優妃(西岡徳馬の娘)母親は?杉山裕右と結婚!!

ドラマ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

優妃(西岡徳馬の娘)母親は?杉山裕右と結婚!! 俳優、西岡徳馬(74)のまな娘で女優、優妃(ゆうき、33)が、 成長株の俳優、杉山裕右(ゆうすけ、32)と結婚することが7日、分かった。 この日、“親子3人”で本紙の取材に応じ、 あさって10日の大安に婚姻届を提出すると幸せ報告。 出会いから10年目、優妃が友人関係だった杉山の一途な愛を受け入れた きっかけを作った西岡パパは「将来、3人で共演したい!」とうれしそうに胸を張った。 笑顔が愛らしい優妃とアクションや殺陣が得意な爽やかイケメンの杉山。 お似合いの2人がこの日、「大安の10日に婚姻届を出します。 来春、挙式・披露宴を開く予定です」と初告白した。 幸せいっぱいの若い2人だが、出会いは最悪。 2011年の舞台「流れる雲よ」で恋人役を演じたが、 大事なシーンで照れる杉山に「ちゃんとやってよ!」と 優妃が泣いて責め立てるほど恋の予感はなかった。 杉山は感受性の豊かな優妃が大好きになり、食事をするようになったが、 片思いのまま。「悩み事を話すと、自分のことのように悩んでくれる優しさに惹かれていました」と 杉山が述懐する一方、優妃は「友達以上は考えられなかった」とバッサリだった。 優妃が情にほだされたのが出会いから10年目の今夏。 短編動画で主人公を演じた際、杉山に裏方の仕事を依頼。 「真剣に取り組む姿に好感を持った」と初めて男性として意識した。 恋人になった決定打は8月4日夜に父が放つ。 優妃がレストランで両親と食事していた際、 偶然に電話してきた杉山を誘い、西岡との初対面が実現。 「明るい好青年だな」と思った西岡は“赤い糸”を察知。 美しい満月を見上げ、2人に「満月にはパワーがある。 願い事があれば、頼んだら」と促した。 風流な言葉に奮起した杉山は近くの公園でプロポーズも、 優妃は「まだ、ちょっと考えられないかな」と返答。 そのつれなさに杉山は号泣したが、真剣な思いを見た優妃は 「こんなに変わらず誠実に、いつも明るく優しい人と一生いられたら楽しい」と気づき、 一気に結婚に進んだ。

スポンサーリンク

 

優妃(西岡徳馬の娘)のプロフィールについて

名前  優妃  本名  西岡優妃(にしおかゆうき) 生年月日  1987年2月4日(33歳) 出身地  東京都港区 身長  158cm 血液型  A型 事務所  レッドホースヒルズカンパニー

スポンサーリンク

西岡徳馬に娘がいることが知られるようになったのは、 娘がTVに出演するようになってから。 西岡徳馬の次女である西岡優妃(ゆうき)。 西岡徳馬が再婚した妻との間に授かった子供です。 その娘から、ドッキリを仕掛けられたことがある西岡徳馬。 可愛らしいと話題の娘が、西岡徳馬に仕掛けたドッキリとは…… 2015年5月に放送された『私の何がイケないの?』で、 結婚したい彼がいると娘が紹介することころから始まりました。 日ごろから子煩悩で知られている西岡徳馬ですが、 娘が連れてきた彼氏というのが、西岡優妃より20歳年上のバツ1フリーター。 どこの親でも、娘より20歳年上でフリーター、しかもバツ1となると、 そう簡単には賛成もできないでしょう。 娘さんにデレデレだという西岡徳馬にしてみればなおさらのこと。 自分の可愛い娘の結婚相手が、そんなに年上でバツ1でともなれば、 ドッキリするどころか怒ってしまいそうですね。 実際、マジギレ寸前の衝撃発言があったといわれています。

スポンサーリンク

 

優妃(西岡徳馬の娘)母親は?

母親のことはあまり知られていません。 西岡徳馬の結婚・離婚歴を紐解いてみましょう。 西岡徳馬は1946年横浜市生まれで、文学座を経て、俳優の道を歩みます。 所属していた文学座で出会ったのが、西岡徳馬の元妻の宇津宮雅代です。 当時は無名だった西岡徳馬ですが、すでに人気女優だった 宇津宮雅代と1973年に結婚したことから、名前が知られるようになります。 西岡徳馬と元妻・宇津宮雅代は、女児を1人もうけますが、 2年後には嫁姑問題が原因で離婚。 その後、元妻の宇津宮雅代は、共演がきっかけとなり、 1978年に俳優の故・三浦洋一と再婚。 しかし、連れ子となった西岡徳馬の実子への暴力が原因で再び離婚を決意します。 そして、1993年に離婚が成立し、 その後2000年5月14日に三浦洋一は食道癌でこの世を去りました。 元妻・宇津宮雅代は、派手な女優活動こそないものの、今もドラマや映画に出演しています。 三浦洋一と結婚するときに連れていた娘が、 西岡徳馬との間に授かった長女の西岡花穂梨。 西岡花穂梨は、女優として舞台を中心に活躍し、今は結婚して子供もいるそうです。 西岡徳馬の現在の妻についての情報は、ほとんどありません。 一般女性ということで、あえて表に出していないのではと思われますが、 夫婦はとても仲が良いということです。

スポンサーリンク

 

優妃(西岡徳馬の娘)杉山裕右?

杉山裕右さんは、実家が米農家で豊臣家の直参家臣「片桐且元」の子孫。 幼少期から野球をやってきて得意だそうです。 2010年頃から俳優として活動を開始。 「軍師官兵衛」「おんな城主 直虎」などに出演。 2人の出会いは2011年の舞台「流れる雲よ」で恋人役を演じたそうです。 杉山さんは東京都 墨田区の出身ですが、父親の実家は埼玉県 加須市にあるのです。 検索結果では「日本大学 豊山高校」(2006年卒)と記載されています 大学については名前こそ記載されていないものの、 「生産工学部」と記載されています。 この情報が事実であれば、杉山さんは大学まで進学していたことになります。 この情報を裏付けるものは一切確認されていません。

スポンサーリンク

 

最後に

西岡徳馬が「ガキの使いやあらへんで!」に出演して話題になったことがあります。 あの渋いフェイスで、少しコワモテのようにも見える西岡徳馬ですが、 仕事に向き合う姿勢は、本当に真摯。2014年年末に放送された 「ガキの使いやあらへんで!!笑ってはいけない大脱獄」でも、 テツandトモと一緒に、彼らのネタを体を張って表現していました。 西岡徳馬が、テツandトモと踊ったり飛び跳ねたりする姿は、 とても70歳を迎えようかという肉体ではなかったというのがもっぱらの評。 その存在感で、芸人さんさえ圧倒していました。 バラエティ番組にも臆さず出演し、芸人顔負けの笑いを取れる西岡徳馬は、 以前のインタビューで「内在しているものは自分では見つけることができないから、 それを人に見つけてもらういい機会。 自分にはまだまだ何かがあると思いたいし、自分の方向性と違うと断ったら、そこで終わり。 それじゃ可能性もゼロになる」と語っています。 自分の知らない世界に飛び込むことで、未知の自分に出会い、 成長し続けていきたい……間もなく70歳となる西岡徳馬は、現状に甘んずることなく、 どこまでも前向きに芸能の道に取り組んでいるのですね。  

コメント

タイトルとURLをコピーしました