高倉麻子(サッカー日本女子代表監督)結婚相手の旦那竹本一彦馴れ初めや澤穂希育ての親に何が⁉

スポーツ選手

スポンサーリンク

高倉麻子(サッカー日本女子代表監督)結婚相手の旦那竹本一彦馴れ初めや監督退任へ!?

日本協会がなでしこジャパンの

後任監督候補にU―19日本女子代表監督の

池田太氏(50)を挙げていることが30日、分かった。

高倉麻子監督(53)の進退については、

8月にも行う女子委員会で検証してから

決定する見込みだが、池田氏について協会関係者は

「実績は文句ない。当然、候補に入ってくる」と明かしました!

高倉監督は16年4月に就任。

初の世界大会となった19年W杯は、

前回大会準優勝国として臨むも16強で敗退した。

1年延期の東京五輪は金メダルを目標に掲げていたが、

8強で終えた。五輪に向けては、

コロナ禍でマッチメイクが難航し、

実戦の確保や強化の難しさがあった。

それを補うために、長期の国内合宿を組んで

積み上げを図ったが、結果には結びつかなかった。

スポンサーリンク

高倉麻子(サッカー日本女子代表監督)のプロフィールについて

名前  高倉麻子

生年月日  1968年4月19日(53歳)

出身地  福島県福島市

身長  163cm

血液型  A型

所属  サッカー日本女子代表監督

 

スポンサーリンク

高倉麻子さんは福島市の出身で、小学生の時、

地元の岡山スポーツ少年団に

入団しサッカーを始めます。

その後、福島第三中学校時代にFCジンナンに入部

1983年サッカー日本女子代表に初選出、

1年後の16歳の時にイタリア戦で

日本女子代表デビューを果たします。

中学卒業後は現在の福島成蹊高等学校に入学するが、

女子サッカー部がなかったため、

福島県立福島工業高等学校に練習し、

三菱養和クラブに週末は通っていました。

その後は和光大学に入学します。

1985年現在の日テレ・ベレーザへ入団し、

1989年に現在のなでしこリーグ(第一回)に出場され、

リーグ初得点します。

スポンサーリンク

高倉麻子(サッカー日本女子代表監督)結婚相手の旦那竹本一彦馴れ初め

高倉麻子さんと旦那・竹本一彦さんの馴れ初めですが、

高倉麻子さんは1985年・高校3年生の時に

読売日本サッカークラブ・ベレーザ

(現日テレ・ベレーザ)に入団します。

旦那の竹本一彦さんは1980年に

読売サッカークラブ(現在の東京ヴェルディ)に

ユースコーチとして入団。

その後、女子チームの読売西友ベレーザ

(現在の日テレ・ベレーザ)に移り、

1986年から11年間監督を務めます。

1984年から1986年までは

日本女子代表のコーチも務めています。

高倉麻子さんからのアプローチで実った恋のようです。

読売西友ベレーザ(現在の日テレ・ベレーザ)時代に

監督と選手の関係で本来は

「禁断の恋」だったようです。

旦那の竹本一彦さんは1999年に

ガンバ大阪へコーチとして就任。

高倉麻子さんも松下電器女子サッカー部

バンビーナに移籍します。

旦那の竹本一彦さんについて行ったと言う事ですね。

高倉麻子さんが移籍した1999年、高倉麻子さんが31歳、

旦那の竹本一彦さんが44歳の時に結婚されたようです。

スポンサーリンク

高倉麻子(サッカー日本女子代表監督)子供は?

高倉麻子が結婚した夫は、竹本一彦です。

この竹本一彦もまた、サッカー界では有名な人物で、

読売サッカークラブユースのコーチや、

日テレベレーザ、ガンバ大阪、柏レイソルで

指導者もしていたという華麗な経歴を誇ります。

現在は、東京ヴェルディのゼネラルマネージャーに

就任している竹本一彦ですから、

妻の高倉麻子が今置かれている状況を、

誰よりも深く理解していることは間違いありません。

そんな2人の間に生まれた子供であれば、

サッカーで活躍しないわけがない!と

つい期待してしまいますが、残念ながら、

2人の間に子供はいないようです。

高倉麻子にとっては、教え子たちが子供のように

なっているのかもしれません。

スポンサーリンク

最後に

高倉麻子は、コーチや、監督業など、

女子サッカーの第一線で、これまでずっと

忙しい毎日を過ごしてきているはず。

しかし、そんな日々の中、講演も積極的に受けているようです。

高倉麻子の講演テーマは、サッカー指導者としての

観点からみた「リーダーシップ」や、

「夢を持っている人が、どのようにモチベーションを

保てばよいのか」など、夢や目標を持っている人たちの

背中を後押しするような内容がほとんど。

講演には、高倉麻子だから言えること、

高倉麻子だからこそ気付いたことなどが

たくさん含まれていると好評です。

中でも、高倉麻子が力強く語るのが

「諦めないこと」や「継続は力なり」という

メッセージ。その言葉を実践し、

日本女子サッカー復活へ向けて一歩一歩進んでいる

高倉麻子だからこそ、

聴衆の心にまっすぐ伝わるといえそうです。

日本協会の田嶋幸三会長も、

高倉麻子に大きな期待を寄せています。

現役時代MFというポジションで

活躍していた高倉麻子は、同ポジションだった

若かりし澤穂希を親身になって指導してきた人物。

その後の澤穂希の活躍を見れば、

高倉麻子新監督への期待度が

MAXになるのも分かりますね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ選手監督芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました