すぎやまこういち(作曲家)ドラクエ12ギネス認定や結婚相手の妻馴れ初めは?

作曲家
スポンサーリンク

すぎやまこういち(作曲家)ドラクエ12ギネス認定や結婚相手の妻馴れ初めは?

「ドラゴンクエスト」シリーズの楽曲で

知られる作曲家・すぎやまこういち氏が、

84歳292日で「最高齢でゲーム音楽を作曲した作曲家」として

ギネス世界記録に認定されました!

1986年に第一弾がリリースされた

「ドラゴンクエスト」シリーズの

音楽もすべて担当していますね!

本作書き下ろしの楽曲を

多数制作するなど精力的な

活動を続けていました。



すぎやまこういち(作曲家)のプロフィールについて

名前  すぎやまこういち  本名  椙山 浩一

生年月日  1931年4月11日(90没)

出身地  東京都台東区

身長   非公表

血液型  0型

事務所  スギヤマ工房

 

スポンサーリンク

すぎやまさん、そもそもフジテレビで

ディレクターとして番組を

制作されていました。

手がけられた番組は「新春かくし芸大会」や

「おとなの漫画」など名物番組ばかりですが、

代表作は何と言っても伝説的な音楽番組

「ザ・ヒットパレード」でしょう。

ザ・ピーナッツ、ザ・タイガース、中尾ミエ、

伊東ゆかりなど大スターを輩出した番組ですが、

この番組でなんとテーマ曲の作曲や

番組で紹介する曲の編曲も手がけられていたそうです。

さぞかし幼少期より音楽教育をがっつり

受けていたのではと思いきや、

実はすべて独学だったそうです。

音楽好きのご両親で、お父さんのギターに

あわせて家族で合唱して遊んでいた頃から

音楽家を夢見ていたそうですが、

戦争たけなわの当時、

ピアノなど習うどころではなかったとのこと。

すぎやまさんの通われていた

中学校では音楽の授業が重視されており、

先生がオルガンで弾いた和音の構成音を答えるという、

いわゆる“ソルフェージュの聴音”といった

内容も行っていたそうです。

この教育のおかげで大分耳が鍛えられた、

とすぎやまさんはおっしゃっていましたが、

この授業の本当の目的を聞いて愕然!

音の聞き分け能力を高めることによって、

飛んでいる戦闘機の種類を

見分けるためだからだったそうです!

敵機か味方かを知ることはこの時代、

最重要だったのです。

しかしそんな時代の中でも、

すぎやまさんの夢は

「オーケストラの指揮者になる」ことで、

その後音楽大学を受験することも

検討したそうですが、受験科目に

“ピアノ実演”があったため泣く泣く断念し、

仕方なく東京大学に(!)進学されました。

指揮をするすぎやまさんのお姿は、

喜びに満ちていますよね。

音楽家を夢見たすぎやま少年が

そのまま大きくなり、

指揮棒を振っているように見えます。

ゲーム大好きなすぎやまさんが

ゲームメーカーに愛用者カードを送ったのが

きっかけで音楽を担当することになった

「ドラゴンクエスト」も今年で誕生25周年

50歳を過ぎてから出合ったお仕事なんですよね!

子供から大人までこの音楽でワクワクするのは、

何よりすぎやまさんご本人が

音楽を奏でることに

ワクワクしているからなんでしょうね!

スポンサーリンク

すぎやまこういち(作曲家)結婚相手の妻馴れ初めは?

お嫁さん(妻)とは、ザ・タイガースの収録で

知り合い結婚されています。

すぎやまさんの妻は、椙山之子さんは、

スギヤマ工房の代表取締役をしています!

「スギヤマ工房」は、すぎやまさんの所属

されている会社です!

すぎやまさんの妻は、11歳下で

元ビオラ奏者であり

芸大弦楽科を卒業をしています!

顔画像はありませんが、

妻にお会いしたことのある方は

「気さくで品がある」と言っているそうです!

とてもお綺麗なかたなのだと思います。

スポンサーリンク

すぎやまこういち(作曲家)息子は?

すぎやまこういちさんの息子さんは、

時宗大(ときむねだい)さんで、

石田班に所属してたフジテレビの

プロデューサーになります。

石田班は、フジテレビのプロデューサー

石田弘さん率いる班になります。

この班は、「オールナイトフジ」

「夕やけニャンニャン」

「とんねるずのみなさんのおかげです」などを

担当されています。

もの凄く懐かしいですね!

「ミュージックフェア」の演出、

ドラマ「ザ・ヒットパレード?芸能界を変えた男・

渡辺晋物語?」の音楽監修も担当し

2015年から「アイドリング!!!」の

コンテンツプロデューサー、

日本最大級のアイドルイベント

「TOKYO IDOL FESTIVAL」の

総合演出を担当していました!

スポンサーリンク

最後に

京都にも事務所があって

半分自宅、半分事務所です。

自宅で仕事もするというスタイルなんですよ。

仕事を京都でやることはよくあります。

年間を通じて、2ヶ月くらいは京都住まいです。

もともとカメラのコレクターをやってましたが、

それは全て忙しいから止めまして。

あとは“食い道楽”。食べ物が大好き。

お酒を飲めない分、もっぱらそちらの方ですね。

京都に居を構えた一つの理由も錦市場

京都市中京区にある生鮮食品などが並ぶ市場

だったんですけどね。

今や錦市場が、市場というより観光地に

なっちゃって、ちょっと面影が変わってしまいましたね。

でも、まぁ、京都には好きな食べ物が

色々ありますからね。京都や大阪、

やっぱり関西の方が関東より

僕の口には合っているそうです!

僕のルーツは全部関西ですから。

僕の祖父は奈良生まれだし、

祖母は京都の宇治だし、親父は大阪生まれ。

母親は九州、大分の竹田ですけどね。

だから、味の好みもどちらかと言うと関西系です。

とにかくドラクエⅠを初めてやった時に、

「これは面白いゲームだ」と思ったし、

色々と印象に残ってますね。

Ⅰ、Ⅱ、Ⅲが一つの区切りで、Ⅲも大好きでしたし、

Ⅳからまた新しく始まるという感じで、

それぞれのキャラクターの

音楽を作るのも楽しみでしたね。

すぎやまこういちおすすめグッズ!

 

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

交響組曲 ドラゴンクエスト5 天空の花嫁 [ すぎやまこういち ]
価格:4400円(税込、送料無料) (2021/10/7時点)

楽天で購入

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
作曲家芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました