ソ・イェジ(女優)東方神起ユノとの関係の真相!?人気女優が交際俳優へ

ドラマ


スポンサーリンク
ソ・イェジ(女優)ユノとの関係の真相!?人気女優が交際俳優へ
4月12日、韓国メディア『ディスパッチ』は同国の人気女優から

交際俳優へ送ったメッセージを公開した。

女優は20年に放送されたドラマ『サイコだけど大丈夫』で主演を務め、

日本でも人気の高いソ・イェジ(31)。

交際相手の俳優は、ドラマ『愛の不時着』などに

出演したキム・ジョンヒョン(31)だ。

『ディスパッチ』によると、他の女性と親密に接しないようイェジが

ジョンヒョンを「洗脳」していたとのことで、

韓国芸能界が騒然としている。

『ディスパッチ』は、冒頭で紹介したイェジからメッセージに対し、

ジョンヒョンがこう答えたと報じた。

「女性スタッフには挨拶すらしていない」「君しか触れないボクの手」

「(現場では誰とも話さず)台本しか見ていない」……。

「ジョンヒョンの態度がおかしいと感じたのは、

18年のドラマ『時間』の制作発表でした。

相手役で主演のソヒョン(『少女時代』のメンバー)が

カメラの前でポーズをとるため腕を組もうとすると、

ジョンヒョンは振り払って拒否。

ずっと無言で無表情をつらぬき、態度の悪さが話題になったんです。

「ジョンヒョンはイェジの指示に従い、共演女性との接触を無くすよう、

たびたび台本の変更を要求したようです。

現場は大混乱。反発を受けたジョンヒョンは、

精神的なダメージを受けドラマを途中降板します。

ドラマでジョンヒョンの役は、海で溺れ亡くなったことになっていました」

「当時ジョンヒョン氏側からもイェジ氏に対し、

他のドラマでキスシーンを撮影するなといったメッセージが送られました。

イェジ氏も『だったら、あなたもするな』と。

恋人同士の嫉妬まじりのやりとりです。(途中降板したのは)

ジョンヒョン氏に別の事情があったと思われます」

「初の主演を務めたドラマ(『時間』のこと)で、

私にとって特別な作品でした。しかし監督、作家、出演者、

スタッフに大きな失望とキズを与えてしまった。申し訳ございません。

時間を取り戻したいほど後悔を重ねています」

メッセージのやりとりは単なるカレシとのケンカ。

イェジの束縛が理由で、撮影に支障をきたした

ワケではないと主張したのだ。ジョンヒョンは、

4月14日にイェジの名前をふせつつ直筆の謝罪文を公開。

スポンサーリンク

ソ・イェジ(女優)のプロフィールについて

名前  ソ・イェジ

生年月日  1990年4月6日(31歳)

出身地  大韓民国 ソウル特別市

身長  170cm

血液型  0型

事務所  ゴールドメダリスト

スポンサーリンク

将来はアナウンサーの夢を持っていました。

声が低いことがコンプレックスでしたが、

その低音がスペイン語とよく合うと思い、

20歳のときに全く何も話せない状態で

家族の反対を押し切りスペインに留学。

丸三年勉強してアナウンサーの夢を育て、

矯正していた歯のことで韓国に一時帰国した際に

人生の転機が訪れました。

韓国で歯科に行ったところ、

そこで事務所の代表に出会いスカウトされました。

「歌もダンスも演技もやったことがない」と何度も断り、

ご両親も大反対で「早くスペインに戻りなさい」と

言っていたそうですが断りきれず「3ヶ月だけやってみる」という

約束で最終的に芸能界の道に入ることに。

この時スペインの大学合格しており入学準備中でしたが、

結局入学はせず韓国で活動することになりました。

2013年「SKテレコム」CMでデビュー後、同年9月コメディドラマ

「じゃがいも星 2013QR3」でドラマにも出演。

このドラマ内でアメリカに留学経験のある役でしたが、

監督がスペイン語が堪能なことを知って設定を変えてくれたそうです。

全くの新人女優であるにもかかわらず、

初登場から自然な演技でドラマスタッフを驚かせ、

この作品のキム・ビョンウクPDは制作発表会で

イェジさんについて「3年後とても大きくなるだろう」と

確信に満ちた発言をして話題となりました。

その後もドラマと映画でキャリアを積み、

2016年人気ドラマ「花郎(ファラン)」に

出演したことで一気に知名度がアップ!

2017年ドラマ「君を守りたい~SAVE ME~(原題:助けて)」で

ヒロインを演じ、この年を代表する作品に挙げられるほど大ヒット!

デビュー作のプロデューサーの見込みどおり、

主演を務める女優に大きく成長しました。

スポンサーリンク

ソ・イェジ(女優)東方神起ユノとの関係の真相!?

人気グループ東方神起のメンバーで俳優のユノ・ユンホ(28)と

女優のソ・イェジが(24)が熱愛中であると

韓国芸能メディア「スポーツソウル」が8日、報じた。

報道によると、同日芸能界関係者を引用して

「ユンホとソ・イェジがドラマを撮影しながら

お互い好意を持って付き合っている。

演技についての悩みも共に分けあっている美しいカップル」としながら

「周囲の視線があるので撮影現場内では用心深く行動しているが、

休日には2人で仲良くデートもする」と伝えた。

ユノ・ユンホの所属事務所SMエンターテインメントは

熱愛説について「ユンホとソ・イェジは

同じドラマに出演するただの仕事仲間」としながら

「熱愛説は事実でない」と話した。

また、この熱愛説に対してソ・イェジの所属事務所も

「熱愛ではない」と否認した。

スポンサーリンク

ソ・イェジ(女優)性格が悪い!?

2017年、とあるポータルサイトには

「ソ・イェジさんの人柄はどうですか?ファンなので気になります」という

質問が投稿され、それに対して長文のコメントが寄せられいた。

その文章によると、「悪口は基本だった。車内で喫煙をしていたので

間接喫煙の被害を受けたのはもちろん、

タバコのおつかいで小さなミスをしたら

顔にタバコの煙を吐かれながら叱られた」という。

「スタッフたちを人間扱いせず、

牛や豚のように無視するのは業界で有名だ。

(ソ・イェジが)撮影している間に飴を食べていたら、

『女優が演技をしているのに、よくも飴なんか食べられる』と怒られた。

それ以降、飴にトラウマができた」そうだ。

「マネージャさんたちも辛くて泣くし、本当にすごい人だ。

(ドラマ)現場のスタッフたちが私たちに同情するほどだった」と伝えている。

「ソ・イェジの口癖は、『役者は感情的に働く人だから

スタッフたちが合わせなきゃ』だった。

それでいて、自分のスタッフたちの人格は踏みにじった」という。

スタッフらが辞めるたびに「この業界は狭い」「言葉に気をつけろ」

「この業界で働けなくしてあげても良い」など、

脅迫めいた発言もしたいう。

スポンサーリンク

最後に

ソ・イェジはスペイン最高の名門大学と呼ばれる

マドリード・コンプルテンセ大学に合格していたが、

仕事などの事情で入学できなかったというのが、

所属事務所ゴールドメダリストの発表だ。

インターネットコミュニティーでソ・イェジが現地の大学に

入学した事実さえないと主張する文章も投稿されている。

投稿者はソ・イェジと同時期にスペインにいて、

接触したこともあるという人物だという。

当該の文章が事実か確認できていないが、

疑惑が浮上しただけでもソ・イェジにとってはマイナスだ。

そのためどのような方法であれ、ソ・イェジ側は“証明”することが必要だ。

合格証明書でなくても、

合格に関連した文書を公開することは

難しくないというのが業界の意見だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ女優芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました