眞子さま以前に彼氏山守凌平がいた熱愛の真相や皇族より小室家側に立った理由がヤバイ!?

ニュース
スポンサーリンク

眞子さま以前に彼氏山守凌平がいた熱愛の真相や皇族より小室家側に立った理由がヤバイ!?

眞子さまの『一度決めたことは

頑として曲げない』という一面は、

秋篠宮さま譲りなんだそうです!

3人の子供のなかでも最もお父さまに

性格が近いのだとか。。

皇室では、宮内庁が探してきた相手と会って

結婚を決めるのが慣例でしたが、

皇族のなかで初めて自ら相手を

選んで結婚に至ったのは秋篠宮さまでした。

眞子さまも同様に自らの決断で道を

切り開いていかれるのでしょう

眞子さまはいちずな方だ。

厳しいときでも二人で助け合い、

結婚への道を貫こうとされています!

米国留学中の小室さんと離れ離れになっていても、

気丈に公務に励む娘の姿を見て

決意を固められたという。

母の紀子さまは昨年9月、

「意見が違ったりすることもあるが、

長女の気持ちをできる限り尊重したい」と

つづった文書を発表。

11月には、秋篠宮さまが

「結婚を認める」と明言された。

眞子さまのまっすぐな思いが

ご両親の心を動かしました!



眞子さまのプロフィールについて

名前  眞子さま

生年月日  1991年10月23日(29歳)

出身地  東京都千代田区千代田皇居

身長         162cm

血液型      非公表

 

スポンサーリンク

父の秋篠宮文仁親王により、

「眞子(まこ)」と名付けられます!

この名は、「天性のものを失わず、自然に、

飾ることなく、ありのままに人生を歩む」願いを

込めて命名されました。

1998年(平成10年)4月、学習院初等科入学。

その後学習院女子中・高等科に進学。

高校時代のあだ名は「まこしー」でした。

2005年(平成17年)頃からは、

日本国内を中心として両親の公務、

接見に同行・同座することが多くなり、

最年長の内親王として国民の前に姿を現す機会も増えています。

2009年(平成21年)11月、国際基督教大学を

AO入試で受験して、合格したことが発表され

国際基督教大学教養学部

アーツ・サイエンス学科に入学。

皇族の同大学への入学は初となります!

大学ではスキー部に入ったり、

留学も積極的にされています。

2012年の大学3年生の頃に

婚約者の小室圭さんと出会い交際を開始。

3年生になると、美術・文化財研究を専攻。

学芸員の資格を取得したり、

運転免許も取っています。

2014年に国際基督教大学を卒業し、

同年9月にレスター大学大学院博物館学研究科に

入学1年間留学されています。

レスター大学院在学中は他の生徒と

一緒に寮生活を送っています。

スポンサーリンク

眞子さま以前に彼氏山守凌平がいた熱愛の真相は?

眞子様には、小室圭さんと付き合う前に

『山守凌平(やまもり りょうへい)』さん

という「元彼氏」がいらっしゃったそうで…

山守凌平さんは、眞子様の母校である

国際基督教大学(ICU)の同級生で、

彼こそが眞子さまの“元カレ”だったと

言われています。

この件はずいぶん格好の週刊誌ネタにされ、

宮内庁も大学側も火消しに躍起になっていました。

山守凌平さんのブログから流出したらしく、

当時は仲間同士の間でも

二人の仲は公認と言われていました。

彼は周囲から冗談めかして

『山守天皇』『山守親王』

などとニックネームで呼ばれていて

本人も「オレは皇族になる人間だから!」

と、ドヤ顔な様子だったというウワサ…

“山守凌平さんが眞子様の元彼氏だった”

という決定的な証拠はなく、

先ほどのツーショットの写真も

恋人と言うよりかは仲間同士と

言うような雰囲気にも見えますけどね。

『劇団のの』とは、眞子様の出身大学である

国際基督教大学(ICU)の卒業生を

中心に設立した劇団。

山守凌平さんは2013年時点では

『劇団のの』のホームページに

「キャスト」の一人として顔写真が

いくつか紹介されていました。

結局、当時の「アルコール写真流出事件」騒動が

もとで二人の“仲”は終わったと言われています。

スポンサーリンク

眞子さま皇族より小室家側に立った理由がヤバイ!

眞子さまは音声データの存在を知っています。

それが小室さんを信じる自信の1つになっているのです

眞子さまは秋篠宮家の中で、

しっかり者として知られているそうです。

2016年の三笠宮さまの葬儀の時、

秋篠宮殿下の意見に対して、

紀子さまは『そうですね』としか言えず

周囲が困っていたところ、眞子さまは

『こうしたほうがいい』とはっきり申し上げたことがあった。

そのしっかり者の眞子さまが

小室家側についてしまったことは

職員たちにとって驚きだったといいます!

眞子さまと紀子さまとの間に、

さらに「決定的な亀裂」が生じたのは、

2018年11月30日に公表された

秋篠宮さまの誕生日会見だったと

秋篠宮さまは、「納采の儀」を行うための

2つの条件を語りました。

「金銭問題の解決」と「国民の祝福」である。

眞子さまと圭さんには、事前に伝えたうえでのご発言だった。

眞子さまが不信感を強めたのは、

同席した紀子さまの次のご発言だ。

昨年の夏から、様々なことがありました。

そして折々に、私たちは話合いを重ねてきました。

そうした中で、昨年の暮れから、

だんだん寒くなっていく中で、

長女の体調が優れないことが多くなりました。

そうした状況が長く続き、長女は大丈夫だろうか、

どのような思いで過ごしているだろうかと、

私は、大変心配でした

一見すると、娘思いで母親らしいご発言に思えるが、

眞子さまの受け止め方は違ったといいます!

眞子さまが一時、体調を崩されていたのは事実です。

紀子さまも心配され、6月に眞子さまは

宮内庁病院で検査を受けられた。

幸い異常はなく、『心因性のもの』という

診断だったので、眞子さまは

予定通り海外公務に行かれたのです。

その頃体調を崩されていたのは

実は紀子さまでした。紀子さまが自分の不調を

『娘を心配している』という表現で糊塗していると

眞子さまは感じられたのです。

結婚賛成から反対に回り、

眞子さまを悩ませているのは他でもない紀子さま。

眞子さまは、母親は世間体を気にしているだけで、

本当に娘を守ろうとしているわけではないと

受け止めてしまわれたのです

スポンサーリンク

最後に

名古屋出身の山守凌平さん。

ご実家についてはご両親は医師で

かなり裕福な家庭で育った

という情報がありました。

山守凌平さんは現在、劇団勤務を経て

フランスに留学して、

現在はコンサル会社に勤めているようです!

山守凌平さんは、国際キリスト教大学を卒業後、

政府系の金融機関である

『日本政策投資銀行』に就職します。

何を思ったのか、劇団員に転職。

同じ国際キリスト教大学の先輩だった

平田オリザさんの劇団に入団します。

2015年(24才)には、慶應義塾大学大学院に入学し、

その後はESSECビジネススクールへ、

派遣生としてフランスはパリに留学。

ESSECとは、世界のビジネススクールのトップの1つで、

経営者用のMBAの取得の為に、

世界中からエリートが集まる場所です。

かなり優秀でないと、出身大学よりレベルの高い

大学の大学院に入る事はできませんし、

とにかくエリートコース一直線だったようです。

現在は留学から帰国し、

コンサル会社に勤めているんだとか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース皇族芸能・ゴシップ
スポンサーリンク
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました