Warning: session_start(): open(/home/xs951160/nasupapa.com/xserver_php/session/sess_59a789ea86ec07f338cf06573e201c92, O_RDWR) failed: Disk quota exceeded (122) in /home/xs951160/nasupapa.com/public_html/wp-content/plugins/ad-rpm-booster/ad-rpm-booster.php on line 11

Warning: session_start(): Failed to read session data: files (path: /home/xs951160/nasupapa.com/xserver_php/session) in /home/xs951160/nasupapa.com/public_html/wp-content/plugins/ad-rpm-booster/ad-rpm-booster.php on line 11
【画像】純名里沙【ぴあの】宝塚時代から現在youtubeをやっていて歌唱力の高さが驚愕!? | 世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

【画像】純名里沙【ぴあの】宝塚時代から現在youtubeをやっていて歌唱力の高さが驚愕!?

タレント
スポンサーリンク

【画像】純名里沙【ぴあの】宝塚時代から現在youtubeをやっていて歌唱力の高さが驚愕!?

純名里沙さんは、宝塚歌劇団の在団中に

NHKの朝のドラマ『ぴあの』(NHK)に出演し、

一躍話題になりました!

純名里沙さんが宝塚歌劇団に入団した後、

初めて務めたのは舞台のフィナーレを

飾る歌手である『エトワール』。

その高い歌唱力は『10年に1人のプリマドンナ』と

いわれたほどです。初舞台の翌年には、

高い歌唱力からオペレッタ『微笑みの国』で

初のヒロインに抜擢され、

ウィーン・フォルクスオーパー管弦楽団と

本場ウィーンでレコーディングを行いました。

純名里沙さんが『ぴあの』に出演したのは、

宝塚歌劇団の方からオーディションを

すすめられたことがきっかけでした。

『ぴあの』では主題歌も担当し、

劇中でも美しい歌声を披露したことから、

純名里沙さんの歌唱力の高さは

宝塚歌劇団のファン以外も知るところになります。



純名里沙【ぴあの】のプロフィールについて

名前  純名里沙  本名  中西 純子(なかにし じゅんこ)

生年月日  1971年3月15日(51歳)

出身地  大阪府箕面市

身長  160cm

血液型  AB型

 

大阪府出身の純名里沙は宝塚に入る前から

ミュージカルが好きで、アマチュアの劇団で

ミュージカルの舞台に立っていたといいます。

そんな彼女は高校2年生だった

1988年に宝塚音楽学校を受験。

狭き門といわれる試験に見事合格しました。

純名里沙が宝塚へ入団したのは、1990年。

76期生となった彼女の同期には、

宙組組長・男役の寿つかさ、

花組組長で同じく男役の高翔みず希の他、

元星組の娘役トップ・星奈優里、

元月組のトップスター・彩輝直らがいます。

錚々たる顔ぶれが揃う76期生のうち、

トップの成績で宝塚音楽学校を卒業したのは、

純名里沙でした。

スポンサーリンク

純名里沙【ぴあの】宝塚時代は?

入団2年目でヒロインに抜擢されるなど

高い評価を受けていた歌唱力を披露。

透き通るソプラノでのびのびと童謡を歌いあげ、

作品の後半には主題歌も担当。

ヒロインが主題歌を歌うのも、

朝ドラ史上初めてのことでした。

宝塚の舞台へ戻った純名里沙は、

雪組から花組へ異動。1公演を経て

1995年6月から上演された

「エデンの東/ダンディズム!」から

花組娘役のトップに抜擢され、

同作がお披露目公演となりました。

この時の相手役は、純名里沙と同じく同作で

花組トップスターの座に就いた

67期生の真矢ミキです。

およそ1年にわたり花組の娘役トップを務めた後、

純名里沙は1996年に上演した

「ハウ・トゥー・サクシード」をサヨナラ公演として

宝塚を退団しました。

スポンサーリンク

純名里沙【ぴあの】現在youtubeやっていた!?

純名里沙『 踊り明かそう /

I Could Have Danced All Night 』

(ミュージカル「マイ・フェア・レディ」より)

 

純名里沙 『New York New York 』

スポンサーリンク

最後に

メディア出演がなくなったのは

活動休止などではなく、歌手として地に

足をつけた活動を続けていきたいと

考えるようになった純名里沙の

方針転換によるもののようです。

彼女にとって大きな転機となったのは、

2011年3月に発生し、各地に甚大な被害を

もたらした東日本大震災でした。

震災により一時は活動の意欲が薄れたものの、

次第に「今こそ歌いたい」という思いが強くなり、

自らアコースティックバンドの元を訪れて

オーディションを志願。今ではライブを開く

会場探しなども自身で行っているのだそうです。

宝塚時代から応援するファンの中には、

数十名規模のライブハウスなどで純名里沙が

歌うことに反対の声もあるようですが、

それでもスポットライトもなく、

一切のごまかしがきかないライブで

歌うことには、色々な学びがあるのだといいます。

中華圏において、アカデミー賞に匹敵する

栄誉ある映画賞「金馬奨」での受賞により、

アジア全土を股にかけて活躍の幅を

広げるチャンスをつかんだ純名里沙。

しかし、近年は映像作品で見かけることがなくなり、

オーケストラと共演するような

規模の大きいコンサートも開いていません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タレントドラマ女優歌手芸能・ゴシップ
スポンサーリンク
nasujun714をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました