須崎優衣(レスリング)かわいいので彼氏やカップサイズ再び掴んだ天使に1本!?

スポーツ選手
須﨑優衣/Yui Susaki, JUNE 16, 2019 - Wrestling : Meiji Cup All Japan Selection Championship Women's Free style -50kg Award Ceremony at Komazawa Olympic Park Gymnasium, Tokyo, Japan. (Photo by Naoki Morita/AFLO SPORT)
スポンサーリンク

須崎優衣(レスリング)かわいいので彼氏やカップサイズ再び掴んだ天使に1本!?

女子50キロ級を金メダルを獲得した

須崎(すさき)優衣が7日、

表彰式に現れ

涙を流した決勝後のインタビューでは

「本当に、ちょっと泣き止んで、

皆さんに最高の笑顔を

見てもらえるように準備してきます」と話しており、

同式では満面の笑みを浮かべることができました!

スポンサーリンク

須崎優衣(レスリング)のプロフィールについて

名前  須崎優衣

生年月日  1999年6月30日(22歳)

出身地  千葉県松戸市

身長  153cm

血液型   非公表

種目  レスリング

 

スポンサーリンク

須崎優衣さんの実家の家族構成は、

父親、母親、姉の4人家族です。

須崎優衣さんの父親の名前は、

須崎康弘さん。

父・康弘さんは、須崎選手と同じく、

早大のレスリング部出身。

オリンピックで活躍した日本代表の試合を

ビデオに収め、自宅でよく見ていたんだとか。

お父さんの職業は、元々銀行に勤めていましたが、

財務コンサルタントとして独立。

訪問歯科事業の(株)デンタルネットで

代表取締役社長を務めていました。

現在、同社の社長は別の方に

なっているようですね。

須崎優衣さんにはお姉さんがいて、

名前は須崎麻衣さん。

実は姉の麻衣さんも、

早大のレスリング部出身なんだとか。

年齢は、優衣さんより4歳年上になります。

小学校1年の時に松戸ジュニア

レスリングクラブでレスリングを始め、

3年の時に全国少年少女選手権で

優勝しています!

小学5年生のときに

吉田沙保里(よしだ・さおり)選手に憧れ、

オリンピックでメダルを取りたい!

と考えるようになったそうです!

中学は松戸市立六実(むつみ)中学校に

進学しましたが、中学2年からは

東京・北区立稲付(いなつけ)中学校に

転校しています。

全寮制のJOCエリートアカデミーに

入寮したためです。

中学時代の(レスリングの)成績は華々しく、

全国中学生選手権と全国中学選抜選手権を

それぞれ3連覇し、中学6冠を達成。

中学時代は国内外全ての試合で

勝利したことになります。

高校は東京都北区にある

安部学院高等学校へ進学します!

世界カデット選手権を制覇しましたが、

シニアの日本一を決める全日本選手権で

永遠のライバル・入江ゆき選手が

立ちはだかります。

7歳年上である入江選手に0-10の

テクニカルフォール負けを喫し、

中学1年からの連勝記録が「83」で

止まりました。

大学は早稲田大学スポーツ科学部に

進学しています。

スポンサーリンク

須崎優衣(レスリング)彼氏やカップサイズは?

インスタに彼氏らしき画像がありました。

お相手の方の詳細な情報は

見つかりませんでしたが

これから、結婚の相手になる人かもしれませんね!

気になる胸カップはどうでしょうか?

サイズは公表されてませんので

写真などからの推測になりますが

かなり抑える感じのユニフォームを着ていて

このボリューム。ネット上では

Bカップとの噂ですが

Cカップ以上あるようなかんじで

個人的には感じますが

いかがなもでしょうか?

スポンサーリンク

須崎優衣(レスリング)筋肉がスゴイ!?

かわいい顔で注目される須崎優衣選手ですが

レスリング選手だけあって、

その肉体はバキバキなんですね!

形がはっきりわかる程バキバキの腹筋が見事です

上半身が綺麗に逆三角を描いていますね。

引き締まった腰から

足にかけても素晴らしいです。

トップアスリートの肉体は

本当に芸術品ですね。

スポンサーリンク

最後に

開会式では旗手も務めた

「東京五輪の申し子」。

1度は出場が絶望視された舞台で、

14年から海外勢負けなしの強さを

証明しました。

17、18年世界選手権2連覇など

順調だった須崎に試練が訪れたのは

19年7月。入江ゆき(自衛隊)に敗れ、

自力での五輪出場が絶望的になった。

それでも「0・01%でも可能性があるなら

信じて頑張ろう」と敗戦から3日後に

練習を再開。宿敵が2カ月後の世界選手権で

五輪内定を逃し、須崎の自力での

五輪出場の可能性が復活しました!

19年12月の全日本選手権で

入江登坂を破って優勝。

コロナ禍では技に入るまでの組み手を強化した。

早大の練習では2、3階級上の男子学生と

スパーリングを繰り返し、21年4月のアジア予選で

頂点に立ち、初の五輪代表をつかんだ。

挫折を乗り越え輝いた。

ここまでの努力が並大抵なもの

ではないことがわかりますね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ選手レスリング芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました