竹野内豊(俳優)倉科カナフライデー“なりたい顔”首位奪還!

ドラマ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
竹野内豊倉科カナフライデー“なりたい顔”首位奪還!

『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)、『きのう何食べた?』(テレビ東京系)、

『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)、『おじさんはカワイイものがお好き。』(日本テレビ系)など、

“中年男性”を主人公としたドラマが目立つ昨今。

“おじキュン”や“おじカワ”といった言葉も登場するほど、

空前のおじさんブームとなっている。

そんな中、現代の男性たちは、同性のどんな顔に憧れを持っているのだろうか。

ORICON NEWSでは、恒例企画の『第12回 男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング』を調査。

その結果、来年50歳を迎える俳優の【竹野内豊】が首位に返り咲いた。

竹野内は、2018年に同ランキングで歴代最高齢首位(当時)に。

昨年は1位の座を明け渡したものの、見事に返り咲きを果たした。

来年1月に50歳を迎える目前での勝利となった。

年齢を重ねた分だけ、さらに洗練された渋みを見せている竹野内は

30代以上から1位として熱狂的な支持を獲得。

アンケートでは「男らしく渋さも兼ね備えたイケメンだから」(北海道/30代)、

「男が見てもかっこいい顔だと思うので。

こんな風に年を取りたいと思う人の1人なので」などの声があった。

こちらの記事もどうぞ!

倉科カナ(女優)ポロり動画!?『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』9年ぶり出演決定!!

スポンサーリンク

 

竹野内豊(俳優)のプロフィールについて

名前  竹野内豊

生年月日  1971年1月2日(49歳)

出身地  東京都

身長  179cm

血液型  0型

事務所  研音

スポンサーリンク

生後間もなく東京都豊島区池袋に移り、その後埼玉県の所沢市に移り住みます。

家族構成はお父さん、お母さん、お姉さん、豊さんの2人姉弟・4人家族です。

小学校は所沢の学校に進学しているので幼少期は所沢で

過ごしていたものと思われます。

幼少の頃の竹野内豊さんは、ヤンチャで外遊びが好きだったようです。

家族は仲が良く、幼い頃からいつでも笑いの絶えない家庭だとそうです。

お父さんも、2014年8月に肺ガンのため亡くなっています。

お父さんは自衛官で厳しい父親だったそうです。

中学時代にバイクに目覚めた竹野内豊さん。

高校時代は、たくさんのアルバイトをして、自分の力でバイクを購入しました。

竹野内豊さんが芸能界デビューしたのは1986年・高校3年生のときのこと。

講談社のファッション誌『チェックメイト』のモデルとしてデビューしました。

モデルになったキッカケは、お母さんとお姉さんが

勝手に講談社のオーディションに応募したこと。

モデルになった当初は雑誌だけでなくスーパーのチラシの

モデルの仕事もしていたそうです。

スポンサーリンク

 

竹野内豊(俳優)倉科カナフライデー

14年に写真週刊誌『フライデー』で「お泊り愛」が報じられて以降、

交際を続けてきた俳優の竹野内豊(47)と女優の倉科カナ(30)が

破局していたことがわかった。

ふたりは13年頃に交際を開始。一時は結婚秒読みと報じられたが、

倉科が昨年12月に30歳を迎え、結婚について本格的に竹野内と話し合ったものの、

折り合いがつかず、破局に至ったという。

竹野内の事務所は「数カ月前にお別れしたと聞いております」と

あっさり破局を認めたとのことだ。

スポンサーリンク

 

竹野内豊(俳優) 自宅場所?

住所は目黒区八雲4ー10ー13です。

目黒は高級住宅街の一角ですよね。

木村拓哉さんのほか芸能人もたくさん住んでいるようです。

笑っていいともでは、竹野内さんもタモリさんと家が近いことを認識していたようで、

タモリさんに、「家近いですよね?」と問われると「ご近所ですね」と答えていました。

二人ともよく行くハンバーガー屋があるそうです。

そのお店は、「AS CLASSICS DINER」というお店です。

住所は東京都目黒区八雲5-9-22ハンバーガーの味はかなり美味しいようです。

口コミの評判も、とても高評価ばかりです!

石田純一さん、八代亜紀さんなどの有名人も目撃されているようです。

竹野内さんは、駒沢公園でもよく目撃されているそうです。

Tシャツ、短パンで犬の散歩をしていたのを見かけた人もいるそうです。

スポンサーリンク

 

最後に

竹ノ内豊さんの年収は3億円以上ではないか?と噂されています。

2014年に、ご両親に5億円ともいわれている豪邸を

都内の高級住宅街に建ててプレゼントしてあげたそうです。

そこで、竹野内さんの父親が亡くなるまで過ごした

4か月間は大切な思い出になっているとのこと。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました