蓮舫 (政治家)離婚旦那は誰?議員の事実誤認はダメ!?麻生氏発言に苦言⁉

タレント


スポンサーリンク
蓮舫 (政治家)離婚旦那は誰?議員やテレビ解説委員の事実誤認はダメ!?
立憲民主党の蓮舫参議院議員が8日、ツイッターに新規投稿。

日本学術会議会員の任命拒否問題について、

自民党の国会議員がSNSで事実誤認のある政府擁護論を

展開しているという報道を引用し、

「間違った認識を公言するのはいかがか」と問題提起した。

蓮舫氏が指摘した「フジテレビの解説委員」とは上席解説委員の平井文夫氏。

5日放送の「バイキングMORE」で学術会議会員について

「6年ここで働いたら、日本学士院に行って年間250万円の年金がもらえる。

死ぬまで。皆さんの税金から。そういうルールになってる」と発言したが、

翌日の野党合同ヒアリングで内閣府の学術会議担当者が平井氏の発言内容を否定。

自民党の国会議員では、長島昭久衆院議員が同会議OBが

学士院会員となって終身年金を給付されているとツイートして炎上し、

その後、同氏はお詫びの投稿をした。

蓮舫氏は「発言は自由。とはいえ、国会議員やフジテレビの解説委員が

間違った認識を公言するのはいかがか。何を守ろうと?」と指摘。

「政権が排除した人事の理由、知りたいのはここ」と核心部分を突いた。

スポンサーリンク

蓮舫小池氏過労は「自分でまいた種」麻生氏発言!?

立憲民主党の蓮舫参議院議員が

25日夜、ツイッターに新規投稿しました!

自民党の麻生太郎財務相が、

過労で静養している東京都の小池百合子知事について

「自分でまいた種でしょうが」と

述べたことに対して、

政治家以前の人格の問題として

麻生氏に苦言。

東京都議選で、麻生氏が青梅市選挙区の

自民党新人候補の応援演説をした

際の発言だが、蓮舫氏は「これは、ない」と指摘。

これは、人間としての配慮が

欠けていると想うざるを得ない発言ですね!

スポンサーリンク

 

蓮舫 (政治家)のプロフィールについて

名前  蓮舫   本名  齊藤 蓮舫〈さいとう れんほう〉

生年月日  1967年11月28日(52歳)

出身地  東京都

血液型  A型

所属  立憲民主党

蓮舫さんは、1980年に青山学院の中等部に進学しています。

部活動はハンドボール部だったそうです。

音楽にも興味があって、尾崎豊さんに憧れてバンドを結成して、

ボーカルとギターを担当していたそうです!

1995年から北京大学に留学もしています。漢語を中心に学ぶための留学だったそうです。

1986年に青山学院大学・法学部に進学しています。やはり政治家をやっているだけあります。

大学在学中の1988年に「クラリオンガール」にも選ばれているほどかわいいのです。

1986年にTBSのドラマ「セーラー服通り」で女優デビューしています。

1990年頃からタレント活動を本格的にスタートしています。

「スーパージョッキー」や「マジカル頭脳パワー」、

「怪傑!ドクターランド」などのバラエティー番組などに出演していました。

スポンサーリンク

 

蓮舫 (政治家)離婚旦那は誰?理由は?

蓮舫夫婦が離婚していたことが8月25日、文春オンラインで報じられた

「参議院ホームページに掲載されている蓮舫氏の本名が21日未明、

『村田蓮舫』から『齊藤蓮舫』に変更された。それで離婚が発覚したそうです」

報道によると、蓮舫氏は8月7日に離婚届を提出。

7月頃、蓮舫氏から離婚を切り出して、弁護士も入れない円満な協議離婚だったという。

「理由について蓮舫氏は『シンプルに人生観の違い』と説明しました。

信之さんは地方に生活拠点を移すことを検討し、

蓮舫氏は東京選出の議員として『東京から日本を変えたい』。

そのギャップから離婚を選択したそうです」

「蓮舫さんは有名タレントへの登竜門とされるキャンペーンガール『クラリオンガール』に、

青山学院大学在学中に選ばれてデビュー。

最初はバラエティー番組の美人アシスタントのような立ち位置でしたが、

タレントから“報道キャスター”への転身を図る中で、

当時、政治や事件を精力的に取材していた村田さんと親しくなることは、

報道畑への人脈を広げるために役立ったはずです」

「実は、蓮舫さんと交際する直前まで、村田さんは民放キー局の女子アナと親しい関係で、

華やかな知人も多かった。蓮舫さんはそうした人脈を持つ村田さんに魅力を感じたのでしょう。

当時から上昇志向の塊のような女性でしたから」

スポンサーリンク

 

蓮舫 (政治家)双子の子供?

実は蓮舫さんは、お子さんを中国の北京で出産しています。

医療設備や産後ケアのことを考えると、圧倒的に日本で出産する方が良いはずなのに、

敢えて中国で出産した背景には何があるのでしょうか。

1994年:フリージャーナリストの村田信之さんと結婚

1995年:当時担当していたニュース番組『ステーションEYE』のメインキャスターを

降板し北京大学に留学

メインキャスターを務めていれば、降板という選択肢はない、

あるいはその選択肢があったとしても敢えて選ばないというケースがほとんどですが、

蓮舫さんの場合はすべてを捨てて北京大学留学を選びました。

1997年:北京で双子を出産

1997年の雑誌インタビューでは「私は中国人の父と日本人の母の間に生まれたんですが、

父親が日本人として子どもを育てたので日本のことしか知らないし、

日本語しか話せない。それが自分の中でコンプレックスになっていました。

だから自分の国籍は台湾なんですが、父のいた大陸というものを一度この目で見てみたい、

言葉を覚えたいと考えていました。」と話していた。

長男は琳(りん)君で、長女は翠蘭(すいらん)さんです。

つまり、琳君と翠蘭さんは双子です。

スポンサーリンク

 

最後に

蓮舫 (政治家)さんの、長男の琳君は、中学校までは青山学院に通っていました。

母親の蓮舫さんも青山学院幼稚園から青山学院初等部、中等部、高等部を経て、

青山学院大学法学部工法学科を卒業していますので、

息子の琳君も青山学院大学までエスカレーター方式で進学していくのかと思われていましたが、

高校からは外部進学をします。

その進学先とは、イギリスのカンブレアにあるセドバー高校です。

長女の翠蘭さんも、琳君と同様に中学校を卒業するまでは青山学院中等部に在籍し、

高校からは外部進学をしています。

進学先は、ニュージーランドのネルソンにあるガリン高校です。

長男の琳君と同じく、高校からは海外の学校で学ぶことにより、

言語はもちろんのこと、様々な価値観を身に着けることができたようです。

村田翠蘭さんの所属大学について調べていくと、

早稲田大学国際教養学部で学んでいることが判明しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タレントニュース政治家芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました