Warning: session_start(): open(/home/xs951160/nasupapa.com/xserver_php/session/sess_05bb0eed3677ef39c5e2f17279f0d6ca, O_RDWR) failed: Disk quota exceeded (122) in /home/xs951160/nasupapa.com/public_html/wp-content/plugins/ad-rpm-booster/ad-rpm-booster.php on line 11

Warning: session_start(): Failed to read session data: files (path: /home/xs951160/nasupapa.com/xserver_php/session) in /home/xs951160/nasupapa.com/public_html/wp-content/plugins/ad-rpm-booster/ad-rpm-booster.php on line 11
森下佳子【脚本家】結婚相手の夫馴れ初めや子供はいるの?中学高校大学や劇団員だった!? | 世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

森下佳子【脚本家】結婚相手の夫馴れ初めや子供はいるの?中学高校大学や劇団員だった!?

ドラマ
スポンサーリンク

森下佳子【脚本家】結婚相手の夫馴れ初めや子供はいるの?中学高校大学や劇団員だった!?

森下佳子さんは、小学生の頃、

宝塚系のこどもミュージカル劇団に

所属したりして芝居が好きだったそうです!

パーフェクトキット

大学では演劇サークルに入って

そこで演劇にのめり込んで、自分でも劇団を立ち上げ、

脚本と演出を行う作演を担当していたそうです!

作風はごちゃごちゃでいろんな劇団の良い場面を

ごった煮みたいに取り入れた作品ばかりだといいます!

脚本の道でやっていこうかと思ったのですが

両親にとりあえずどこかに入って

早く自立してくれと言われたそうで、

当時は就職氷河期でリクルートに就職されて

何でかそこで住宅誌の編集部に配属されて、、、。

でも、編集の仕事は好きで一生懸命やったそうで

一度企業に入ったからこそわかることも大きかったそうです。

やっぱり話を作るということが好きで、

正社員を辞めてアルバイト待遇にしてもらい、

スクールでシナリオの勉強に励みました。



森下佳子【脚本家】のプロフィールについて

名前  森下佳子

生年月日  1971年1月24日(51歳)

出身地  大阪府高槻市

身長   非公表

血液型  B型

職業   脚本家

 

スポンサーリンク

森下佳子さんは遊川和彦さんの

『平成夫婦茶碗』という作品で脚本家デビューします。

遊川和彦さん関連で仕事が続いていて、

脚本家として経験をつまれました。

森下佳子さんにとって遊川和彦さんは、

プロデューサー兼師匠のような存在のようです!

森下佳子さんの代表作はテレビ界でも

評価されており、多くの作品が脚本賞を受賞しています。

『世界の中心で、愛をさけぶ』や『JIN-仁-』

『天皇の料理番』や『義母と娘のブルース』

これらすべて森下佳子さんの作品で、

多くの作品が評価されており、世間での評判もよかったですね。

スポンサーリンク

森下佳子【脚本家】結婚相手の夫馴れ初めや子供はいるの?

結論からいうと、森下佳子さんの旦那(夫)の

情報は何もありませんでした。

森下佳子さんは、ご結婚をして娘さんがいらっしゃるようですが、

旦那さんのことまではあまりオープンに

されていないところをみると、

一般の方である可能性が高いですね。

森下佳子さんは脚本家の前に女優もしていたので、

テレビ関係で出会ったのかもしれません。

余りに結婚相手である旦那(夫)の情報がないので、

離婚しているのでは?という

推測になったのかもしれませんね。

森下佳子さんの娘についても顔画像など

情報は何もありませんでした。

「一人娘」なので、性別が女性であること、

森下佳子さんの娘さんには兄弟はいないことは確実です。

スポンサーリンク

森下佳子【脚本家】中学高校大学は?

森下佳子さんの出身高校は

大阪教育大学附属高等学校池田校舎ですが、

大阪教育大の付属に、森下佳子さんが高校からの入学であったか、

中学も付属であったかわかりませでした!

東京大学文学部宗教学科卒で、「勉強」に関しては非常に

曖昧模糊としたまま選び、曖昧模糊としたまま

卒業したというのが実感だそうです。

スポンサーリンク

最後に

もっとも印象に残っている作品は

何かと聞かれた森下佳子さんだすが

2016年にTBS系列で放送された東野圭吾氏原作の

TVドラマ「白夜行」だそうで

ある事件を複数の視点から描いている原作に対し、

ドラマ版は事件の重要人物を中心に物語が進行していくので

森下氏は,視聴者が「自分もしてしまう可能性がある」と

その人物に感情移入できるように描くことが、

とても大変だったと語っていました。

原作モノの作品や,史実に基づく大河ドラマを

描くことも多い森下さんは、

実際に舞台となる土地を訪れたり、

ネットや書籍で資料を集めたりして情報を

集めているといいます。

歴史モノの場合,すでにある創作物も

参考にするとのことで

その時代を生きる先人たちが、

想像を広げて作りあげた作品を見ることで、

絶対に外してはいけないエピソードが見えてきたり、

逆に少ししか触れられていない部分を広げたりと、

脚本作りの道しるべになると、

脚本家ならではの見方を伝授してくれたそうです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ脚本家芸能・ゴシップ
スポンサーリンク
nasujun714をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました