古賀稔彦(柔道家)体調激やせ「平成の三四郎」亡くなった!?

スポーツ選手

スポンサーリンク
スポンサーリンク
古賀稔彦(柔道家)体調激やせ「平成の三四郎」亡くなった!?

1992年(平4)バルセロナ五輪柔道男子71キロ級金メダルの

「平成の三四郎」こと古賀稔彦氏が死去した。

53歳だった。

弦巻中3年時に全国中学大会で優勝し、

世田谷学園高ではインターハイ個人戦2連覇。

高校3年、17歳の時に、史上最年少の日本代表(フィンランドオープン)に選ばれる。

代名詞ともいえる鮮やかな背負い投げは、弦巻中2年から。

兄元博さんのアドバイスがきっかけだった。

日体大の卒業論文(90年)のテーマは「背負い投げの魅力を探る」だった。

五輪には88年ソウル大会に71キロ級で初出場するも3回戦で敗退。

92年のバルセロナ五輪で悲願の金メダルを獲得した。

その金メダルへの課程が壮絶だった。

24歳、71キロ級代表の古賀は、

78キロ級代表の吉田秀彦とのけいこ中に左ひざを負傷。

靱帯(じんたい)損傷で全治1カ月の大けがだった。

講道学舎の先輩後輩だった2人は、選手村でも同部屋。

そんなアクシデントを乗り越え、奇跡の金メダルを獲得した。

歩くことさえ満足にできなかった左ひざのけが。

だが、畳の上では、一度も足を引きずらなかった。

前日、先に後輩の吉田が金メダルを獲得していた。

そのことを聞かれ「けがをしたのは吉田との練習だったので、

あいつは責任を感じていた。

早くけがが治るようにいつも祈っていたという後輩の気持ちを聞いて、

今回は本当にいい優勝をしたなと思います」と言った。

まさに、奇跡の金メダルリレーだった。

スポンサーリンク

古賀稔彦(柔道家)のプロフィールについて

名前  古賀稔彦

生年月日  1967年11月21日(53歳)

出身地  佐賀県三養基郡

身長  169cm

血液型  A型

スポンサーリンク

古賀さんは福岡県で生まれ、佐賀県で育ち、

中学時代から柔道の私塾「講道学舎」で柔道を磨きました。

鮮やかな背負い投げを持ち味に「平成の三四郎」と呼ばれ、

1992年のバルセロナオリンピックでは大会直前に左ひざの

大けがを負いながらも男子71キロ級で金メダルを

獲得するなどオリンピック3大会に出場しました

1990年には中量級の選手ながらも体重無差別の全日本選手権に

挑戦して決勝まで進出しました。

2000年に現役を引退したあとは日本代表のコーチや

岡山県の大学の総監督としてトップ選手を指導し、

みずから柔道の私塾を設立して子どもたちの指導を行うなど

普及活動にも尽力していました。

スポンサーリンク

古賀稔彦(柔道家)体調激やせ

古賀稔彦さんの父親も、56歳という若さで

悪性リンパ腫で亡くなっています。

もしかした癌家系だったのかもしれないですね。

この時は『痩せた?』や『何か病気を患っている?』など

憶測の声でしかありませんでした。

なので病名が『癌(ガン)』なのかは正直公表していないので

分かりませんでした。

癌だとしたら2020年に療養し1年足らずで亡くなってしまっているので、

進行がかなり早かったと考えられます。

スポンサーリンク

古賀稔彦(柔道家)嫁

古賀稔彦さんの嫁(妻)は、早苗(さなえ)さんといいます。

早苗さんは日本体育大学を卒業後、

スポーツのインストラクターをしていました。

古賀稔彦さんには1度離婚歴があります。

実はその理由は、現在の嫁の早苗さんとの不倫が原因でした。

元の嫁は国士館大学の指導者の娘で柔道三段の腕前を持つ女性だったとのこと。

2人は高校時代から交際していて結婚したようです。

1996年3月、古賀稔彦さんは早苗さんと福岡のホテルで

密会しているところをフライデーされ、不倫が発覚。

その時は自分の父親が入院中で元妻に

面倒を見てもらっていたところだったとか。

当時は「金メダル捨てた不倫愛」として報道されていました。

古賀稔彦さんはその後すぐに元妻と離婚して、早苗さんと再婚しています。

スポンサーリンク

最後に

古賀稔彦さんと嫁の早苗さんとの間には、子供が3人います。

息子2人、娘1人の顔画像や年齢を見ていきましょう。

颯人さんも柔道選手で、階級は73kg級です。

2015年4月にテレビ番組「ミライ☆モンスター」に出演した際には、

イケメン柔道選手としても話題になりました。

颯人さんは2020年に日本体育大学を卒業後は、慶應義塾に就職。

柔道部の顧問として、高校でも副部長を務めているようです。

今後は実業団に入って選手として続けるのではなく、

柔道の指導者として活躍していくのでしょう。

古賀稔彦さんの次男・玄暉さんも父親や兄と同じく、

柔道で日本体育大学に進学しました。

階級は60kg級です。

玄暉さんは2021年春から実業団の旭化成に所属しています。

古賀稔彦さんの長女ひよりさんも柔道をしています。

長女のみのりさんは、女子57kg級。

岡山創志学園高校時代は柔道部の主将としてチームをまとめた経験も。

優勝は逃したものの第2位という結果を残しています。

柔道家として、指導者として偉大な父・古賀稔彦さんは

お亡くなりになりましたが、

子供たち3人は今後も柔道で活躍していきそうですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ選手ニュース芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました