チャラン・ポ・ランタンももカップ徳井義実結婚!?

歌手

スポンサーリンク
スポンサーリンク
チャラン・ポ・ランタンももカップ徳井義実結婚!?

お笑いコンビ、チュートリアルの徳井義実(45)が、

かねて交際していた音楽ユニット「チャラン・ポ・ランタン」のもも(27)と

近く結婚する決意を固めたことが31日、分かった。

今田耕司(54)が会長を務める独身お笑いタレントのグループ

「アローン会」から、ナインティナイン岡村隆史(50)に続く“大物卒業”となりそうだ。

2人は17年頃に交際スタート。

18年5月、一部で自宅デートの様子が報じられた。

複数の関係者によると、既に両家の親族にもあいさつを済ませており、

いつゴールインしてもおかしくない状態という。

交際開始は徳井からのアプローチだったが、

今ではももが徳井に心を寄せているという。

コロナ禍の中でも、ももが手料理を振る舞うなどして、

着実に愛を育んでいた。

スポンサーリンク

 

チャラン・ポ・ランタンもものプロフィールについて

名前  もも  本名  松永 もも

生年月日  1993年4月9日(27歳)

出身地  神奈川県

身長  154.8cm

血液型  A型

事務所  ソニー・ミュージックアーティスツ

スポンサーリンク

「チャラン・ポ・ランタン」は『歌とアコーディオンの姉妹ユニット』として

2009年7月から活動を開始。

インストゥルメンタルバンドのマイノリティオーケストラを

リーダーとして率いていた小春さんが、

初めて歌詞付きの曲(親知らずのタンゴ)ができた時に妹のももさんを

ゲスト・ボーカリストとして加入させたことがきっかけなのだそうです

ボーカルのももさんと、5歳年上のお姉さん・小春さんと

2人で活動するユニットです。

小春さんがももさんをボーカルに誘った理由は

「身内で気軽に頼めたから。暇そうだったから」なのだとか!

それまでももさんの歌声をまともに聞いたことがなかったというのですから、

ちょっとびっくりですね?♪

ステージ衣装がいつもとってもドリーミングでかわいいですが

2人の母親のまつながあきさんがデザインと製作協力をされているそうです。

顔出しはされていないようですが

イラストレーターや衣装などの仕事をされている方のようです!

海外でも知名度は高いそうであのTwitterの

会長ジャック・ドーシーさんも絶賛!

2015年10月には初のニューヨークライブを行い、

現地のウォール・ストリート・ジャーナルの一面を飾ったことも!

シャンソン・バルカン音楽・スカなどをベースに

東西あらゆる音楽ジャンルを取り入れた無国籍のサウンドが特徴で、

ステージングにおいてもサーカス風の独特な世界観を醸し出しています。

ちょっと他の音楽ユニットにはない雰囲気ですよね。

2人は神奈川県出身(小春さんは千葉県生まれ)で、

2人とも高校は芸能人御用達の「和光高等学校」に通っていました。

同じ高校出身のOKAMOTO’Sのハマ・オカモトさんとは親交がるそうで

2014年に発売したメジャーデビューアルバム「テアトル・テアトル」の

「ワーカホリック」という曲のサウンドプロデュースを担当しているそうです。

スポンサーリンク

 

チャラン・ポ・ランタンももカップは?

徳井義実さんといえば、巨乳好きで有名ですよね!

過去に好きなタレントで、最上もがさんとかをあげていましたので、

期待してしまいますね!

画像を調べてみましたが、ももさんが巨乳なのかわからない画像ばかりでした。

推定Bカップぐらいだと思いますね!

スポンサーリンク

 

チャラン・ポ・ランタンももかわいい

チャラン・ポ・ランタンのももと小春の本名は「松永もも」「松永小春」。

神奈川県出身で、2人そろって、東京都の私立和光学園中学・高等学校を卒業しています。

「JUDY AND MARYのYUKIに似てカワイイ!」と話題になっている妹のももは、

1993年4月9日生まれ。姉・小春は、昭和最後の年となる1988年11月21日に生まれていますが、

7歳でアコーディオンを始めるとは、当時としても珍しいレトロな趣向でした。

卓越した演奏技術と、チャラン・ポ・ランタンの

全楽曲の作詞・作曲を担当する小春とは違い、

ももは、全く音楽とは関係のない青春時代を送りました。

そんな中でも、ミュージカルへの興味はあったといい、

友人たちとの遊びだったカラオケで歌い慣れていたことが、

今日のチャラン・ポ・ランタンの活動に活かされることとなります。

そんな小春も、当初はピアノを習っていましたが、

「シルク・ドゥ・ソレイユ」のサーカスを観て、

アコーディオンに憧れを持つように。17歳になると、

東京都が認める大道芸人のライセンス「ヘヴンアーティスト」を取得し、

路上パフォーマンスデビューを果たします。

スポンサーリンク

 

最後に

チャラン・ポ・ランタンは、インディーズ時代にも5枚のアルバムを発表し、

2012年6月カナダツアーを成功させています。

その後、満を持してメジャーデビューを果たしたわりには、

あまり”メジャー”な存在ではない気も……。

そんなチャラン・ポ・ランタンには、ようやく「逃げるは恥だが役には立つ」で

有名になった印象があります。

2015年に放送されたドラマ「ワカコ酒season1」の主題歌

「この先のシナリオはあなた次第」をはじめ、

実はドラマ・番組とのタイアップ曲は、

わずか2年の活動歴とは思えないほどの数に及んでいるチャラン・ポ・ランタン。

特にNHKでの活躍は顕著で、デビュー直後には、

俳優・高橋克実との共演で、みんなのうた「ぎんなん楽団カルテット」を発表。

2016年4月からは、Eテレ「バリバラ」のOP・EDテーマを手掛け、

再び、2016年12月・2017年1月のみんなのうたに、

「まゆげダンス」が起用されています。

それらを含め、これまでに約20ものタイアップ曲を送り出しているチャラン・ポ・ランタン。

その存在を知らない人も、彼女たちの楽曲は、一度は耳にしたことはあるかもしれません。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
歌手芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました