羽田圭介(小説家)年収に満足で中神円と結婚!!

ニュース

スポンサーリンク

羽田圭介(小説家)年収に満足で中神円と結婚!!
15年「スクラップ・アンド・ビルド」で芥川賞を受賞した、

小説家の羽田圭介氏(35)が結婚したことが20日、分かった。

お相手は女優、映画監督、脚本家と幅広く活躍する中神円(27)で、

既に婚姻届も提出している。

羽田氏は、今日21日発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)の連載

「作家・羽田圭介 資産運用で五億円の豪邸を買う。」の中で結婚を報告する。

中神は、日刊スポーツの取材に文書で応じ

「私、中神円は小説家・羽田圭介と結婚しました」と結婚を認めた。

羽田氏の敬称を省略するのは

「身内に敬称をつけるべきではないという夫の意向によるものです」と説明した。

今後については「結婚はしましたが特段大きな変化はなく、

私は今後も俳優業のみならず、俳優ならではの視点を生かした監督業、

脚本やコラムの執筆といった幅広い表現の分野で

活躍できるよう精進して参ります」とした。

羽田氏については「それなりに夫を近くで見てきましたが、

いまだに分からない面も多く、これから一生をかけ知っていこうと思っております」とした。

羽田氏に、そう伝えたところ「一生はかからないんじゃないか」と

言われたというが「へたしたら一生分からないかも知れません」とつづった。




 

羽田圭介(小説家)のプロフィールについて

名前  羽田圭介

生年月日  1985年10月19日(35歳)

出身地  東京都

身長  180.5cm

スポンサーリンク

高校時代は毎日放課後に自転車で40km走るトレーニングをしていたそうで、

この時の将来の夢は自転車の実業団の選手でした。

自転車で北海道まで走破したこともあり、

会社員時代も社宅から会社まで自転車で通うほどの、

自転車大好き子だったみたいです。

羽田さんの出身中学は明治大学付属明治中学校で、

高校は明治大学付属明治高等学校です。

大学は明治大学商学部を卒業しています。

中学・高校と実家の埼玉から通っていたので、

通学時間がかなり長かったのでその間に色々な小説を読んでいたそうです。

羽田さんが卒業後に就職した会社は、三井物産ではないかと言われています、

就職先が三井物産だったらかなり優秀だったのでしょうね、

ちなみに就職した理由は「親もそのほうが安心するかと思って」だそうです。

大学卒業後は1年半会社員生活をしてから、

マンションを買って2009年夏から専業作家をやっているそうです。

3社くらい内定を貰いその中から何となく選んで就職したそうです。

会社を1年半で辞めた理由は、予定通りとか人間関係に苦しんだとかではなく、

会社員生活に充足して小説を書かなくなってしまったので

背水の陣を敷くために会社を辞めることを決めたそうです。

2014年くらいから作家としての仕事が軌道に乗り始めたそうですが、

3年前くらいに作家として苦しい時期があり、

友人に公務員試験を受けて公務員になろうかと相談したこともあったそうです。

作家として軌道に乗り始めての芥川賞受賞ですから、

非常に良いタイミングでの受賞ですね。

スポンサーリンク

 

羽田圭介(小説家)年収に満足!?

芥川賞に輝いた『スクラップ・アンド・ビルド』は23万部発行。

1冊1300円の10%、2,200万円の印税と賞金100万円を獲得した。

受賞後も特に生活は変えず、食事のために外出するのは面倒と考える羽田。

ギャラが一番安いテレビ局は放送されなかったが、一番いいのはテレビ朝日。

「トーク番組は同じ話をすればいいので楽」

「もっとも効率よく稼げるのが講演会。90分の講演とサイン会で60~80万円」と、

次々に本音を語っていく。

直近の月収について尋ねられた羽田は、

「先々月300万円、先月200万円、今月200万円」と告白。

「テレビ初披露のギャラの話をする対価として、

今回のギャラでは…」と不満をのぞかせた。

「本を売るためにテレビに出た」羽田。

「テレビに出ても本が売れるわけではない」としながらも、

精力的にテレビ出演を果たしている。

今回も多くの出演者の中で「一番面白い」などの

コメントもあり、羽田の評価は高い。

それは視聴者が羽田のキャラクターを求めているからだ。

作品だけでなく、唯一無二のキャラクターで

多くのファンの心をつかんでいるのだろう。

スポンサーリンク

 

羽田圭介(小説家)家族構成は?

家族はどのような構成なのでしょうか。ネットに出回っている情報によると、

羽田圭介の父親は、システムエンジニアで、コンピューター関係の仕事をしている他、

母親は、機械などの図面を起こす仕事に就いているとのことです。

また、羽田圭介には弟がいて、大学の薬学部に進学しているという情報もあります。

羽田圭介本人以外は、まったく文系の香りがしないこの家族。

羽田圭介の母親は、かなり教育熱心で、子供の頃から読み聞かせに

「となりのトトロ」を用いたとか。また、幼い頃の羽田少年が、

明治大学附属を受験する際には、天声人語の書き写しと要約を強制し、

塾通いや学校とも並行させて、できるまで許さないという厳しい躾をしていたといいます。

羽田圭介の母親は、芥川賞を取った時も、

これで「不安定だった息子が最高の名刺を手に入れた」というような言葉を残したそうです。

この合理的な教育方法の結果、羽田圭介の本質が作られたとも考えられ、

なかなかに面白い家族であるといえるでしょう。

スポンサーリンク

最後に

彼氏の疑念や執着は、やがて通常の人間に考えられるような範囲を超え、

最終的には不条理な状態すら生み出してしまいます。

シェイクスピアの四大悲劇「オセロー」の舞台を現代日本に置き換えて、

リファインしたようなこの作品。

家庭内で起きたことを起点に、個人の執着や依存心が渦巻くという展開に、

羽田圭介の技量を感じずにはいられません。

「隠し事」は、羽田圭介のデビュー作「黒冷水」を髣髴とさせるような筆致で、

現代日本社会の闇を浮き彫りにしていく傑作です。未読の方には、ぜひご一読をお勧めします。

羽田圭介は、芥川賞作家です。弱冠17歳で文藝賞を受賞して文壇にデビューして以降、

今までに数々の作品を残してきています。

そんな羽田圭介の著作の中でもおすすめの1冊といえば、2011年の作品「隠し事」です。

羽田圭介著「隠し事」は、交際する彼女の浮気を疑った彼氏が、

彼女の携帯電話の内容を盗み見て、どんどん疑心暗鬼に陥っていき……というストーリーです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース小説家芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました