マヂカルラブリー(お笑いコンビ)ネタ作り“上沼ネタ”もリベンジM-1王者に!

お笑い芸人

スポンサーリンク
スポンサーリンク
マヂカルラブリー(お笑いコンビ)ネタ作り“上沼ネタ”もリベンジM-1王者に!

若手漫才師日本一決定戦「M-1グランプリ2020」の決勝が20日、

東京・六本木のテレビ朝日で行われ、

結成13年のマヂカルラブリーが初優勝を飾った。

3年前の決勝で審査員の上沼恵美子(65)から酷評されるも、

今回はその“上沼ネタ”も生かしてリベンジ。

3月のひとり芸日本一決定戦「R-1ぐらんぷり」と

2冠に輝いた野田クリスタル(34)は「キングオブコント」王者を

目標に「お笑い王になって3冠を獲ります」と宣言した。

“西の女帝”との因縁は前回17年決勝。

マジカルのネタに上沼が「頑張ってるのは分かるけど、

よう決勝残ったなと思って」と指摘すると、ツッコミの村上(36)は

「こんな怒られます?」と苦笑。野田はツイッターで「大恥かいたんだけど」と嘆いていた。

「最下位になっても優勝することがあるんで、諦めないで」

熱いものがこみ上げてきた。決勝に初進出した2017年大会で最下位に沈み、

漫才からの引退まで考えたマヂカルが歓喜の涙で絶叫した。

史上最多となる5081組の頂点に立ったボケ担当の野田は、

客席に向かってガッツポーズ。

因縁の上沼から賞金1000万円のボードを受け取ると、

審査員引退が噂される上沼に「恵美ちゃん辞めないで!」と呼びかけて爆笑を誘った。

スポンサーリンク

 

マヂカルラブリー(お笑いコンビ)のプロフィールについて

名前  村上  本名  鈴木 崇裕(すずき たかひろ)ツッコミ担当。

生年月日  1984年10月15日(36歳)

出身地  愛知県新城市

身長  181cm

血液型  0型

事務所  吉本興業

スポンサーリンク

本名が先輩芸人である「タカアンドトシ」のタカさんの本名

「鈴木崇大(すずき たかひろ)」と同じ読みであり、

一字違い(裕と大)であったことから、

周りの方やお客さんを混乱させないようにするために

「村上」という芸名にしました。

「村上」は、同じ事務所の先輩である「しずる」村上純さんや

「フルーツポンチ」村上健志さんがテレビで活躍していたため便乗したというのと、

漫画『東京大学物語』の主人公の名前(村上)からとったそうです。

舞台ではピンクのカーディガンを着て、

野田クリスタルさんのボケにツッコミを入れています。

高校卒業後、村上さんは法政大学に進学しました。

村上さんは、お笑いサークルHOSの5期生で「シーン」や

「コバヤシーン」といったコンビを組んで活動していました。

大学のお笑いサークルの全国大会では、2005年・2006年と連覇しています。

現在ぽっちゃり体系の村上さんですが、17歳頃は痩せており、

そのときは男前でモテていたらしく

他校の女子に告白されたこともあったそうですよ。

 

名前  野田クリスタル  本名  野田 光(のだ ひかる)ボケ・ネタ作成担当。

生年月日  1986年11月28日(34歳)

出身地  神奈川県横浜市南区

身長  178cm

血液型  A型

事務所  吉本興業

スポンサーリンク

野田クリスタルさんは、15歳の時に同級生とお笑いコンビ「セールスコント」を結成、

バラエティ番組『学校へ行こう!』のお笑いインターハイで優勝しました。

16歳の時には東京吉本に所属が決まりました。

その後インターネットの相方募集掲示板で知り合った相方と「役満」を結成し、

2004年のM-1グランプリに3回戦まで進出しています。

劇場のお客さんの投票で決まるランキングでは最低ランクのエコノミーまで

急落してしまうなど順調な芸人生活ではなかったそうです。

小学生の頃から「自分こそが芸人だ」と思っていたという野田クリスタルさんは、

中学生で初コンビを組みました。

その後も何人かの人とコンビを組んでは解散、

ピン芸人として活躍していたときにたまたま客として

ライブを見に来ていた現在の相方である村上さんを見つけ、

ライブ終了後に声をかけてその場で「マヂカルラブリー」を結成、活動を始めました。

野田クリスタルさんは、2020年ピン芸人のNo.1を決める

『R-1ぐらんぷり2020』で初めて決勝に進出、そして優勝しています。

野田クリスタルさんは、三人兄弟の末っ子だそうです。

末っ子ということで、野田クリスタルさんは

「基本お下がりだった」と話していました。

スポンサーリンク

 

マヂカルラブリー(お笑いコンビ)ネタ作り

マヂカルラブリーのネタは、野田クリスタルの表情などを

活用した動きのあるボケに、村上が説明しつつツッコミを入れるという、

1人コントと漫才が融合したような形が基本です。

「M-1グランプリ2016」の準決勝・敗者復活戦や

「アメトーーク!」で披露した“寿司ネタ”は、

「野田クリスタルが実は天然おバカさんキャラ」という設定です。

天然ゆえにさまざまなシチュエーションで

異様な動きを見せることで爆笑を誘います。

一方で、TBS系「あらびき団」で2012年から披露しているのは、

珍しくマヂカルラブリー村上がボケ役を務めるラップバトルネタです。

2017年の「あらびき団夏祭り」で好評を博したのは、

「ブタ野郎」とディスる野田クリスタルに対し、

村上が「シャケ野郎」と意味不明なオウム返しを

繰り返すため勝負にならない、というネタでした。

あらびき団のMC東野幸治も絶賛のラップネタでは、

まさかのボケツッコミ逆パターンで笑いを呼んだ

マヂカルラブリー、なかなか侮れませんね。

スポンサーリンク

 

マヂカルラブリーが「M-1グランプリ」!!審査員の上沼恵美子が激怒したワケ!

結成翌年の2008年には、「M-1グランプリ」で

いきなり準決勝進出を果たしたマヂカルラブリー。

それ以降も、準決勝進出常連組ともいえる成績を残してきました。

2017年は、“エントリーナンバー777”という、いかにもラッキーそうな番号で

「M-1グランプリ」の準決勝を初めて突破し、決勝戦まで駒を進めています。

マヂカルラブリーのネタの特徴は、“0か100か”と評される、

“不発か大爆発の笑い”をもたらすこと。

先輩芸人からの評価は高く、過去に何度も「今年最注目!」

「今年こそブレイク!」と言われ続けてきました。

迎えた「M-1グランプリ」決勝本番。

「野田ミュージカル」のネタで挑んだマヂカルラブリーは最下位だった上、

審査員の上沼恵美子から「好みではない」「よく決勝に残ったなと思う」と、

これ以上ないほど酷評されることに。

激怒した上沼恵美子に直後はうちのめされていた様子のマヂカルラブリーですが、

翌日には、爪痕ならぬ“傷跡”を残せたと前向きに捉え、

「来年は上沼さんを笑わす一年にする」と気持ちも新たにしています。

スポンサーリンク

 

最後に

2014年頃から週5日、ジムでの筋力トレーニングに励んだ結果、

筋肉マッチョと呼ばれるような体の持ち主になった

マヂカルラブリー野田クリスタル。

公式HP内のブログ「野田の日記」には、7年にわたる郵便局での配達アルバイトの話や、

実家を出ることになった経緯など、彼を取り巻く日常が、

面白くかつ淡々と綴られています。

その文章の面白さは、限定販売ながら書籍化されたほどです。

現在は体重100㎏を超える巨体に成長。

自炊をしても食費は毎月10万円以上かかり、

お金に困るとスロットで一獲千金を狙うというダメっぷりです。

野田クリスタルは相方の村上を、大酒を飲む・ギャンブルが好き・

キャバクラで遊ぶなど、古い芸人のようだと批判しつつも、

どのようなことでも受け入れる広い器の持ち主だと評価しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お笑い芸人ニュース芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました