蒔田彩珠(女優)ちびまる子の子役時代で兄も子役だった!

ドラマ


スポンサーリンク
蒔田彩珠(女優)ちびまる子の子役時代で兄も子役だった!
蒔田彩珠さんは、『ちびまる子ちゃん』の実写版で

ちびまる子ちゃんのおねいちゃん役を

演じているんですね!

かわいいくてそんなときから、

演技は上手いと思います!

朝ドラ『おかえりモネ』にも

出演が決まっています。

蒔田彩珠さんの子役のときから今までの

生い立ちなど調べてみました!!

スポンサーリンク

東出昌大の降板したCM違約金事務所の為に働いている!?

今後の活躍が大いに期待されるのが、

蒔田彩珠(18)だ。現在、NHK朝ドラ

「おかえりモネ」でヒロインの

妹・永浦未知を演じている。

『モネ』は豪華な俳優陣が話題になっていますが、

その中でも蒔田は負けずに異彩を放っています。

主演の清原果耶の妹役ではありますが、

2人の姉妹の物語と言っても過言ではありませんし、

どちらの演技も楽しめるドラマでもあります」

蒔田は、いずれ朝ドラのヒロインに抜擢されることが

確実といわれています。

先輩の古川も、これからCMとドラマに引っ張りだこでしょう。

いずれにしろ2人は、しばらく多忙な日々が

続くことになりそうです。

もちろん、稀有な存在感と、

抜群な演技力があるからこそなのです

それにしても、事務所のためなのか、

ダメな兄貴の尻拭いを、

できた妹たちがしてあげている状況ですね!

スポンサーリンク

蒔田彩珠(女優)のプロフィールについて

名前  蒔田彩珠

生年月日  2002年8月7日(18歳)

出身地  神奈川県

身長  156cm

血液型  0型

事務所  ユマニテ

スポンサーリンク

蒔田彩珠ちゃんは子役デビューしています。

2009年から芸能活動をスタートさせているんですね。

きっかけはお兄ちゃんで、

CMに出演しているお兄ちゃんを見て

「私もテレビに出たいな」という

気持ちを持ったようです。

人見知りが激しく、オーディションになかなか

合格できなかったので、

大学の自主制作映画などに出演して

どうにか苦手を克服しようとしていたようです。

そこまでしないといけないレベルだったんですね!!

2012年の時に、ドラマ「ゴーイングマイホーム」で

主演の阿部寛さんの娘役をします。

このドラマの監督が是枝監督で、

これがきっかけとなり、「万引き家族」など

多数の是枝作品に出演することとなります。

これは、ものすごくいい縁ですね!

是枝監督は、蒔田彩珠ちゃんのことを

『非常に柔軟性があって、勘もすごくいい。何も心配していない』

と評価しているんだとか。

ここまでいい評価だとこれから先の

演技が楽しみになりますね!

こんなエピソードがあります。

河瀬監督の作品「朝が来る」で、

『役積み』という手法を提案された蒔田彩珠ちゃん。

河瀬監督が卒業した中学校で撮影の2~3週間前から

中学生として学校生活を送ったんだそうです。

どいうことかというと

『家族役の子と一緒に住んで、

毎朝起こされて、自転車できつい坂を登ったり、

5時間ぐらい授業を受けて、

部活して帰宅して部活は卓球部に所属している役で、

みんなが毎日教えてくれて、上達しました。』

と言っています。

こんな経験もしているんですね

スポンサーリンク

蒔田彩珠(女優)子役時代

蒔田彩珠さんが芸能界デビューを

果たしたのは7歳の頃でした!

蒔田彩珠さんの現在の所属事務所は

『ユマニテ』ですが、デビュー当時は

『キャロット』という子役向け事務所に

所属していたそうです。

2013年に放送されたドラマ

『スペシャルドラマ ちびまる子ちゃん』にも

出演されています!

蒔田さんは、主人公の「さくらももこ」を演じた

『信太真妃』さんのクールなお姉さん役を

好演されています!

蒔田彩珠さんは当時11歳でした!

スポンサーリンク

蒔田彩珠(女優)兄も子役だった

お兄さんの蒔田伊吹(まきた いぶき)さんです。

当時は子役としてCMなどを中心に出演しており、

過去には子供向け番組『ピラメキーノ』で

妹の蒔田彩珠さんとの共演もしていました。

ところがその後、蒔田伊吹さんの芸能活動の情報は

掴むことができず、ネットで見ることができたのは

子役時代の可愛らしい画像ばかりでした。

ということは、今は、芸能界を辞めて

一般人になっているかもしれませんね!

スポンサーリンク

最後に

蒔田彩珠さんは、映画『朝が来る』で、

第44回日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞しています!

7歳の時より子役として活動を始め、

是枝裕和監督作品に4度にわたって出演するなど、

その実力を開花させました。

是枝監督に「せりふは覚えて話すのではなく、

相手にこう言われたからこういうせりふが出てくる、っていう

経緯をちゃんとたどることが大事だよ」と

言われたんです。

そうやって作品に入り込むことが大事だと気付かされました。

別の機会では、事務所の社長に

「役の過去を想像するのが大事だ」って言われたこともあって。

それまでは台本に書かれていることしか

意識していなかったんですが、

脚本に書かれてないその役の過去や背景を

想像するようになりました。

そうしてからの方が、気持ちの振り幅が広くなり、

気持ちを乗せて演じやすくなりました。

この若さで、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞して

ものすごくいい人に恵まれているんですね!

ここまで教えてくれる人は、なかなかいないと思いますね!!

これからの、役者人生が楽しみですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ女優芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました