タイガー・ウッズ(プロゴルファー)依存症事故から「回復中」脚にはボルトやロッド挿入!?

スポーツ選手


スポンサーリンク
タイガー・ウッズ(プロゴルファー)依存症事故から「回復中」脚にはボルトやロッド挿入!?
23日に米ロサンゼルス近郊で自動車事故を起こし、

両脚に大けがをして手術を受けたゴルフの

タイガー・ウッズ(Tiger Woods)選手の容体について、

事故から「回復」していることを入院中の病院が明かした。

ウッズ選手のツイッター(Twitter)アカウントが、

入院しているハーバーUCLA医療センター(Harbor-UCLA Medical Center)の

コメントなどの発表文を投稿し、同選手が右脚の膝下と足首の「重大な外傷」を

修復する手術を受けたこと、手術の一環として、

むこうずねの骨にロッドを挿入し、

「ボルトとピンを組み合わせて」足と足首を固定したことを明かした。

発表文には、ウッズ選手が「現在は意識があり、

問いかけにも反応していて、病室で回復に向かっている」とも

書かれている。現時点でこれ以上伝えられる情報はないとのことで、

現場で対応した人々や、無事を祈ってくれた人々への感謝もつづられている。

スポンサーリンク

タイガー・ウッズ(プロゴルファー)のプロフィールについて

名前  タイガー・ウッズ  本名  エルドリック

生年月日  1975年12月30日(45歳)

出身地  アメリカ合衆国カリフォルニア州サイプレス

身長  185cm

スポンサーリンク

1975年、ロサンゼルスの郊外サイプレスで生まれたタイガー・ウッズ。

本名はエルドリックで、「タイガー」というニックネームは

父親の友人の名前に因んで付けられました。

幼児の頃からゴルフに親しみ、

多くのジュニア大会で優勝するなど早熟の才能を見せます。

アマチュア時代には全米アマチュア選手権で最年少優勝・3連覇、

マッチプレーで18連勝と、輝かしい成績を残しました。

1996年にスタンフォード大学を中退してプロ転向すると、

あっと言う間に勝星を重ね、

翌1997年には初出場のマスターズで最年少優勝。

21歳でPGAツアー史上最年少の賞金王となります。

2008年には全米オープンを制し、トリプル・グランドスラム

(4大メジャーそれぞれの大会で3勝以上を果たすこと)を達成。

2013年には5勝を挙げ、4年ぶり、10度目の賞金王に返り咲きました。

アメリカ内にとどまらず、世界の男子ゴルフを盛り上げてきた

スーパー・プレイヤーと言っても良いでしょう。

PGAツアーの賞金総額も、タイガーの活躍により、

1990年代後半から20年間で約5倍になったと言われています。

スポンサーリンク

タイガー・ウッズ(プロゴルファー)依存症

プルゴルファーのタイガーウッズさんが2009年に起こした

不倫報道を受けて性依存症(セックス依存症)について

知ったという方も少なくないのではないでしょうか?

彼は、不倫報道の翌年2月、記者会見にて性依存症(セックス依存症)で

あることを自ら告白し、

治療施設でカウンセリングを受けていると述べたのです。

不倫報道後、実際に関係を持った女性たちがお金や売名目的のために

次々と週刊誌へ話を持ち込みかなりの情報が寄せられました。

ニューヨークポストによると120人もの浮気相手がいたのだとか。

中にはお金での契約を交わした”愛人”もいました。

そんな彼もカウンセリングのおかげか、

現在はエリカ・ハーマンさんとの交際を順調に進めているようです。

タイガーウッズさんによって一気に認知度が高まった

性依存症(セックス依存症)ですが、具体的にどのような病気なのでしょうか。

性依存症(セックス依存症)とは、

半年以内に性的な空想や性的な活動にかなりの時間を費やしたという方や、

プレッシャーやストレスから逃げるために快楽や

逃避行為に依存してしまっている方のことを指します。

具体的に、強迫的な性の衝動を抑えることが出来ず、

体に負荷がかかっても尚、止めることが出来ない状態です。

この病気は世間からの理解を受けにくく、

センスティブな内容であることから当事者が相談しづらいという点もあります。

男性であれば痴漢や露出によって性犯罪に加担してしまう恐れがありますし、

風俗に通うことが辞められず、多額の借金をしてしまうケースもあります。

女性であれば不特定多数と肉体関係を持つことで望まない妊娠をしたり、

性感染症に罹る恐れもあります。

一般的に、性交渉は恋人同士や結婚相手と行うものであり、

自分の身体を好きでもない相手(多数)に頻繁に見せる、

また性交渉をするという行為は自傷行為に近いものがあると言えるでしょう。

スポンサーリンク

タイガー・ウッズ(プロゴルファー)元嫁?

彼の元妻、エリン・ノルデグレンさんもなにかと

アメリカのメディアを賑わしている。

今回話題になっているのは、フロリダ・パームビーチの家が

4950万ドル(約52億5000万円)で売り出されたこと。

この家は、エリンさんがタイガーと離婚した翌年の2011年に約13億円で購入したもの。

すでにあった豪邸を全て壊し、

約100億円とも伝えられる慰謝料の半分近くを費やして

(それでも残りは50億円!)新築したもの。

セリーヌ・ディオンの家の内装を手がけたインテリアデザイナーを使って、

金に糸目をつけずに凝りに凝って作ったという超豪邸だ。

大西洋に泳ぎ出るプライベートビーチがあり、

なんと11ベッドルームに15バスルーム。

さらに、アメリカの"4大名門クラブ"といわれる

セミノールGCに隣接しているという超好立地だ。

このエリンさん、一応"モデル"ということになっているが、

もともとはイェスパー・パーネビック家の子守り(ベビーシッター)で、

トーナメントに来てタイガーと知り合って結婚。

6年間の結婚生活はタイガーのスキャンダルで

幕引きとなったのは周知の通りだ。エリンさんは離婚後、

この家を建てた当時から、投資家でビリオネアの息子として知られた

ジャーミー・ディングマン氏と浮名を流し、

その後は、石炭王で資産2000億円を超えるという

クリス・クライン氏と付き合っている。

クライン氏とは別れたという話も報じられたが、

その後1年少し前にスイスのリゾートで二人がいちゃついている

写真が撮られるなど、ゴシップ記事を賑わしている。

スポンサーリンク

最後に

並外れた戦績や記録、高度なゴルフテクニックなどが

印象強いタイガーですが、多くの人の心を掴んでいるのは、

プレーばかりではありません。

教育事業やチャリティー活動への熱心な取り組みも、

厚く支持されています。

1996年のプロ入り直後に

「タイガー・ウッズ ファウンデーション(TW財団)」を設立し、

ジュニア育成に力を入れてきました。

2006年には、経済的に恵まれていない子どもたちの大学進学を支援する学習施設、

「タイガー・ウッズ・ラーニングセンター(TWLC)」を設立。

同校は、南カリフォルニアやワシントンDC、

フィラデルフィア、フロリダにも開校されました。

他にも、アール・ウッズ奨学金制度や、

教育財団を通じた国際プログラムなどに携わっています。

1978年に達成したジャック・ニクラスに続いて、

タイガーは2人目のトリプル。グランドスラマーになりました。

グランドスラム(全メジャー制覇)自体、達成者は5人、

ダブル・グランドスラムとタイガーのみ。

トリプル・グランドスラムは、不可能に近いほどの偉業なのです。

しかもタイガーは、2020年に82勝目に達し、

通算勝利でニクラスを抜いて歴代1位タイになっています(もう一方はサム・スニード)。

しかしメジャー選手権に限定すると、依然として立ちはだかる、

ニクラスが打ち立てたメジャー通算18勝という記録。

タイガーのメジャー勝利数は、マスターズ5勝、全米オープン3勝、

全英オープン3勝、全米プロゴルフ選手権4勝、計15勝です。

あと3勝以上を挙げれば、前人未到の記録が刻まれます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ選手芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました