたそうです。

「落語は全部一人でやれて、登場人物を演じ分けられる、

こんなすばらしい芸はない」と思って、

家族の反対を押し切って「落語家になる」と宣言しました。

ところが入門の仕方がわかりません。

林家正蔵師匠に弟子入りする決心をして、

いきなり訪ねていったら断られましたが、

3日通ったら名前を聞かれ、本名の「のぶお」というのが

亡くなった息子さんと同じ名前だったので、

師匠は「のぶおが帰ってきた」といって

入門が許されたそうです。

好楽さんは、なかなかの強運の持ち主ですね。

スポンサーリンク

三遊亭好楽(落語家)家入レオとの関係は?

三遊亭好楽さんと歌手の家入レオさんが

親戚だという噂があるようですね。

三遊亭好楽さんは、本名が

「家入信夫(いえいり のぶお」さん。

家入レオさんの本名は、

「家入稚奈(いえいり わかな)」さん

苗字が同じなんですね!

そこから「親戚なのでは?」と考えた人がいて、

噂になったのだそうです。

親戚かどうか、という点については、調べていると

「親戚ではない」という情報がありました。

「家入」という苗字は、日本人全体で

2100人ほどしかいないそうで、

地域は福岡県や熊本県に多いそうです。

家入レオさんは福岡県の出身ですよね。

家入レオさんについては、家入稚奈という

名前の他に、伊東稚奈という名前も出てきました。

スポンサーリンク

三遊亭好楽(落語家)息子が結婚で孫がいる!?

長男である息子さんは落語家の三遊亭王楽さん。

好楽師匠の弟弟子にあたります。

好楽さんの長男・三遊亭王楽さん(43)が

芸歴20周年を記念した独演会を

東京芸術劇場にて7日連続で開催。

初日は父・好楽さんがゲスト出演し、

さらに息子2人が落語デビュー。

親子3代での落語会が実現しました。

孫たちが落語会に出演するのは

今回が初めて。

この日のために自宅兼寄席

“池之端しのぶ亭”などで約1か月間、

稽古に励んできました。

王楽さんいわく「すでに、おじいちゃんを超えた」と

いう将来有望な小学2年生の兄・家入理史くん(8)は

約5分間にわたり『平林』を熱演。

「緊張したよ」と言いつつも、堂々とした

態度で早くも大物ぶりを発揮していました。

将来、落語家になりたいか聞いてみると、

兄・理史くんは「ほんの少しだけあります」と宣言し、

親子3代の落語家ファミリー誕生の可能性も。

弟の康至くんが将来なりたいのは「戦国武将です。

カッコイイからです」と子供らしく話していました。

スポンサーリンク

最後に

今でも新幹線に一時間と言うだけで、

ビール5本を買って乗車するほどお酒好きな好楽師匠。

健康診断を受けるのが嫌で、

一時は腸に5つのポリープを抱えていたとか。

今でこそ「キャラが立たない」「面白くない」との

指摘が多い師匠ですが、前座時代はなかなかの

「ヤンチャ」だったらしく、

好きな酒が興じて数々の

失敗エピソードをお持ちです。

行きつけのスナックで払えなくなった

「ツケ」を師匠に勝手に回してしまうなどの

武勇伝もその一つ。激怒した師匠から

23回も破門を食らってしまったらしいのですが、

そこは人情味の厚い落語会。

破門後もいつしか弟子に復帰出来てしまったのだとか。

若い頃から色々な人に助けられた好楽師匠。

落語家の育成のため、2013年に新築した

自宅の一角に「池之端しのぶ亭」(台東区池之端)を

オープンさせました。

40~50名収容可能な寄席小屋で、

若手の落語会や好楽師匠ご自身の独演会も

意欲的に開催しています。

「改名を機に卒業」との名目で一時期

『笑点』を降板した好楽師匠でしたが、

実はその間、仕事が激減してしまい、

自宅に引きこもり状態になってしまいます。

毎日酒浸りになる夫に奥様は責めることなく

「ずっと家に居ないで、たまには外出してみたら」と優しく

促し、これがきっかけで好楽師匠は

草野球を始めるなど、

何事にもアクティブになれたそうです。

その上奥様は収入がなく家計が

苦しかったことにも関わらず、

夫の草野球仲間を自宅に呼んで

手料理でもてなしました。

そんな妻の温かい支えと周囲の人たちに助けられて、

見事『笑点』に復帰した好楽師匠。

奥様の言うことが、やっぱり、

正しいのではないでしょうか

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タレント芸能・ゴシップ落語家
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました