【画像】高木菜那【北京オリンピックスケート】かわいい!結婚相手のウイリアムソン師円馴れ初めや意外な特技とは!?

スケート
スポンサーリンク

【画像】高木菜那【北京オリンピックスケート】かわいい!結婚相手のウイリアムソン師円馴れ初めや意外な特技とは!?

高木菜那さんは北海道帯広の

幕別町で生まれ育ちます。

父・愛徳さんのインタビューによると、

小さい頃は兄・大輔さん、妹・美帆さんとともに

外で泥まみれになって遊ぶことが多かったそうです。

そんな元気いっぱいの高木菜那さんが

スケートを始めるのは小学校低学年の頃。

兄・大輔さんの影響を受けてのことでした。

スケートと並行してヒップホップダンスや

サッカーもやられていたのだとか。

本当に身体を動かすことがお好きだったんですね。



高木菜那【北京オリンピックスケート】のプロフィールについて

名前  高木菜那

生年月日  1992年7月2日(29歳)

出身地  北海道中川郡幕別町

身長  155cm

血液型  A型

所属  日本電産サンキョー

 

小学生の頃から様々な記録を出し、

2013年10月には全日本スピードスケート

距離別選手権大会1500mで3位、3000mで初優勝し、

ワールドカップ出場権を初めて獲得しました。

小学生の時にKSCスケートクラブに入り、

2003年には幕別町ジュニアスポーツ奨励賞を受賞しました。

ワールドカップではチームパシュートに出場し、

日本新記録をマークして準優勝を果たしています。

2004年1月には、第8回全国小学生スピードスケート

スプリント選手権大会 女子小学校5年生の部で

総合1位を獲得しています。

2010年1月の第65回国民体育大会少年女子1500mで優勝、

2010年3月の世界ジュニアスピードスケート

選手権大会ではチームパシュートで

銀メダルを獲得しています。

第1回ジャパンカップスピードスケート

競技会少年女子3000mでは、優勝しました。

高校卒業後、高木菜那さんは大学に進学せず、

日本電産サンキョーに所属しました。

2012年の全日本ジュニアスピードスケート

選手権では総合優勝を果たしています。

スポンサーリンク

高木菜那【北京オリンピックスケート】結婚相手のウイリアムソン師円馴れ初めは?

高木菜那さんだけでなく、他のアスリート達も

『北京オリンピック後の落ち着いた

タイミングで結婚するのでは!?』と

言われていますね。

高木菜那選手には、『長年付き合っている

彼氏がいるのではないか』と言われています。

高木菜那選手は2016年頃からInstagramに、

ある男性が一緒に映っている画像を度々投稿しています。

2016年からとなると、もう6年も付き合っていることに

なりますが本当なのでしょうか?

その男性とは『ウイリアムソン 師円』さんのことです

ウイリアムソン 師円さんで、高木菜那選手と

同じ北海道出身のスピードスケート選手です。

オーストラリアと日本のハーフで、

ソチオリンピック日本代表に選ばれています。

高木菜那選手がInstagramに投稿した画像に

ウイリアムソン師円選手が何度か写っていました。

高木菜那選手のInstagramによく登場することから

『付き合っているのではないか』と

言われていたようですが、

ツーショットの画像もありません。

高木菜那選手とウイリアムソン師円選手は2人共、

日本電産サンキョーに所属していることから

一緒にいる時間が長く、

写真に写ることも多いのだと思います。

スポンサーリンク

高木菜那【北京オリンピックスケート】衝突接触事故をしていた!

スピードスケート女子の金メダリスト・

高木菜那選手が24日午前、青森県おいらせ町の

県道でロードバイクを運転中、

乗用車と衝突しました。

けがはないということです。

警察によりますと、午前11時25分ごろ、

おいらせ町にある県道の交差点で高木選手が

ロードバイクを運転していたところ、

右折してきた72歳の男性が運転する乗用車と衝突しました。

高木選手は転倒してロードバイクも破損しましたが、

けがはありませんでした。

また、高木選手は自ら110番通報し、

駆け付けた警察官に「大丈夫です」と

答えていたということです。

事故当時、高木選手は男性コーチと

トレーニング中だったということです。

スポンサーリンク

最後に

スピードスケート女子1500メートル決勝

今大会初種目となった高木菜那

は終盤に接触があった影響もあり、

1分55秒34で8位に終わってしまいました。

同組で滑った中国選手と第3コーナー前の

直線で重なるようにぶつかった。

「やっぱりラスト1周でぶつかったので、

そこはちょっとなんで譲ってくれなかったのかな。

あれはさすがに相手がダメなんじゃないか」と

怒りを押し殺しながら振り返りました。

バックストレッチでは交差する際には

アウトの選手に優先権がある。

「もう横に出れない状況で。

相手も絶対分かっていたのに出てくるというのは、

ちょっとこっちからしたらすごい悔しいレースに

なってしまったので。相手も五輪で結果を

残したいのは分かりますけど、

アウトが優先だというのはしっかりと

やってほしかったなと思います」と語っています!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スケートスポーツ選手芸能・ゴシップ
スポンサーリンク
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました