吉岡里帆【グラビア時代画像】写真集中身かわいい!現在彼氏結婚や中学高校大学や書道家を目指していた!

タレント
スポンサーリンク

吉岡里帆【グラビア時代画像】写真集中身かわいい!現在彼氏結婚や中学高校大学や書道家を目指していた!

吉岡里帆さんは、大学へは、書道の道を

極めるために進学しました。

吉岡里帆さんは、書道で八段の腕前であることは

有名ですが、実は小学校2年生の時から

書道を習っています。

吉岡さんは、役者と書道家のどちらに

進むか迷っていたといいます!

大学時代から小劇場・学生演劇の舞台を中心に、

演劇活動を開始した吉岡里帆さん。

特定の劇団に所属することは無く

客演が中心だったそうです。

京都で演劇活動をしながら

東京の養成所に通っていました。

東京に通いながらオーディションを

受け続けていたそうです。

吉岡里帆さんがブレークしたのは2016年のことです。

NHK連続テレビ小説『あさが来た』と

宮藤官九郎さん脚本のドラマ『ゆとりですがなにか』への出演。

この二つのドラマへの出演がきっかけとなり

吉岡里帆さんは大ブレークをはたしました。



吉岡里帆【グラビア時代画像】のプロフィールについて

名前  吉岡里帆

生年月日  1993年1月15日(29歳)

出身地  京都府京都市右京区

身長  158cm

血液型  B型

事務所  エーチームグループ

 

家族構成は、お父さん、お母さん、

吉岡里帆さん、3歳下の弟さんの4人家族。

お父さんは、映像会社を経営しながら、

カメラマンとして働いています。

ご家族は、映画、演劇、舞伎、日本舞踊、

落語などの、芸術文化に親しんでいる家庭とのことです。

吉岡里帆さんも、幼い頃から、

自然と芸術文化が、身近にある環境に育ちました。

吉岡里帆さんの誕生日には、毎年、ご両親から、

小説や映画のチケットが、プレゼントされていたとか。

スポンサーリンク

吉岡里帆【グラビア時代画像】現在彼氏結婚は?

恋多き吉岡里帆さんですが、

現在は熱愛情報の噂はないようです。

かなり結婚を意識した発言をされているので、

結婚願望が強いのでしょうね。

吉岡里帆さんは、包容力か゛あって真面目だが、

その中にユーモアがあり

よく笑う人がタイプなのだそうです。

考え方が変われば、見える景色も変わるといい、

自分の考え方を変えてくれる人にも

惹かれるようです。

今は彼氏がいないような感じですが、

次彼氏ができたら電撃結婚なんてことも

あるかもしれませんね。

スポンサーリンク

吉岡里帆【グラビア時代画像】中学高校大学は?

小学6年の秋に観た映画

『スウィングガールズ』に感動した吉岡里帆さん。

そのことがきっかけで、中学校に入学した

吉岡さんは吹奏楽部に入部します。

吹奏楽部では、アルトサックスを担当したそうです。

吉岡里帆さんの座右の銘は『周りを聴くこと』。

恩師である吹奏楽部の顧問の先生の

口癖だった言葉なんだそうです。

独りよがりな演奏にならないよう、

周りの音をよく聴き、調和を大切にすること。

吉岡里帆さんの出身高校は京都府立嵯峨野高校です。

嵯峨野高校は、『京都の御三家』とも

言われているそうです。

高校時代は、芝居に興味を持ち、

独学で勉強していたという吉岡里帆さん。

高校3年生の時に、つかこうへいさんの

舞台『銀ちゃんがいく』を観たことがきっかけで、

女優の道に進むことを決意したそうです。

高校3年生の頃から俳優養成所へ通い始め

通った養成所は特定できませんでした。

吉岡里帆さんの出身大学は京都橘大学

日本語日本文学科 書道コースです。

吉岡さんは、2011年4月に同大学に入学し、

2015年3月に卒業しています。

スポンサーリンク

最後に

吉岡里帆はグラビア界で多くの男性ファンから注目を集め、

瞬く間に人気者となりましたが、

本格的に女優業に専念してからは、

グラビアの活動をする機会が減りました。

2020年11月5日にファン待望の約2年ぶりとなる

写真集が発売されました。

この2nd写真集のタイトルは「里帆採取 by Asami Kiyokawa」。

露出が多く、かなりセクシー系だと

発売前から大きな話題になっていました。

写真集を購入したファンからは、

吉岡里帆の魅力が存分に堪能できると好評です。

女優としてキャリアを積んだことが

写真集の撮影にも活かされているようで、

「表情の見せ方がさすが」と、

吉岡里帆の魅力的な表情を称賛する声が

多く寄せられています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タレントドラマ女優芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました