田臥勇太【バスケ選手】インスタイケメン!熱愛彼女結婚しているの?中学高校大学やバスケシューズの結び方に命を吹きかけていた!?

スポーツ選手
スポンサーリンク

田臥勇太【バスケ選手】インスタイケメン!熱愛彼女結婚しているの?中学高校大学やバスケシューズの結び方に命を吹きかけていた!?

田臥勇太さんは、日本人初のNBA選手である

パイオニアの意外にも、

靴紐の結び方にこだわりがあり、

時間をかけ過ぎるため、短縮に向けて

試行錯誤しているそうです!

甲や踵(かかと)の収まりが悪かったり、

左右の締め付け方が違うと気持ち悪かったりしますよね!

いろいろ微調整していると、時間がかかってしまうが、

結ぶ時はずっと同じ姿勢で身体に負担がかかるで

パフォーマンスを上げるためにやっているのに

本末転倒なので、5分ぐらいでできるようにしたくて、

家で挑戦しているんだそうです!

靴紐の結び方にこだわり始めたのは約9年前で

2011~’12年シーズンに踵を負傷したのを機に、

シューズのインソールを足形に合わせた特注品にしたんだそうです!

靴が足にフィットした状態で紐を締めることの重要性を実感したんだそうで

試合前に田臥が長時間かけてシューズを履く姿は

クラブ関係者やファンの間では

お馴染みの光景になっているんだそうです!



田臥勇太【バスケ選手】のプロフィールについて

名前  田臥勇太

生年月日  1980年10月5日(41歳)

出身地  神奈川県横浜市金沢区

身長  173cm

血液型 A型

所属  宇都宮ブレックス

 

スポンサーリンク

お祭り好きの父親、直人さんが、太く勇ましい男になって欲しいと

勇太と命名。驚くことに、勇太は生まれてわずか3ヶ月で

歩き始めたそうです。子供の頃から野球・水泳など

何をやってもスポーツ万能だった勇太少年。

母親の影響で小学校2年生よりバスケットボールを始め、

地元横浜市でコツコツと練習を重ね実力をつけていきました。

小学校3年生のときには掛け持ちでソフトボールも始め、

その能力はシニアリーグからの誘いもあるほどだったとか。

この運動神経の良さは、まさにアスリートになるために

生まれてきたといっても過言ではないですね。

その後高校時代にはバスケットボールの名門校に入学し、

すぐにスタメンとして活躍しています。

小学校のバスケット部に入部。瞬く間にチームの中心選手となり、

全国大会に3度出場。早くもその才能の片鱗を見せ始めました。

スポンサーリンク

田臥勇太【バスケ選手】熱愛彼女結婚しているの?

調査による現在、田臥勇太さんは結婚していません。

週刊誌等で熱愛報道が報じられ、

結婚間近ではと言われていましたが、

破局に終わってしまったそうです。

現在でも現役でバスケットボールを続けており、

多忙な事が理由のひとつかもれしれません。

スポンサーリンク

田臥勇太【バスケ選手】中学高校大学は?

田臥勇太さんの中学校は、大道中学校です。

中学3年の時には、主将としてチームを引っ張り

男子バスケット部創設以来初めての全国大会ベスト4入りを果たします。

この頃すでに「田臥勇太」という名は、

地元横浜は勿論、全国に轟いていました。

実は田臥選手は中学生時代にある運命的な出来事を経験していて

CM出演の話が舞い込んできたのです。

共演の相手は、当時NBAのスターであった

パトリック・ユーイングさんだった。

撮影が行われたのはアメリカのニューヨーク。

その合間にバスケットボールの聖地

『マディソンスクエア・ガーデン』へも足を運び、

本場NBA選手のプレーを目の当たりにしています。

中学生だった田臥選手の目に焼き付いた

本場NBAの世界だったそうです。

田臥選手の出身高校は、秋田県立能代工業高等学校。

この高校はバスケットボールの名門校で。

入学後頭角を表してスタメンとして活躍し、高校総体・国体・

全国高校選抜の3大タイトルを3年連続で制するという、

史上初の「9冠」も達成しています。

高校時代には全米ジュニア選抜と世界ジュニア選抜に

日本人として初選出された経歴ももっています。

国内進学ではなく、ブリガムヤング大学ハワイ校への

留学の道を選んでいます。

初めて選手登録された際には「日本のジョーダン」と紹介され、

試合の功績からMVPに選ばれたこともあるんですよね。

大学は3年半で中退した田臥選手だが、

中退した年の2002年5月に日本の社会人リーグの

トップリーグであるスーパーリーグの

トヨタ自動車アルバルクに入団するためです。

初年度から新人王を獲得し、オールスターでは

ファン投票1位で選出されるなど、

着実に日本バスケットボール界におけるスターの道を

歩みだしたように見えた田臥選手。

翌年2003年にチームを退団。

同年9月にはNBAのデンバー・ナゲッツと契約し、

本場アメリカのリーグに挑戦します。

スポンサーリンク

最後に

デンバー・ナゲッツでは契約から3試合に出場するも、

開幕メンバーに選ばれることなく解雇となってしまいますが

しかし、翌2004年にNBAのフェニックス・サンズと契約を行い、

遂に念願の開幕メンバーへの登録を果たします。

この瞬間、日本人として初となるNBAプレイヤーの

誕生となりましたが、田臥選手はバスケットボール選手としては

決して恵まれた体格をもった選手ではないですが

弱点とも思える小柄な身体を生かしたスピード性、

もって生まれたパスセンスや広くコートを見渡せる視野など、

細かな技術を磨いた結果が本場の世界への門戸を

開くことができたんだとおもいますね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ選手バスケットボール選手芸能・ゴシップ
スポンサーリンク
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました