松坂大輔(プロ野球選手)今季限りで引退へ!中日退団理由なぜやめるのでしょうか?

スポーツ選手
 
スポンサーリンク

松坂 中日 退団理由なぜやめるのでしょうか?

中日の加藤宏幸球団代表のインタビューがあります!

松坂大輔(39)、2年間プレーした中日を退団することになりました。

交渉役だった加藤宏幸球団代表とは複数回に及ぶ話し合いを重ねたが、決裂したみたいです。

松坂大輔(39)は森SDと友利国際渉外担当が退団することに関し、「僕は2人にドラゴンズに拾ってもらった。

松坂大輔今季限りで引退へ!


西武の松坂大輔投手(40)が今季限りでの


現役引退を決断したことが6日分かりました。


この日までに球団に意向を伝えたといいます!


昨年から古巣の西武に復帰も


同年7月5日に「脊椎内視鏡頸椎(けいつい)手術」を受け、


その後は1、2軍ともに登板なし。


現在は練習も行っていない。


日米通算170勝を挙げて


日本のエースとして君臨した「平成の怪物」が、


23年間の現役生活に静かに幕を閉じます!!


右手のしびれは最後まで抜けなかった。


これまで何度も大きな手術を乗り越えてきた


松坂だったが、昨年7月5日の手術から


1年が経過し、決断した。


渡辺久信GMに引退の意向を伝え、了承された。


近い関係者には「右手の指の感覚がない。


これ以上、チームに迷惑をかけることはできない」と


話しているそうです!


松坂大輔さんの素晴らしい投球を


見られなくなるは、本当に残念で仕方がないですが


ゆっくり休んでほしいですね!


お疲れ様でした。

スポンサーリンク

 

交渉過程でいったい何があったのでしょうか?

僕もいちゃいけないなと思った」と退団理由を挙げています。交渉過程でいったい何があったのでしょうか?

せっかく14年ぶりに古巣・西武に復帰したとおもったのですが、ファンはもちろん、メディアさえも盛り上がっていたのですが

――松坂は退団理由として、森SDと、編成の友利氏が中日を離れることに触れました。

「(交渉過程で)『自分ひとりだけが残っていいのか』という話はしていましたね。それに関してはこちらはとやかく言うつもりはなかった。こちらが条件提示をする以前に、退団をしたい、ということでしたので、彼の意志を尊重して、自由契約という形にしました」

 ――なぜ、交渉は揉めたのですか? 条件面で不満があったのですか?

「退団の意志が強かったので、こちらから正式な条件、金額を提示するまでには至りませんでした。もちろん、前の段階で、だいたいこれくらいの金額でどうか、という話はしていました。昨季は成績が成績(2試合登板で0勝、防御率16・88)でしたし、金額を言える立場にはないとも思っていました。彼には彼のプライドがあったのかもしれませんが、話し合いの過程で『自分ひとりが――』という話が出ましたのでね」

 ――何度も話し合いを重ねながら、交渉が決裂した経緯を教えてください。

「もともと、彼の方から中日に残るのがベスト、という話がありましたし、こちらとしても残ってほしいという話をしたけど、最終的に彼の方から、退団したい、ということだった。そこはプロの世界なので、仕方がないことです」

 ――西武では年俸3000万円といわれている。

「それが正確な金額かどうかは分からないですよ。彼は、『年俸を自分の口からは言いません』と言っていましたからね」

 ――松坂に引退や退団を勧告したことは?

「それはありません」

 

何かと失言をし叩かれる加藤代表だが、この記事の内容は別におかしい事は言っていないと思う。Yahoo!コメントより

あのゴルフの件から松坂を批判する人増えたよね。そしてトドメに1イニング持たずに大量失点。あれは酷かった。Yahoo!コメントより

元々、ソフトバンクで終わりだった選手をたまたま森さんが中日にいて投手陣が手薄だったから来れただけの話で、とうの昔にピークを過ぎて二桁勝利も期待出来ない松坂に何千万も出せないし
中日の投手陣も揃ってきたから無理に引き止める必要は何もないよ。今更こんな事を聞いてもなって感じ。Yahoo!コメントより

スポンサーリンク

松坂大輔(39)の年俸・成績・について

松坂大輔(39)の年俸・成績・について

去年の年俸1500万円から8500万円増の年俸1億円で合意していました。“営業査定”を含んでの大幅アップでした。

松坂の年俸1億円は高いか、それとも安いか…。球界内では賛否両論あったのは去年のことです。中日がはじき出したのは、1億円だったことが判明しました。

メジャーリーグからソフトバンクに移籍した3年間は全く活躍できていません、そして、2019年の中日ドラゴンズでは活躍できていません。

松坂大輔投手の肩の状態はわからないため、先発投手で10勝以上の活躍は難しいと思います。

スポンサーリンク

最後に

最後に

今の世代の人には、わからないかと思いますが、昔の松坂大輔さんは、ものすごく

活躍していました。プロ野球選手の憧れの選手だったのを思い出します。

年齢もありますし、体力的なこともあると思いますので自分の体と向き合い

ながら、頑張って欲しいです



人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました