薬師丸ひろ子(女優)玉置浩二結婚!実家はどこ?現在は何をしているの?

アイドル


スポンサーリンク
薬師丸ひろ子(女優)玉置浩二結婚!実家はどこ?現在は何をしているの?
薬師丸ひろ子さんと言えば、セーラー服と機関銃、

Wの悲劇、ALWAYS三丁目の夕日、木更津キャッツアイ、

あまちゃんなど、数々の名作で知られる大女優ですが、

歌手としても出演作の主題歌を中心に、

数多くのヒットを生み出しています。

薬師丸ひろ子(女優)玉置浩二結婚の馴れ初めや!

実家はどこで現在も活動しているのでしょうか?

リサーチしてみました!

スポンサーリンク

薬師丸ひろ子(女優)のプロフィールについて

名前  薬師丸ひろ子

生年月日  1964年6月9日(56歳)

出身地  東京都港区北青山

身長  154.5cm

血液型  A型

スポンサーリンク

1978年、13歳の時、姉が応募した角川映画「野性の証明」の

長井頼子役に2224人の中から選ばれ合格。

薬師丸ひろ子さんは芸能界に興味はなく、

オーディションも乗り気ではなかったといいます。

薬師丸ひろ子さんは、2次審査通過後、角川事務所に呼ばれ、

今回のオーディションは年齢が障害となって

不合格と伝えられたそうです。

役柄の年齢設定は8歳で、薬師丸ひろ子さんは当時13歳でした。

今後芸能活動する気持ちはないかと

角川春樹社長から尋ねられたといいます。

薬師丸ひろ子さんはこのことで、落選は決定してると思い込んで、

最終オーデションにに臨みましたがが結果は合格。

審査は年齢条件に合致した候補者を争ったそうですが、

薬師丸ひろ子さんの将来性を見込んだ

角川春樹社長の強い推薦で合格したそうです。

映画「野性の証明」は興行収入21億8000万円、

邦画年間興行ランキング1位。

薬師丸ひろ子さんは女優を続ける気持ちはなかったっそうですが、

事務所に説得され、仕事はは放課後と夏休みと冬休みだとの

条件で仕事を続けたといいます。

1980年7月公開の映画「翔んだカップル」に鶴見真辰吾さんと共に主演。

鶴見辰吾さんと薬師丸ひろ子さんは幼稚園・

小学校の同級生の幼馴染だったそうです。

1981年12月、主演映画「セーラー服と機関銃」が公開。

同年11月には歌手としてデビュー曲

「セーラー服と機関銃 」をリリースしています。

映画「セーラー服と機関銃」の中で機関銃を乱射するシーンで有名な

「カイ・・・カン」のセリフが話題になりました。

興行収入47億円の大ヒット。

スポンサーリンク

薬師丸ひろ子(女優)玉置浩二結婚の馴れ初めは?

1991年に玉置浩二さんと結婚した「薬師丸ひろ子」さん。

1991年新春早々、薬師丸ひろ子さんと玉置浩二さんが

ハワイで電撃挙式というニュースが飛び込みました。

2人は以前から半同棲中で、

交際2年あまりの愛がようやく実った形になったのです。

2人の馴れ初めは、薬師丸さんのアルバムのアドバイザリースタッフとして

玉置さんが参加したのがきっかけでした。

1987年には玉置さんは薬師丸さんのために

「胸の振り子」という曲を作曲しているのです。

その後、1988年秋に初めて交際していることが発覚し、

その年の暮れには一緒に香港旅行に出かけていたことが判明しました。

さらには双方がお互いのマンションを行き来していることも目撃されて、

結婚は近いと見られていたのです。

薬師丸さんは玉置さんの音楽的な才能はもちろん、

純粋な人柄にも惹かれていったと言います。

一方の玉置さんは、薬師丸さんの芸能人なのに芸能人らしくない

素直で気さくな人間性に惹かれたと言います。

ところが2人の結婚に、薬師丸さんの家族が難色を示しました。

理由は玉置さんの石原真理子さんとの不倫事件です。

また、玉置さんが前妻との間に生まれた子供のことなど、

様々な問題がしこりとなっていました。

しかし最初は反対されたものの、

薬師丸さんの家族も玉置さんと接していくうちに

真面目な性格や人柄を理解し

「これなら娘をあずけても大丈夫」と承諾してくれたのです。

そうして1990年11月末に結納、さらには翌年の電撃挙式に至ったわけです。

すでに2人は東京渋谷区にある玉置さんのマンションで一緒に暮らしていたのです。

音楽関係者からも、1990年の玉置さんの秋のコンサートで

たびたび薬師丸さんの姿を見かけるようになったとの証言が出たり、

薬師丸さんが玉置さんとバンドメンバーやスタッフに

玉置さんの好きな卵焼きを始め、

手作りのお弁当を差し入れしていることも明らかになりました。

こうした事情から関係者の間では、

薬師丸さんはすでに玉置夫人と認められていたのです。

この関係は公然の秘密でしたが、

早くケジメをつけて2人の新生活をスタートさせた方が

良いとアドバイスを受け、玉置さんも、

「それならば新しい年が始まるときに

自分たちも新生活を始めよう」と考えたのでした。

スポンサーリンク

薬師丸ひろ子(女優)実家はどこ

薬師丸ひろ子さんのご実家は港区北青山。

その北青山で、ご両親と祖母と姉と薬師丸ひろ子さんの

5人が一緒に住んで生活をしていたそうです。

父親は宮城県石巻市出身で霊友会の職員と云われています。

そんな宗教を活動をしている父親ですが、

マスコミに問われると「家族の中で信者は自分だけで娘は関係ない」と

きっぱり言っていたそうです。

クラシック音楽を好んでいます

「薬師丸」は母親の名字。父親と同じクラッシック音楽を好んでいる

姉が一人で1987年に結婚しました

薬師丸ひろ子さんは結婚をしましたが、離婚してしまいました。

現時点では、再婚はしておらず独身で過ごしています。

スポンサーリンク

最後に

薬師丸さんの34歳の誕生日パーティーで離婚発表されました。

そのパーティには、芸能関係の方たち、

真田広之さんや森山良子さんなど約100人が出席をしていました。

薬師丸ひろ子さんのデビュー曲となった

「セーラー服と機関銃」を薬師丸ひろ子さんが披露したり、

夫玉置浩二さんは「ワインレッドの心」などを

披露して盛り上がっていたと云われています。

その誕生日パーティが終盤を迎えると、

玉置浩二さんから突然「今日で別れます」と発表があり、

その後、薬師丸ひろ子さんからは「そういうことなんです。

これから離婚届をだします」と発表がありました。

騒然となったパーティでしたが、

パーティがお開きになる頃は参加者が

離婚を理解したと云われています。

7年半の結婚生活に終止符を打ったのでした。

薬師丸ひろ子さんに恋人がいる!と熱愛が騒がれたのは2004年頃。

同棲が発覚したのでした。

お相手はNHKカメラマンで、きっかけは2001年11月に放送されたドラマ

『コウノトリなぜ紅い』で撮影を担当していて、

そのドラマでは薬師丸ひろ子さんは主演でした。

薬師丸ひろ子さんのご両親もそのカレに対しては好印象だったらしく、

薬師丸ひろ子さんもカレの「優しい性格」なら、

彼女のご両親と上手くやれるかもしれないと思ったそうです。

その頃は実際に上手くいっていたようで、

薬師丸ひろ子さんのご両親は、カレが彼女の自宅に住むようになってから、

栃木県那須に持っていた別荘で生活をするようになりました。

騒がれないようにご両親は、父親の旧姓を使っているそうですよ。

そのカレと薬師丸ひろ子さんは一緒に仲良く犬の散歩をしている姿などが

近所の方々に目撃をされていて、

“薬師丸さんちのマスオさん”と呼ばれているそうです。

彼女と”マスオ”さんは破局と報道されたことがありますが、

実際には交際は続いることが2015年女性セブンが報道していました。

”マスオさん”名義のアパートはそのままでしたが、

そのアパートを解約して”マスオさん”の荷物を

全部薬師丸ひろ子さんの自宅に持ってきたそうです。

お互いの人生を一緒に歩む決意をしたのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アイドルドラマ女優芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました