岸井ゆきの【女優】かわいい! ベットシーンや脱いでるシーンが話題に!?

ドラマ
スポンサーリンク

岸井ゆきの【女優】かわいい! ベットシーンや脱いでるシーンが話題に!?

岸井ゆきのさんが、初主演となった

映画【おじいちゃん、死んじゃったって】が

結構話題を呼んでいるんですね!

2017年の作品なので、なんとこの映画の冒頭と後半で

2回もベッドシーンにチャレンジしているんですよね!

 

この作品で岸井ゆきのさんは、

第39回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を

受賞しています!



岸井ゆきの【女優】のプロフィールについて

名前  岸井ゆきの

生年月日  1992年2月11日(29歳)

出身地  神奈川県

身長  150.5cm

血液型  AB型

事務所  ユマニテ

 

スポンサーリンク

岸井ゆきのさんは、神奈川県秦野市の丘の上の団地に

住んでいて、近くの山や川で自然とともに

伸び伸びと育ったそうです。

岸井さんの家族は、父親・母親・兄・岸井さん

本人の構成の4人家族。

岸井さん曰く、

「家族にはあんまり言いたいことを伝えられない」とか。

家族というものに理想を求めていたり、

親の前ではいい子でいたいという

気持ちがあるんだとか。

岸井さんの家族は、”家族という近しい間柄でも、

それぞれを個人として捉える家族”だそうで、

海外旅行に行く時も自分の旅費は

自分出払っていたそうですよ。

岸井さんは木登りもしていたそうで、

あるとき木登り中に落下。

背中から落ちたためか過呼吸に

なった経験があるそうです

小1から器械体操始め、地元の大会で

優勝したこともあるくらい真剣にしていて、

選手を目指していたんだとか。

中学校は、「秦野市南が丘中学校」と

言われているようです。

小柄な身長は器械体操に有利だということもあり

練習が楽しかったそうですが、

中3のときにバク転に失敗してしまい、

その失敗後は恐怖心が出て飛べなくなったとか。

3年ということもあって、

そこで器械体操をやめたそうです。

神奈川県立秦野総合高等学校に通っていて

高校時代は帰宅部で、将来やりたいことを

見つける準備期間にしようと決め、

模索する毎日を過ごしていたんだそうです。

高校3年生の時にスカウトをされています。

その時の彼女は、バリスタの専門学校の見学を

するために電車に乗っていたとのこと。

「あなたを被写体に写真を撮りたい」と

女性カメラマンの声を掛けがあり、

紹介してもらったのが今の

事務所ユマニテだったそうです。

スポンサーリンク

岸井ゆきの【女優】脱いでるシーンが話題に!?(動画有り)

あまり濡れ場シーンのイメージがない

岸井ゆきのさんですが

成田凌さんとの濡れ場シーンが

セクシーでかわいいと

ファンの方から注目されているようなので

早速その動画をご覧いただきたいと思います!

 

いや~もうラブラブで2人ともかわいいですし

お胸が見えそうで見えない感じの

シーンがすごくセクシーです!

この岸井ゆきのさんの濡れ場シーンは

女性からの評価が高そうですね!

スポンサーリンク

岸井ゆきの【女優】スリーサイズやカップサイズは?

バストなどのスリーサイズはいくつなのでしょうか?

残念ながら公表はされておらず

ネット上の推測情報も見つかりませんでした。

元々の身長は148・5cmだったそうなのですが

ジムで首の曲がりを治してもらったら

150cmまで伸びたんだそうです!

残念ながらカップ数についても

公表はされていなかったのですが

推測情報ではAカップ・Bカップくらいという

声が多かったです。

元々小柄な体型でおられるので

カップ数もそのくらいなのかもしれませんね!

スポンサーリンク

最後に

岸井ゆきのは、

まさに今、注目度が急上昇している女優です。

なかなかオーディションに受からない時期も

経験したという岸井ゆきのですが、

2016年から2017年にかけて重要な役を演じる機会が増え、

度々話題に上るようになっていきました。

2016年4月より放送を開始し、シリーズ化された

松本潤の主演ドラマ「99.9刑事専門弁護士」では、

松本潤演じる深山大翔に恋するシンガーソングライターを

演じた岸井ゆきの。邪険にされてもめげずに

アピールする様が、コミカルで

可愛らしいと話題になりました。

 

 

2018年10月から放送されたNHK朝の

連続テレビ小説「まんぷく」にて、

朝ドラ初出演を飾っています。

岸井ゆきのが、2014年2月に放映された東京ガスの

CM「母からのエール」編で演じたのは、

就職活動で苦難する女子大生という役でした。

大学3年のうちに内定をもらえれば安泰という中、

岸井ゆきのが演じた女子大生は、

大学4年生で内定がもらえておらず、

すでに卒業間際。同じく就職活動を頑張ってきた

仲間も次々に内定をもらう中、「なぜ自分だけが?」と、

悲観的になりながらも、最後に受けた面接に手ごたえを感じ、

意気揚々と母の待つ家に帰ります。

就活難航中の当事者からみれば、

岸井ゆきのの演技がリアルすぎて、心情がダイレクトに

伝わってくるだけに、耐え難い映像になってしまったのでしょう。

その結果、東京ガスに批判の声が多く寄せられたため、

岸井ゆきのが出演したCMは、放送中止になりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ女優芸能・ゴシップ
スポンサーリンク
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました